全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

大量の帳票を効率的にデータ化する、アウトソーシング活用法

f:id:jichitaitsushin:20211202153002j:plain

民間企業の取り組み

外部リソースの活用

大量の帳票を効率的にデータ化する、アウトソーシング活用法

SCSKサービスウェア株式会社 第三事業本部 第二事業部 業務支援課 課長 水野 達也
[提供]SCSKサービスウェア株式会社

※下記は自治体通信35号(Vol.35・2022年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

自治体のペーパーレス化が進む一方、住民窓口対応を中心に紙帳票からのデータ入力業務はまだまだ必要とされている。そうした業務をアウトソーシングすることは、業務効率化を図るうえで重要な選択肢のひとつとなる。これまで約40年にわたって、BPOを手がけてきたSCSKサービスウェアの水野氏に、アウトソーシングサービスを選ぶ際のポイントを聞いた。

SCSKサービスウェア株式会社
第三事業本部 第二事業部 業務支援課 課長
水野 達也 みずの たつや

一定の実績とノウハウをもつ、会社を選ぶべき

―データ入力業務のアウトソーシングサービスを選ぶ際のポイントを教えてください。

 まずは当然と言えますが、入力データの正確性を担保できることです。自治体がアウトソーシング業者を公募する際も、「ひとつの帳票に対して2回以上のデータ入力を行い、それらの結果を突合して、不一致があれば修正をしてください」といった旨の要件定義を記載しているケースがほとんど。たとえばこの作業を人が行う場合、2人以上が必要となり、そうした作業を行うための人材やスペースの確保が必要になってきます。

 そして、作業を効率的かつ大量にこなせることです。近年は、特別定額給付金やワクチン接種票の入力業務など、多くの帳票をスピーディに入力することが求められるケースが増えていますから。そうした対応が行える業者が見つからず、調達が不調に終わった自治体もあると聞いています。

―ほかにポイントはありますか。

 セキュリティを担保したうえで一連の作業を行えることですね。こうしたポイントに対応するためには、一定の実績とノウハウをもった会社を選ぶべき。たとえば当社では、約40年にわたって培ってきたBPOのノウハウとICTを融合させることで、ポイントをおさえたデータ入力サービス『AIエントリー』を提供しています。

―詳細を教えてください。

 まず、データの入力を2人体制ではなく、「AI-OCRによる読み取り」と「人による入力」という2つの工程で実施します。OCRの識字率は、一般的に90~95%とされています。AI-OCRなら、活用すればするほど識字率は向上します。さらに、その識字率を人による入力で限りなく100%に近づけるのです。そして、その2つの工程を終えたデータをRPAのほか、Excelのマクロやスプリクトを使って自動入力と補正処理を行い、改めて2つのデータを突合。不一致があれば、人が修正を行い、納品する仕組みです。AI-OCRやRPAといったICTは、24時間体制で休みなく稼働するので業務効率化が図れ、わずかに生じる誤差は人で埋めていくというわけです。

 ある自治体では、99.996%の識字率、1ヵ月で40万件の帳票入力を処理した実績があります。

―情報セキュリティの管理面に関しては、いかがでしょう。

 「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」で求められる、「組織的」「人的」「物理的」「技術的」といった4つの側面から対応しています。さらに、プライバシーマークの取得やISMS国際規格に準拠した運営を行っており、24時間365日受付体制の「緊急連絡センター」を設置し、インシデント発生時に迅速な対応を行っています。

f:id:jichitaitsushin:20211202153006j:plain

より人が介在しない、データ入力体制を目指す

―今後の自治体に対する支援方針を教えてください。

 データ入力業務を支援することで、自治体の業務効率化に貢献したいと考えています。当社は、北は北海道、南は沖縄まで全国19ヵ所に拠点があるため、局所的なニーズや大量の帳票入力を短期間で納品するニーズなどに応えることも可能。「帳票を庁舎外に持ち出したくない」という場合は、庁舎内で作業するといった細かな対応もできます。今後は、AI-OCRと当社のノウハウを活用し、より人が介在しないデータ入力体制を目指すなど、さらなる効率化を進めていきたいですね。

水野 達也 (みずの たつや) プロフィール
昭和50年、三重県生まれ。平成9年にIT系の専門学校を卒業後、自治体向け情報サービス会社に入社し、サーバ構築・運用業務を担当する。平成11年、SCSKサービスウェア株式会社に入社。コールセンターやヘルプデスク業務を経て、現在はBPOサービスの管理とバックオフィスサービスの自動化・効率化支援を担当している。
SCSKサービスウェア株式会社
設立 昭和58年3月
資本金 6億2,000万円(資本準備金含む)
売上高 315億9,700万円(令和3年3月期)
従業員数 5,427人(令和3年3月末現在)
事業内容 コンタクトセンターやバックオフィスなどのBPOサービス事業
URL https://www.scskserviceware.co.jp/
お問い合わせ電話番号 052-857-3700(平日9:00~18:00)
お問い合わせメールアドレス swc.chubu.sp@scskserviceware.co.jp
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
\ たった1分で完了! /
 資料ダウンロードフォーム