全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

コロナ禍のいまだからこそ、特別授業による生徒の「心のケア」を

f:id:jichitaitsushin:20210909012924j:plain

民間企業の取り組み

新しい情操教育のカタチ

コロナ禍のいまだからこそ、特別授業による生徒の「心のケア」を

株式会社夢ふぉと 新規事業推進部 執行役員 部長 榛田 浩一
[提供] 株式会社夢ふぉと

※下記は自治体通信 Vol.33(2021年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


コロナ禍が続いており、小中高校の教育環境は大きく変化している。そうしたなか、アルバム制作や特別授業などのアプローチを通じて、子どもの教育支援に取り組んでいる夢ふぉとの榛田氏は、「いまこそ、子どもに対する心のケアが必要です」と強調する。具体的に、どのような方法でケアを行えばいいのだろうか。同氏に、詳細を聞いた。

f:id:jichitaitsushin:20210909013003j:plain

株式会社夢ふぉと

新規事業推進部 執行役員 部長

榛田 浩一 はりた こういち

人同士のつながりが、希薄になっている

―なぜいま、子どもたちに対する心のケアが必要なのでしょう。

 学校における「生徒と生徒」「生徒と先生」のつながりが、いままで以上に希薄になっていると感じられるからです。以前から、いじめや自殺、ひきこもりといった人間関係が少なからず影響する事象が問題視されてきました。そして、今回のコロナ禍です。修学旅行や運動会といったイベントは、軒並み中止に。多感な子どもたちにとっては、人とつながる大切な時間を奪われているようなもの。授業参観や部活の発表会が中止になるなか、保護者も「子どもは学校でどう過ごしているだろう」と不安に感じているでしょう。

―どう対応すればいいですか。

 こういうときこそ、各生徒にとって学校生活のよい思い出となる支援が必要だと言えます。当社は創業以来、アルバム制作を中心として、さまざまな方を対象に心のケアに取り組んできました。その経験を活かし、おもに小中高校の生徒を対象とした、心のケアを行える授業の提供を今年から開始。それが「心の授業」です。幼稚園、保育園、特別支援学校にも対応しているほか、ある教育委員会からは不登校の生徒を集めての特別な実施も依頼されています。

―授業の詳細を教えてください。

 計3段階の特別授業を通じて、最終的に生徒一人ひとりのアルバム「パーソナルページ」を生徒自身が作成する取り組みです。1段階目は、普段の学校生活をヒアリングしつつ、「パーソナルページ」を作成する趣旨を生徒に説明。2段階目では、タブレット端末を通じ、当社のアルバム作成システムを使って実際に生徒自身で「パーソナルページ」を作成してもらいます。おススメしているのは、生徒自身が生まれたときから大きくなるまでの写真を盛り込んだ「写真自分史」をつくること。改めて自分の成長写真を回想し、「親に愛されている」といった再発見を通じて、「自己肯定感」や「生きる力」の芽生えがうながせます。

令和3年度は全国を対象に、無償で授業を実施

―おススメは「写真自分史」づくりに限定されるのですか。

 もちろん、内容は生徒の自由です。たとえば、趣味や好きなものをベースにした「自分図鑑」でもOKです。そして、3段階目では、生徒同士で各自が作成した「パーソナルページ」をプレゼンしてもらいます。ポイントは、決して作品を否定しないこと。自分をさらけ出したり、相手を受け入れたりすることで、自己肯定と他者受容をうながし、感謝、つながり、自己の存在感といった想いを高めます。

 そして完成した「パーソナルページ」は、卒業アルバムに盛り込んで、100人に100通りの世界にひとつのアルバムを作成することも可能です。ちなみに「心の授業」は、文部科学省の土曜学習応援団*1に登録されているほか、「GIGAスクール構想」における、PCを用いた授業にも活用できます。

f:id:jichitaitsushin:20210909015953j:plain

―学校に対する今後の支援方針を教えてください。

 「心の授業」を通じた、生徒の支援を行っていきます。現在、要望が多いため対応できる限りですが、令和3年度は基本的に無償での授業を実施します。希望があれば、参観や行事などの動画配信や学校生活のフォトギャラリーの作成も行います。なお、モデル校として取り組んでもらえる場合は、各種施策の無償導入も可能ですので、気軽に問い合わせてほしいですね。

榛田 浩一 (はりた こういち) プロフィール
昭和43年、長野県生まれ。平成3年に東海大学を卒業。フィリップモリス ジャパン合同会社にて、名古屋エリアマネージャーとしてIQOS(アイコス)の世界初ローンチを手がける。その後、IT総合商社の株式会社Wizにて、法人事業部と自治体事業部のGMとしてDXによる企業や自治体の課題解決を行う。令和3年、子どもたちの未来に向けた事業構築のため、株式会社夢ふぉとの執行役員に就任。
株式会社夢ふぉと
設立 平成10年5月
資本金 1,000万円
従業員数 48人
事業内容 全国の卒業・卒園アルバムの制作販売、学校・園・各種施設での授業・ワークショップ、企業向けセミナー、アルバム作成、書籍出版、アルバム作成ソフトの開発・運営、写真販売システムの開発・運営・出張写真撮影、スポーツ・社史・自分史などの「思い出づくり」ハード・ソフト商品企画・制作・販売
URL https://www.yumephoto.co.jp/
お問い合わせ電話番号 06-4704-0373 (平日9:00~18:00)
お問い合わせメールアドレス info@yumephoto.com

*1:※ 土曜学習応援団 : 「子ども達と社会で活躍する多くの大人との出会い、将来の夢や希望を持って学ぶ機会提供」の充実を目指し、賛同する企業や団体が提供する授業のこと