全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
プロジェクションマッピングなら、地域独自の多様な映像表現が可能

支援企業の視点

プロジェクションマッピングなら、地域独自の多様な映像表現が可能

株式会社ネイキッド プロデュース部・プロデューサー 田中 日奈子
[提供] ENEOS株式会社

※下記は自治体通信 Vol.29(2021年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


株式会社ネイキッド
プロデュース部・ プロデューサー
田中 日奈子たなか ひなこ

―観光促進に際し、自治体にはどのような課題がありますか。

 いかに独自性のある魅力を発信するかに、課題を感じている自治体が多いですね。その意味では、景観という「そこにしかない資源」を活かした佐賀県の事例は、参考になると思います。プロジェクションマッピングはもともと、建物の立体的な形状を利用して映像を投影する技術ですが、『カレイドスクリーン』によってその応用範囲はいま、大きく広がっています。

―製品の特徴はなんですか。

 『カレイドスクリーン』は、光の透過率を90%程度まで上げることで、窓ガラスに貼った場合でも昼間は外の景観を支障なく楽しむことができます。設置に際しては、窓に直接貼付するだけで、特殊な施工は必要ありません。フィルムの両面を活用できますので、会場の真ん中に設置すれば、映像が空間に浮いているような演出も可能です。こうした特徴から広く採用が進んでおり、香川県庁や堺市役所などでも活用されています。

―今後、自治体をどのように支援していきますか。

 プロジェクションマッピングの強みは、地域や季節に合わせて多様なコンテンツを表現できるところです。当社では、シビックプライドを向上させるような魅力あるコンテンツづくりの支援で高い評価をいただいています。たとえば、夜の商店街の壁面や飲食店の透明な仕切り板などに映像を投影するなど、観光体験に新たな付加価値をつける方法も考えられます。映像を通じて地域の魅力を発信したいみなさんは、ぜひお問い合わせください。

田中 日奈子 (たなか ひなこ) プロフィール
平成6年、千葉県生まれ。平成29年4月に株式会社ネイキッドに入社。広報部を経て、平成31年4月より現職。花の体験型アート展 「FLOWERS BY NAKED」や「佐賀県×ネイキッド『星空の庭園』」、「弘前城×ネイキッド 光の桜紅葉」のプロデュースを担当。
ENEOS株式会社
設立明治21年5月
資本金300億円
売上高10兆117億7,400万円(連結:令和2年3月期)
従業員数4万983人(連結:令和2年3月末現在)
事業内容石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油など)の精製および販売、ガス・石炭の輸入および販売、石油化学製品等の製造および販売、電気・水素の供給
URLhttps://www.eneos.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-6456-5282 (『カレイドスクリーン』担当:河野、平日9:00〜17:00)
お問い合わせURL https://ssl.eneos.co.jp/noe/product/input
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop