全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

大阪府大阪市浪速区/千葉県船橋市の取り組み

庁舎内の感染症対策①

除菌力の強い業務用加湿空気清浄機で、来庁者と職員を感染症から守る

大阪市浪速区 総務課 担当係長 保井 憲一郎
船橋市 企画財政部 財産管理課 主査 兼 庁舎管理係長 後藤 健司

[提供] 株式会社クボタ

※下記は自治体通信 Vol.28(2021年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


現在、日本中が新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の感染症対策に追われている。自治体でもさまざまな対策を行っており、大阪市浪速区(大阪府)と船橋市(千葉県)では、業務用の大型加湿空気清浄機を庁舎内に設置することで、感染症対策の取り組みを強化している。両自治体の担当者に、大型加湿空気清浄機を設置した経緯や、感染症対策に向けた今後の方針などについて聞いた。

大阪市浪速区データ
人口:7万5,598人(令和2年11月1日現在) 世帯数:5万3,507世帯(令和2年11月1日現在) 予算規模:16億362万円(区長自由経費、令和2年度当初) 面積:4.39km² 概要:大阪市を構成する24行政区のひとつで、市のほぼ中央部に位置する。「通天閣」や「ジャンジャン横丁」などで有名な新世界があり、「庶民の町」として親しまれている。そのほか、関西国際空港や地方都市をつなぐ交通拠点と商業機能をもつ「OCAT」、音楽ホール「なんばHatch」などから構成される「湊町リバープレイス」、都会のオアシスとしての魅力を備えた「なんばパークス」などの商業スペースも整備され、賑わいを見せている。

大阪市浪速区
総務課 担当係長
保井 憲一郎やすい けんいちろう

―庁舎内における新型コロナ感染症対策を教えてください。

 住民票の発行や保険、年金手続きなど、来庁者が利用する庁舎内のすべての受付窓口にビニールシートを張り、アクリルパーテーションを設置するなどして、飛沫感染防止対策を行ってきました。そうした基本的な感染症対策にくわえ浪速区では、空気中に浮遊するウイルスや菌の除去を目的に、来庁者がもっとも多い2階の窓口サービス課待合スペースに除菌機能がついた空気清浄機『ピュアウォッシャー』を設置しています。

―設置の経緯を聞かせてください。

 浪速区内に本社があるクボタから、「住民と職員のみなさんの安全確保に役立ててほしい」と、令和2年5月に無償提供されました。1台で200m²の広域に対応できる大型タイプで、待合スペースから続く職員の執務フロアの空気清浄までカバーしてくれます。この空気清浄機は、空間除菌だけでなく来庁者や職員が触れる場所に付着した菌やウイルスの対策にも大きく貢献してくれています。

―付着した菌やウイルスの対策とは、どういったことですか。

 空気清浄機の内部で高い除菌力のある「微酸性電解水」が生成されるため、それをスプレーボトルに詰め替えて、1階正面玄関をはじめ各フロアに設置し、共用スペースや手指の消毒に活用しています。「微酸性電解水」は、肌に近い微酸性なので、直接手が触れる場所にも安心して使え、いつでも必要な時に必要な量を取り出せる使い勝手の良さが魅力です。


―感染症対策に向けた今後の方針を聞かせてください。

 『ピュアウォッシャー』のおかげでこまめに除菌作業を行うことが可能となり、新型コロナだけでなくインフルエンザやノロウイルスといった感染症対策に対する職員の意識の向上につながっていると実感しています。こういった日々の積み重ねが、職員が安心して働くことができ、同時に区民に安心して来庁してもらえる環境を生み出し、安定した住民サービスの提供を守ることにつながると考えています。


船橋市データ
人口:64万1,392人(令和2年12月1日現在) 世帯数:29万4,461世帯(令和2年12月1日現在) 予算規模:3,798億4,020万5,000円(令和2年度当初) 面積:85.62km² 概要:東京都から20km圏内に位置する、都市と自然が調和したまち。市内には9路線・35駅の鉄道網が広がっている。ジャパンラグビートップリーグの「クボタスピアーズ」、プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」の本拠地。ヘイワード市(アメリカ)、オーデンセ市(デンマーク)、西安市(中国)とそれぞれ姉妹・友好都市を結んでおり、文化・教育・スポーツなどさまざまな分野で市民主体の活発な交流が行われている。

船橋市
企画財政部 財産管理課 主査 兼 庁舎管理係長
後藤 健司ごとう けんじ

―船橋市では、庁舎内の食堂に大型加湿空気清浄機を設置したそうですね。

 はい。船橋市にラグビーのトップリーグチーム「クボタスピアーズ」の本拠地がある縁で、令和2年7月末にクボタから『ピュアウォッシャー』の無償提供を受けました。「感染症対策に役立てていただきたい」と。食堂に設置した理由は、換気が不十分になりやすい地下フロアに食堂があるからです。

 昼食時にもなると約240席ある空間に多くの人が集まり、さらに、食事中はどうしてもマスクを外さざるをえません。そういった場所へ、空間に浮遊するウイルスと菌を除去する機能がついた『ピュアウォッシャー』を設置することで、一般の方を含めた食堂利用者に安心して食事をしてもらいたいと考えたものです。

―実際に設置してみた感想はいかがでしょう。

 『ピュアウォッシャー』には、除菌以外にも加湿機能がついているため、これから本格化する冬場のインフルエンザウイルス対策にもつながると期待できます。そのほか、花粉やハウスダストなど空気中の不純物を除去する機能や消臭機能もあり、誰もが安心、快適に食事をしてもらえる空間を提供できると考えています。

 実際に『ピュアウォッシャー』は、一般的な飲料自動販売機と同じくらいの大きさがあるため存在感があります。その本体部分には「空間除菌をしています」というパネルを掲示しているため、食堂利用者に「しっかりと感染症対策をしているのだ」と安心感をもってもらえていると思います。


―今後、『ピュアウォッシャー』を感染症対策においてどのように活用していきますか。

 空間の除菌はもちろんのこと、機内で生成される除菌効果のある「微酸性電解水」を、椅子やテーブルなどの表面除菌にこまめに活用し、感染症対策を徹底して行っていきます。

この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop