全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

北海道の取り組み

食産業による地域振興

消費者の共感を呼ぶ「イミ消費」で、食ブランド向上の仕組みづくりを

北海道 経済部 食関連産業室 主幹 島崎 範子
[提供] グルーヴァース株式会社

※下記は自治体通信 Vol.28(2021年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


地域振興策のひとつに、地元食材の魅力を発信する取り組みがある。北海道では平成25年度から、健康増進に科学的根拠がある加工食品を認定する独自制度を始めている。担当者の島崎氏に、制度の概要や得られた成果を聞いた。さらに、制度の普及拡大に取り組む北海道バイオ工業会の三浦氏と、ウェルネス増進に向けた独自のプラットフォームを提供するグルーヴァースの伊東氏にも取材。制度のさらなる活性化に向けた、取り組みの詳細を聞いた。

北海道データ
人口:523万5,258人(令和2年10月31日現在) 世帯数:279万286世帯(令和2年1月1日現在) 予算規模:3兆9,321億4,133万7,000円(令和2年度当初) 面積:8万3,424.45km² 概要:広大な面積を誇り、日本の国土の約5分の1を占める。市町村数は179。本土最北端の宗谷岬、同じく最東端の納沙布岬がある。豊かな自然、バラエティに富んだ新鮮な食材、豊富な観光スポットなど人々を魅了する要素が多く、民間調査会社の調べによると、「都道府県別魅力度ランキング」で北海道は12年連続で1位になっている。
北海道
経済部 食関連産業室 主幹
島崎 範子しまざき のりこ

北海道の「お墨つき」で、食の価値をさらに高める

―北海道が独自に始めた認定制度について教えてください。

 正式名称を『北海道食品機能性表示制度』といい、『ヘルシーDo』という愛称で呼ばれています。北海道は「食の宝庫」として有名で、ありがたいことに、「安全・安心・おいしい」という「北海道ブランド」として、国内外から広く認知されています。

 そのブランド力をさらに高めることを目的に創設したのが、『ヘルシーDo』です。道産の機能性素材(※)を含んだ道内製造の加工食品について、健康機能の確認試験を行い、その成果が論文として公表されていることを条件に北海道が認定します。認定された食品は、『ヘルシーDo』の独自マークをつけた販促が可能です。

※機能性素材:食品の原材料のうち健康に役立つ効果がある素材の総称

―これまでどのような成果が上がっていますか。

 制度創設から7年で、64社・121商品が認定を受けました。認定商品は、ドレッシング、お菓子、カレー、ヨーグルトなど幅広いジャンルから生まれており、認定商品の累計売上高は200億円以上に達しています。

 一方で、2年前に道民を対象としたアンケートによると、『ヘルシーDo』の認知度は約30%にとどまっているという結果が出ました。そこで、今後は道内における認知度向上に向けた取り組みとともに、販路の拡大による販促支援と、認定商品のさらなる増加を図っていく方針です。

 これまでの「安全・安心・おいしい」という北海道の食に対するブランドイメージに、「健康」をプラスした新たな価値を、世界中に発信していきたいですね。

この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop