全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

民間企業の取り組み

知育絵本による子育て支援

「世界にひとつの自分だけの絵本」で、一人ひとりの子どもに特別な体験を

NTT印刷株式会社 データビジネス部 サービス開発担当 課長 細川 勉
[提供] NTT印刷株式会社

※下記は自治体通信 Vol.26(2020年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


近年、自治体の子育て支援事業をめぐっては、絵本とのふれあいを通して子どもの読書習慣の定着を促す取り組みが注目されている。そうしたなか、子ども向け絵本の製作を手がけるNTT印刷の細川氏は、「科学的エビデンスに基づいて開発された『パーソナル知育絵本』で、そのような自治体の取り組みの効果をさらに高めたい」と提案する。「パーソナル知育絵本」とはどのようなものか。導入効果とともに、同氏に聞いた。

NTT印刷株式会社
データビジネス部 サービス開発担当 課長
細川 勉ほそかわ つとむ

科学的なエビデンスに基づき、子どもごとに内容が変わる

―「パーソナル知育絵本」とは、どのようなものでしょう。

 一人ひとりに合わせて内容が変わる絵本です。物語の主人公は子ども自身となり、名前と性別が変わるほか、言葉の成長段階に合わせて絵本の内容も変化します。これは、NTTコミュニケーション科学基礎研究所が蓄積してきた「子供の語彙発達に関する科学的エビデンス」に基づいたものであり、一人ひとりの言葉の発達状況に合わせて、子どもが「理解しやすい言葉」や「発話しやすい言葉」がイラストと一緒に登場します。色使いやイラストの可愛さなども工夫され、子どもが親しみやすい内容になっているのも特徴です。

―開発の経緯を教えてください。

 最近の子どもに関する研究では、「幼児期の絵本読み聞かせ量とその後の学力に、強い関係性がある」という報告があります。そのため、多くの自治体では子育ての早い段階から子どもが絵本になじめるような施策に力を入れています。そこに「世界にひとつの自分だけの絵本」という新しい選択肢を提示できれば、より多くの子どもが絵本好きになってくれるのではないか。そう考えて開発したのが「パーソナル知育絵本」です。ここにはNTTコミュニケーション科学基礎研究所の研究成果のほか、一枚ごとに印刷内容を自由に変えられる当社の「バリアブル印刷」技術が活用されており、注文から2週間で全国にお届けすることが可能です。

親子での「おうち時間」を、楽しむためのツールとしても

―「パーソナル知育絵本」は、どのように活用できますか。

 子どもの言葉の理解・発達を後押しする子育て支援のツールとしてはもちろん、今般の新型コロナウイルスの影響で増えている、親子での「おうち時間」を楽しむための住民サービスとしても使えます。また、絵本の申し込みや受け取りを地域の公共施設で行えば、子育て世代の来館を促し、子育ての不安や悩みを聞き出すことで、次のサポートにつなげる効果も期待できるでしょう。さらに、地域のキャラクターを取り入れた自治体オリジナル版の絵本も作ることができるので、郷土愛をはぐくむきっかけとしても利用できますね。

 実際すでに、沖縄県恩納村では図書館への来館促進ツールとして活用されているほか、徳島県徳島市では、コロナ禍における在宅支援ツールとしての活用が始まっています。


―子育て支援に力を入れる自治体をどう支援していきますか。

 今後、より多くの自治体を通じて、その地域に住むすべての子どもたちにこの絵本を届けたいと考えています。この絵本には、「生まれてきてくれた子どもへのメッセージ」や「名づけに込めた想い」などを載せられるページもあり、子どもにとってはまさしく「世界にひとつの自分だけの絵本」になります。親が子どもの言葉の成長を感じながら生活できる時間はわずかですが、当社ではそのかけがえのない時間を、この絵本でますます楽しく過ごしてもらえればと願っています。関心のある自治体のみなさんからのお問い合わせをお待ちしています。


恩納村
恩納村文化情報センター 係長
呉屋 美奈子ごや みなこ

「子どものためになる」と、とても喜んでもらえています

―「パーソナル知育絵本」の導入を決めた経緯を教えてください。

 当館は平成27年に開設された恩納村で初めての図書館です。それ以前は、村には施設がなかったため、子どもも大人も読書に親しむ機会は少なかったと言えます。特に、子どもの発育にとって読書体験は重要ですので、子どもたちが絵本とのふれあいを増やしていくうえで、自分だけの「パーソナル知育絵本」はとても効果的と感じました。親御さんにも興味をもってもらえれば、絵本の受け取りを当館で行うことが来館のきっかけにもなると期待しました。

―どのような仕組みで絵本を配付しているのですか。

 今年2月から乳幼児健診を利用して、絵本の申し込みチケットを配付しています。現在は新型コロナウイルスの影響で、残念ながら配付の機会は限られていますが、「パーソナル知育絵本」への関心は高く、2月の健診では、お声がけしたほぼすべての方に申し込みいただけました。「子どものためになる」「記念にもなる」と親御さんにはとても喜んでもらえていますね。

 この絵本には、最新の研究成果が盛り込まれており、色使いや言葉選びがよく考えられているのがわかります。当村の絵本には、恩納村や文化情報センターのキャラクターも登場しますので、こうした地域愛をはぐくむためのひと工夫もうれしいですね。


細川 勉 (ほそかわ つとむ) プロフィール
昭和56年、京都府生まれ。平成15年、NTT印刷株式会社に入社。システム開発や経営企画などを経て、令和元年より現職。自ら「パーソナル知育絵本」を企画・考案し、令和元年12月にサービス化を実現。私生活では2歳、4歳の娘に対し、毎日絵本を読み聞かせ中。
NTT印刷株式会社
設立昭和44年4月
資本金1億円
従業員数750人(令和2年5月現在)
事業内容一般商業印刷物の企画・編集・製版・印刷・製本・加工・封入・封緘・梱包・配送・発送および販売など
URLhttps://www.nttprint.com
お問い合わせ電話番号 03-6453-7429
お問い合わせメールアドレスehon@nttprint.com
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料ダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop