全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

3密予防アプリとデバイス活用で、安心・安全な地域づくりを

3密予防アプリとデバイス活用で、安心・安全な地域づくりを

民間企業の取り組み

ウイルス感染拡大防止策

3密予防アプリとデバイス活用で、安心・安全な地域づくりを

株式会社エラン
代表取締役社長  櫻井 英治
事業開発部 新事業推進課 チーフプランナー 山下 美月
[提供] 株式会社エラン

※下記は自治体通信 Vol.26(2020年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大が進むなか、自治体でも住民の安心・安全を守るための施策が日々、検討・実施されている。そんななか、新型コロナウイルス対策のサービスを新たに始めたエラン代表の櫻井氏は「日常生活のなかで住民の行動変容をうながす取り組みが必要だ」と強調する。どのような行動変容が必要で、そのための方策はなにか。同社の山下氏も含めた2人に、詳細を聞いた。

株式会社エラン
代表取締役社長
櫻井 英治さくらい ひではる
株式会社エラン
事業開発部 新事業推進課 チーフプランナー
山下 美月やました みづき

つねに住民が意識できる、ツールがあればいい

―感染症拡大の防止に向け、住民に対しどのような行動変容をうながす必要がありますか。

櫻井 普段から、徹底的に「3密」を避けるための意識づけを行っていくべきです。これは、言わば当たり前の話かもしれません。しかし、新型コロナウイルスが身近に存在するような日常生活においては、その意識が薄れることもあるかもしれない。自治体でも、HPや防災無線などで感染拡大防止のため、住民に対して注意喚起を行っていますが、住民自らがつねに3密を意識して回避するような取り組みが必要だと考えられます。

―そのためにはどうすればいいでしょう。

櫻井 日常生活で、つねに3密を意識できるツールがあればいいのです。そう考えた当社は、実際に3密を予防するためのアプリを開発し、7月にリリースしました。それが『ELAN@meet’s』です。

山下 これは、周囲の人が所持しているスマートフォンやフィーチャーフォンなどの端末から発生する電波を検知し、自身がいるエリアの状況などを加味したうえで、密閉・密集・密接の状況を計算してお知らせするアプリです。たとえ周囲の人が、アプリをダウンロードしていなくても検知が可能。サーバを介することなく、端末の『Bluetooth』からの電波を検知するので、個人情報を取得することはありません。なにか作業に集中している際、周囲に意識が向かないときもあるでしょう。アプリでは、青「安全」、黄「注意」、赤「危険」の3色で現在の3密状態を検知し、警告してくれるのです。

―ほかに機能はありますか。

山下 過去2週間にわたって行動状況を累計・判定し、自身がどんな3密状態にいたかを指標でチェックすることが可能。それにより、「自分が感染している可能性」のリスク判断になるほか、「今後自分がどう行動すべきか」の基準になるのです。

櫻井 『ELAN meet’s@carry』というデバイスを併用することで、その活用範囲は広がります。たとえば、病院や自治体窓口、イベント会場、飲食店などにこのデバイスを置くとしましょう。すると、「その場所に行きたい」と考えたアプリ利用者は、その場所における現在の混雑状況を把握できるのです。空いていれば安心して向かえますし、混んでいれば「いまは行くのは止めておこう」と判断できるのです。

 一方、デバイスを置いている側も、アプリ利用者であれば、過去2週間の3密状況をチェックできるため、安心して迎え入れるための判断材料になりえます。ちなみに、アプリは無料ですがデバイスは有料です。

この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料をダウンロードする
\ たった1分で完了! /
 資料ダウンロードフォーム