全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
8,400万人が登録するLINEこそ、防災・減災に活用できる

支援企業の視点

8,400万人が登録するLINEこそ、防災・減災に活用できる

transcosmos online communications株式会社 代表取締役社長 貝塚 洋
[提供] transcosmos online communications株式会社

※下記は自治体通信 Vol.25(2020年8月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


transcosmos online communications株式会社
代表取締役社長
貝塚 洋かいづか ひろし

―スマホアプリで通報を受けつける自治体は多いのですか。

 現状は、あまり多くありません。これは、住民視点では、利用頻度が決して高くない専用アプリをインストールする必要があることが、背景にあります。自治体視点では、アプリの維持管理にコストがかかってしまうことも要因です。そこで当社は、自治体が既存のLINE公式アカウント上で多様な機能を使えるツールとして、『KANAMETO』を提供。そのなかで、通報の受けつけ機能を開発しました。

―特徴を教えてください。

 職員が負担なく、一定品質の通報を受けられるよう、チャットボットの設計をカスタマイズできます。たとえば、熊本市における「資源物のもち去り」に関する項目では、住民同士のトラブルを防ぐため、画像の受けつけは敢えて行っていません。このほか、異常の発見時刻や、フリーテキストを入力させるといった設定も可能。いずれも住民は、チャットボットの案内に従って簡単な操作を行うだけで、的確な通報を行えるのです。

―今後はどのような方針で自治体を支援していきますか。

 MАU(※)が8,400万人以上にのぼるLINEをべースに、地域の防災・減災を支援する機能を充実させていきます。現在は、通報の受けつけのほか、住民へのセグメント別配信などの機能がありますが、さらに、ほかの防災システムと連携し、LINE上で速報を配信できる機能の開発を検討しています。防災・減災対策へのLINEの活用に関心がある自治体の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

※MAU:月間アクティブユーザー数

貝塚 洋 (かいづか ひろし) プロフィール
昭和63年、トランスコスモス株式会社入社。海外事業本部副本部長などを歴任し、現在、同社の専務執行役員営業統括共同統括責任者。平成28年、transcosmos online communications株式会社の設立にともない、同社の代表取締役社長に就任。
transcosmos online communications株式会社
設立平成28年5月
資本金3億7,400万円(資本準備金を含む)
従業員数20人(令和2年6月30日現在)
事業内容LINE公式アカウント対応のセグメントメッセージ配信ツール『KANAMETO』の開発、販売など
URLhttps://transcosmos-online.com/
お問い合わせ電話番号 03-6805-0324(平日9:00〜18:00)
お問い合わせメールアドレスsales@kanameto.me
この記事で支援企業が提供している
ソリューションの資料ダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop