全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

群馬県草津町の取り組み

クラウドPBXの導入

庁内回線網の運用を改善させた、電話交換機の「クラウド化」

草津町 愛町部 健康推進課 係長 宮﨑 直也
ベルツこども園長 山本 琢夫
[提供] 株式会社アイルネット

※下記は自治体通信 Vol.23(2020年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


業務環境を改善させるために、いかにICTの成果を導入するか。いまや多くの自治体の共通した課題であろう。老朽化した機器や設備の更新は、そのひとつの重要なきっかけになる。そうしたなか、草津町(群馬県)では、公共施設の電話交換機(PBX)の老朽化に伴い、PBXのクラウド化に踏み切り、電話網の運用改善を実現した。同町担当者や施設運営者に、その効果などを聞いた。

草津町データ
人口:6,327人(令和2年3月2日現在) 世帯数:3,425世帯(令和2年3月2日現在) 予算規模:76億2,084万4,000円(令和元年度当初) 面積:49.75km² 概要:群馬県の北西部に位置し、北と西には三国山脈の2,000m級の山々がそびえ、一方、東と南は海抜約1,200mの高原となって開けている。日本列島のほぼ中央に位置しており、上信越高原国立公園に含まれる草津白根山周辺は太平洋と日本海の分水嶺となっている。古くから人々に愛され、人々を癒してきた名湯を有することで知られる。日本最大の湯量と優れた治癒効能を誇るとされる。
草津町
愛町部 健康推進課 係長
宮﨑 直也みやざき なおや

導入・運用費を抑えられ、メンテナンス負担も軽減

―「クラウドPBX」を導入した経緯を聞かせてください。

 草津町総合保健福祉センターは、健康や福祉に対する住民ニーズの高まりを受け、保健と福祉の機能一体化を目的に設立された複合施設です。保健センターと介護予防拠点部門を含んだ社会福祉協議会の機能が収容され、平成6年から運用してきましたが、近年施設の老朽化が目立ってきました。特に修繕が必要とされたのが電話設備であり、番号通知設定の導入といった新たな対応を視野に平成30年8月、PBXの交換に踏み切りました。

―どのようなPBXでしょう。

 クラウド方式を選定しました。すでに町内のこども園でクラウドPBXの導入実績があり、機器の故障やメンテナンスの負担を軽減できるといったメリットを聞いていたからです。そのうえで、導入費用や5年間の維持・運用費を比較し、もっとも競争力が高かったアイルネットのシステムを導入しました。

―導入効果はいかがですか。

 センター内の各々の部門で使用する24台の固定電話を内線でつなぎ、センター内の情報連携が強化されています。社会福祉協議会の職員は外出する機会も多いので、今後は職員保有のスマホを内線網に組み込むことも可能です。将来的に、本庁舎のPBXもクラウド化し一体運用できれば、複数拠点間の内線化が実現し、役場全体の電話網は大きく効率化されますね。



無線対応の「クラウドPBX」を導入し、保育士のPHS端末を内線として運用

ベルツこども園長
山本 琢夫やまもと たくお

大規模な配線工事は不要、故障リスクも回避できた

―いち早く「クラウドPBX」を導入したそうですね。

 はい。もともと町立保育園であった当園は、休園した民間の幼稚園の機能を吸収するカタチで平成29年に「こども園」として施設を拡張しました。その際、施設内の電話網を拡張するにあたり、安価に導入できるPBXを探していたところ、アイルネットの「クラウドPBX」サービスを知りました。

―導入の決め手はなんでしたか。

 屋外でも使えるPHSを内線に組み込める無線対応型だったことが決め手でした。こども園では園外活動が頻繁にあり、保育士は事務所や保護者に携帯電話を使って連絡をとる場面が多くあります。それまでは個人所有の携帯電話を使っていたのですが、施設の拡張を機にPHSを内線として導入しようと。無線対応のクラウドPBXは、大規模な配線工事が不要なため設置費用を抑えられます。さらに、草津町は温泉の影響で硫化水素濃度が高く、電子機器の故障が多い地域です。PBXを自前で持たずにクラウド化することで、故障リスクを回避できるのも、導入を決めた大きな理由でした。

―導入効果はいかがでしょう。

 PHSを5台運用していますが、保育士からの評判はとても良いですね。そのため、令和2年7月のPHSサービス終了後は端末をスマートフォンに切り替え、現在の運用体制を継続していきたいと考えています。

この記事で支援企業が提供している
サービスの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
コンシェルジュ
pagetop