全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
クラウド化した情報基盤の活用が、鳥獣被害対策には有効

支援企業の視点

クラウド化した情報基盤の活用が、鳥獣被害対策には有効

株式会社富士通鹿児島インフォネット
サービスインテグレーション統括部 JAアグリソリューション部 マネージャー 平山 慎作
[提供] 株式会社富士通鹿児島インフォネット

※下記は自治体通信 Vol.23(2020年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


株式会社富士通鹿児島インフォネット
サービスインテグレーション統括部 JAアグリソリューション部 マネージャー
平山 慎作ひらやま しんさく

―「鳥獣害対策クラウド」の開発経緯を教えてください。

 当社は、富士通とJA鹿児島県連の共同出資により設立された経緯があり、農業でのICT活用に力を入れてきました。そのひとつが鳥獣被害対策であり、当初は捕獲の効率化を目的としたソリューションを展開してきました。

 しかし、対策の現場を見るなかで、捕獲情報をもっとも利用するのは自治体職員であり、ここの業務効率化は対策の成果を上げるうえで重要なポイントと判断し、この「鳥獣害対策クラウド」を開発しました。

―特徴はなんですか。

 自治体職員の業務効率化を主眼としながらも、被害状況を書き込む農家、捕獲情報を記録する狩猟者など、鳥獣被害対策にかかわるいずれの当事者も導入効果が得られるシステムとなっている点です。各当事者のあいだで地図上に可視化された被害・出没・捕獲・罠や電気柵の設置場所といった情報をリアルタイムに共有できれば、連携に必要な労力を大幅に抑えながら、鳥獣被害対策の精度や効率を上げることができるでしょう。

―今後の自治体支援方針を聞かせてください。

 鳥獣被害対策で成果を上げるには、自治体・農家・狩猟者の連携が重要になります。また、鳥獣被害対策は時に近隣の自治体との連携も必要です。この「鳥獣害対策クラウド」をこうした当事者間の情報共有の基盤として提案し、広域で自治体の鳥獣被害対策を支援していきます。関心のある自治体のみなさんは、ぜひお問い合わせください。

平山 慎作 (ひらやま しんさく) プロフィール
鹿児島県生まれ。平成15年に株式会社富士通鹿児島インフォネットに入社。以来、農業分野に関するシステム開発やサービス提供に従事、現在にいたる。
株式会社富士通鹿児島インフォネット
設立昭和61年7月
資本金1億円(富士通株式会社:65% JA鹿児島県連:35%)
売上高69億8,800万円(平成30年度)
従業員数233人(平成31年4月1日現在)
事業内容コンサルティング、システム開発、アウトソーシングなど
URLhttps://www.fujitsu.com/jp/kfn/
お問い合わせ電話番号 富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200(平日9:00〜17:30、会社指定の休業日を除く)
この記事で支援企業が提供している
鳥獣害対策クラウドの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop