全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

電子行政プラットフォームの構築

自治体で広がりつつある、デジタル化の流れ

[提供] 株式会社セールスフォース・ドットコム

※下記は自治体通信 Vol.22(2020年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


自治体においては業務効率化やコスト削減が求められる一方で、住民からのニーズは多様化、高度化しつつある。それに応えていくためには、日々の業務をデジタル化していくことはもはや必須であり、各自治体でもデジタル化の動きは進んでいる。このページでは、デジタル化が進む自治体業務の利用シーンを抜粋して紹介する。


 LINEが広く浸透していることから、LINEを活用した問い合わせ対応を行う自治体が増えている。AIによるQ&A方式で、24時間、365日体制にて対応可能。また、進んでいる自治体はLINEを活用した電子申請も始めている。



 若い世代に行政の情報を伝えることをおもな目的として、紙ではなくアプリを使った広報誌を提供。住民はいつでも、どこでも、好きなときに行政情報を得られるうえに、バックナンバーも気軽に読み返すことができる。



 防災、ごみ、子育て情報といった個別のアプリのほか、最近ではそれを包括的に利用できる「総合ポータル」としてのアプリ導入が進んでいる。写真のアプリは、守谷市(茨城県)が運営している、市民生活総合支援アプリ『Morinfo』。



 手書き文字や印字を読み取ってデジタル化することで、手入力する作業を効率化できるうえに転記ミスも防げるOCR(※)。さらに近年は、AIの学習機能を活かし、使えば使うほど文字の認識率が向上するAI-OCRの利用が増えている。

※OCR:Optical Character Recognitionの略



 各種申請や届け出をオンライン上で行うことにより、住民はわざわざ窓口に行って申請手続きを行う必要がなくなる。また、交付プロセスを可視化、一元管理を行うことにより職員の業務効率化にもつながる。


 以上、住民向けの情報提供や問い合わせの対応、申請手続きや窓口業務といった領域でデジタル化の利用シーンを紹介したが、あくまでこれらはごく一部にすぎない。自治体業務において、デジタル化が必要な業務は多岐にわたる。そのぶん、自治体のデジタル化は大きな可能性を秘めていると言える。一方、「どの業務をデジタル化すればいいのかわからない」という自治体職員も多いだろう。

 そこで次のページからは、デジタル領域の専門家を取材。自治体におけるデジタル化の状況や、デジタル化を行っていくためのポイントなどを聞いた。デジタル化を進めていくうえで、ぜひ参考にしてもらいたい。

この記事で支援企業が提供している
電子行政プラットフォームの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
新形コロナウイルス感染症対策
資料一覧ページ
コンシェルジュ
pagetop