全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
独自のディープラーニング技術で、短時間かつ高精度での文字起こしが可能

支援企業の視点

独自のディープラーニング技術で、短時間かつ高精度での文字起こしが可能

株式会社会議録研究所 大阪営業所 営業部 上田 宏行
株式会社アドバンスト・メディア VoXT事業部 営業部 営業部長 満山 喜洋
[提供] 株式会社アドバンスト・メディア

※下記は自治体通信 Vol.22(2020年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


株式会社会議録研究所
大阪営業所 営業部
上田 宏行うえだ ひろゆき
株式会社アドバンスト・メディア
VoXT事業部 営業部 営業部長
満山 喜洋みつやま よしひろ

―自治体では、どのようなシーンで「AI音声認識システム」が活用されていますか。

上田 オフィシャルな会議以外にも、要点のまとめだけですむ簡易的な会議、議会での答弁を関係者へいち早く情報共有する場面など、多様なシーンで使われています。私たちの調査では、250ほどの自治体が「AI音声認識システム」を導入し、そのうちの約220が『AmiVoice®』を採用しています。

―広く支持されている理由はなんでしょう。

満山 『AmiVoice®』は条例名や財政用語など、自治体特有の用語も正確に認識します。また、単語の組み合わせや文脈の学習によって変換精度を高める独自のディープラーニング技術が実装されています。その結果、文字起こしにかかる時間の短さと正確性を実現できたことが、自治体から高い評価をいただいている理由だと思います。

上田 当社は、会議の文字起こし業務を40年あまり手がけてきました。その実績をもとに、『AmiVoice®』の音声認識率をあげるための収音方法も一緒にご提案することで、自治体からは高い評価と信頼をいただいています。

―自治体に対する今後の支援方針を教えてください。

満山 音声の認識精度をさらに高める技術革新を行い、よりスピーディな会議録作成に向けた支援を強化していきます。会議録作成に負担を感じている自治体のみなさんに、ご検討いただければ幸いです。

上田 宏行 (うえだ ひろゆき) プロフィール
昭和51年、大阪府生まれ。平成20年、株式会社会議録研究所に入社。大阪営業所営業部で商品全般の営業に従事する。
満山 喜洋 (みつやま よしひろ) プロフィール
昭和55年、ロンドン生まれ。平成18年、株式会社アドバンスト・メディアに入社。VoXT事業部で開発、サポートなどに携わり、平成20年より現職。
株式会社会議録研究所
設立昭和55年2月
資本金5,000万円
従業員数80人(令和2年1月現在)
事業内容全国自治体の会議録調製、情報公開サービス
URLhttps://www.kaigiroku.co.jp/
お問い合わせ電話番号 東京 03-3267-6051
大阪 06-6646-0031
(平日 9:00〜18:00)
お問い合わせメールアドレス kaiken@kaigiroku.co.jp
株式会社アドバンスト・メディア
設立平成9年12月
資本金68億7,175万円
売上高42億5,600万円(平成31年3月期:連結)
従業員数254人(令和元年9月末現在:連結)
事業内容AI音声認識ソリューションの企画・設計・開発
URLhttps://www.advanced-media.co.jp/

2020/05/01
自動文字起こしシステムの導入
(1) スタンドアローン型文字起こしシステム「MinutesWriter」
(2) クラウド型文字起こしサービス「ProVoXT」
「AmiVoice MinutesWriter(アミボイス ミニッツライター)」は、独自開発のAI音声認識エンジンAmiVoiceにより、会議・講演会・インタビュー等の発言を高精度で自動テキスト化します。面倒な業務を機械に任せる事で議事録作成・文字起こし業務の負担軽減・コスト削減・スピードアップを実現します。「ProVoXT(プロボクスト)」は自治体や企業、放送メディアなど幅広い業種でご活用頂ける、議事録作成支援クラウドサービスです。Web上に音声をアップロードし音声認識処理を行います。認識結果のデータを活用することで、ゼロからの文字起こしと比較し、より素早く効率的に業務を⾏うことが可能になります。
導入自治体岡山市(岡山県)
支援企業 株式会社アドバンスト・メディア
無料トライアル:-
無料プラン:-
-円/月~

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop