全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

民間企業の取り組み

データ印刷時のセキュリティ対策

書類作成に不可欠な画面キャプチャーに潜む、情報漏えいリスクへの有効策とは

富士通株式会社
プラットフォーム ソフトウェア事業本部 第一基盤ソフトウェア事業部 第一開発部
マネージャー 伊藤 政宣
プラットフォーム ソフトウェア事業本部 第一基盤ソフトウェア事業部 第一開発部
アシスタントマネージャー 松田 貴弘
[提供] 富士通株式会社

※下記は自治体通信 Vol.21(2019年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


自治体における業務は、デジタル化の推進でペーパレス化が進む一方で、紙でのやりとりがまだまだ不可欠な状況にある。画面キャプチャーは、そうしたなかで紙面作成ツールとしての需要を高めている。業務工程のデジタル化で自治体に対して多くの支援実績をもつ富士通の担当者は「画面キャプチャーは使いやすいがゆえにセキュリティ対策を十分考慮する必要がある」と強調。担当者2人に、詳細を聞いた。

富士通株式会社
プラットフォーム ソフトウェア事業本部 第一基盤ソフトウェア事業部 第一開発部 マネージャー
伊藤 政宣いとう まさのり
富士通株式会社
プラットフォーム ソフトウェア事業本部 第一基盤ソフトウェア事業部 第一開発部 アシスタントマネージャー
松田 貴弘まつだ たかひろ

ペーパレス化でも需要続く、書面のやりとり

―自治体において、画面キャプチャーのニーズは高いのですか。

伊藤 はい。デジタル化の推進で、ペーパレス化が浸透していますが、紙が必要な場面は少なくなく、その作成ツールとして画面キャプチャーのニーズが高まっています。とりわけ、自治体においては、「PC画面を印刷し、その情報をもとに、別の場所でほかの担当者の相談を受ける」「報告・起案などの書類出力」など、さまざまなシーンで業務画面の情報を紙に出力することがあり、業務に不可欠な状況にあるといえます。

―機能面ではどのようなニーズがあるのでしょう。

伊藤 画面の必要な部分だけをキャプチャーし、ワンアクションでWordやExcelに貼りつけるといった機能は、業務効率化の観点からも高いニーズがあります。そうしたなかで昨今、画面キャプチャーツール活用の現場でとりわけ重要視されている機能があります。

―それはなんですか。

伊藤 セキュリティに関する機能です。自治体においては個人情報保護の観点から昨今、その重要性が認識され、セキュリティ面への意識が高まっています。画面キャプチャーにより、手軽にPC画面の情報を採取できますが、それによって重要な情報が印刷されて紙で出回っては元も子もありません。情報漏えいの3分の1は紙からという調査結果(※)もあります。

※2018年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~:日本ネットワークセキュリティ協会調べ

情報の“出口”を、いかに管理・制御するか

―そうしたリスクを回避するにはどうすればいいのでしょうか。

松田 情報の“出口“を制御すればいいのです。当社が提供している『INSTANTCOPY(インスタントコピー)』のセキュリティ機能搭載版では、画面キャプチャー活用時に想定されるリスクに対応した機能を搭載しています。

―具体的に教えてください。

松田 たとえば、NGワードを設定することで、画面上の文字からNGワードを含む画面であるかを判断し、キャプチャー自体や印刷を不可にしたり、印刷が必要な担当者やセクションでは印刷を可能にするといった、権限ごとに利用制限を設定できます。画面キャプチャー時のログも取得できますので、外部機関のセキュリティ監査などにも対応します。こうした機能が実装されていることを職員に周知するだけでも、内部からの情報漏えいの抑止につながると考えています。


―人的管理では漏れがちな部分をシステムで制御するワケですね。

伊藤 そのとおりです。画面キャプチャーツールがユーザーにとって役に立つということは、単に使いやすさや利便性の向上だけとは考えていません。もしも、情報漏えいリスクを考慮して画面キャプチャーの利用制限をするとなったとします。それを組織の体制的な管理で行うのは大変なことです。当社としては、業務自体はいままでどおりに行いつつ、セキュリティ対策も実現する。そうした職場の環境づくりを支援するツールとして、『INSTANTCOPY』のセキュリティ機能搭載版を提供しています。

―自治体に対する今後の支援方針を聞かせてください。

伊藤 『INSTANTCOPY』のセキュリティ機能搭載版は、マイナンバーを扱う自治体業務のセキュリティ対策に寄与できるツールです。今後は、自治体向けの展示会などを通じて現場との接点を増やし、現場の声を反映させつつ、セキュリティ面も安心なデジタルツールとして、自治体の住民サービスの向上と同時に職員の方の業務効率化にも貢献していきたいと考えています。

伊藤 政宣 (いとう まさのり) プロフィール
昭和43年、山口県生まれ。昭和62年に、富士通株式会社に入社。SEとしてソフトウェアファクトリー部に配属され、プログラム開発等に従事。平成12年よりSIMPLIA製品の開発業務に携わる。
松田 貴弘 (まつだ たかひろ) プロフィール
昭和40年、宮崎県生まれ。昭和59年に、富士通株式会社に入社。SEとしてソフトウェアファクトリー部に配属され、プログラム開発等に従事。平成16年よりSIMPLIA製品の開発業務に携わる。
富士通株式会社
設立昭和10年6月20日
資本金3,246億円
売上高3兆9,524億円(平成30年度:連結)
従業員数13万2,138人(平成31年3月31日現在:連結)
事業内容テクノロジーソリューション、ユビキタスソリューション、デバイスソリューション
URLhttps://www.fujitsu.com/jp/
お問い合わせ電話番号 富士通コンタクトライン
0120-933-200 (平日9:00〜17:30、土曜・日曜・祝日・会社指定の休業日を除く)
この記事で紹介している
情報御漏洩防止ソリューションに関する資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]
pagetop