全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online
「導入後」を見据えた運用計画が、RPAの効果を最大化させる

大分県別府市の取り組み

RPAによる業務改革②

「導入後」を見据えた運用計画が、RPAの効果を最大化させる

別府市長 長野 恭紘
[提供] UiPath株式会社

※下記は自治体通信 Vol.20(2019年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。


前ページの多摩市と同様、別府市(大分県)でも、従来の実証実験で浮き彫りになったRPA導入への課題を踏まえ、特徴ある試行を実践している。行政実務における積極的なIT活用を推進してきた同市では、その経験からRPAの本格導入には欠かせない運用の手法を検証したという。ここでは、市長の長野氏にRPA試行の狙いや導入への期待を聞いた。

別府市データ
人口:11万7,033人(令和元年7月31日現在) 世帯数:6万2,250世帯(令和元年7月31日現在) 予算規模:1,028億2,100万円(令和元年度当初) 面積:125.34km² 概要:九州の北東部、瀬戸内海に面した大分県の東海岸のほぼ中央に位置する。古くから日本を代表する温泉地として賑わい、歴史と文化あふれる国際観光温泉文化都市。大地から立ちのぼる「湯けむり」は別府を象徴する風景として市民や観光客から親しまれている。市内には、別府八湯と呼ばれる8つの温泉エリアが点在し、毎分8万7,000ℓを超える温泉は、日本一の湧出量と源泉数を誇る。
別府市
別府市長
長野 恭紘ながの やすひろ

試行でこだわった「シナリオの内製化」

―別府市では、これまでもIT活用の推進を打ち出してきました。

 はい。当市も多くの自治体の例にもれず、業務の複雑化・多様化を前に職員の負担増大には強い危機感をもってきました。また、当市の主要な産業である観光業をさらに促進するうえでも、デジタルマーケティングのようなIT活用は必要だとの課題も感じてきました。そこで当市では、「デジタルファースト宣言」を行い、全庁的にIT活用の積極的な推進を打ち出していた経緯があります。

―宣言後、職員の意識に変化は見られていますか。

 まだまだこれからですね。依然として役所には縦割り意識が根強く残っており、目の前の業務で効果を実感できなければ、個々の職員がIT活用の意義に納得感をえるのは難しいです。その意味では、昨年11月から6ヵ月間にわたって行ったRPAの試行には大きな期待を寄せていたのです。

RPAの試行とは、どのような内容だったのでしょう。

 入力・点検作業といった定型業務が多い保険年金課から14業務、情報推進課から1業務を選定し、RPAの導入効果を検証しました。ゆくゆくは全庁展開を目指しますが、まずはRPA導入のインパクトを最大化させるために、もっとも大きな効果が期待できそうな部署の業務を選定し、集中的に検証する方針をとりました。

 それともうひとつこだわった方針が、「シナリオ(※)の内製化」でした。

※シナリオ:実行してほしい作業のワークフローを記述したRPAへの指示書

―シナリオの内製化にこだわった理由はなんですか。

 導入後の本格運用では、職員が日常でいかに使いこなせるかが、RPA導入の効果を最大化させるカギになると考えたからです。いまでも庁内には職員間にITリテラシー格差があります。そのため、たとえ業務の効率化が期待できたとしても、一部の職員しか使いこなせないソフトウェアは、「使える人材が不在時の不具合が怖い」「人事異動で業務の継続性が困難になる恐れがある」といった理由から、導入すべきではないという議論も起こっているようです。

 しかし、本来は業務効率化が期待できるならば導入すべきであり、ITリテラシーの格差こそが問題なのだと考えました。RPAの導入でも同様で、シナリオを庁内で内製化できる体制が、現場での運用のカギになると考えたのです。実際に、試行期間は情報推進課の職員が、15業務すべてのシナリオを作成しています。


〈 別府市の試行の報告書 〉
https://www.city.beppu.oita.jp/sisei/kakusyukeikaku/rpa.html

85.2%の時間削減効果

―検証結果はいかがでしたか。

 15業務全体でみると、従来年間1,265時間を要していた作業時間がわずか187時間へと、じつに85.2%の時間削減効果がえられました。非常にインパクトのある結果であり、庁内でRPAに対する関心を喚起してくれました。

 また、シナリオ内製化にも、一定のめどをつけることができました。シナリオを作成した職員によると、試行の際に使ったRPAツールの『UiPath』は、ビジュアル的にもわかりやすいユーザーインターフェースを備え、十分に使いこなせたと。導入実績が多く、広いユーザーコミュニティが形成されているため、シナリオ内製化の際に生じるあらゆる疑問を相談・解決できる場があることも心強かったようです。

―今後、どのようにRPAを市政に活かしていきますか。

 今年5月から本格導入を開始しており、職員課と市民税課にも導入し、成功事例の輪を広げていくとともに、シナリオ作成を担う人材の育成にも力を入れていきます。

 RPAの導入で職員の日常に余裕が生まれれば、従来の組織の枠を超え、さまざまな業務改革のアイデアが生まれてくるはず。一人ひとりが「デジタルファースト宣言をした自治体の職員」という自覚をもって、テクノロジーの活用を市民サービスの向上につなげる意識をもつ。そうした組織風土づくりに、RPAが一役買ってくれるものと期待しています。

長野 恭紘 (ながの やすひろ) プロフィール
昭和50年、大分県生まれ。日本文理大学商経学部を卒業後、衆議院議員秘書を経て、平成15年に別府市議会議員に就任。市議を2期務める。平成27年に別府市長に就任し、現在2期目。
この記事で支援企業が提供している
RPAサービスの資料をダウンロードする
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
街路灯リニューアル専用ポール QQポールで街路灯リニューアル
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
街路灯リニューアル専用ポール QQポールで街路灯リニューアル
資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]
pagetop