全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

三重県東員町 /北海道夕張市 の取り組み

高校生の郷土意識まで変えた地方公共交通の運行改革

北海道夕張市 企画課 企画係事務員 豊巻 雄平
[提供] 株式会社ユニ・トランド

前ページの東員町(三重県)と同様、地域の公共交通機関の維持・存続を課題とする夕張市(北海道)。平成19年の財政破綻以降、新たなまちづくりを模索するなかで、市内の交通体系の効率化が大きな課題となっていた。そこで同市では、市内の交通体系を見直す過程でスクールバスのオンデマンド化に着手。運行形態の最適化と運行経費の削減で大きな成果を上げている。ここでは、同市の担当者に取り組みの詳細とその効果を聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.18(2019年6月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

北海道夕張市データ

人口: 8,033人(平成31年4月30日現在) 世帯数: 4,772世帯(平成31年4月30日現在) 予算規模: 150億5,121万3,000円(令和元年度当初) 面積: 763.07km² 概要: 北海道のほぼ中央に位置する。夕張岳から流れる夕張川とその支流が市内のほぼ中央を貫き、流域に沿って帯状に街が形成されている。明治時代の炭鉱開始以来、炭鉱の街として栄え、昭和18年に市制が施行される。一時は大小24の鉱山、人口12万人を数えた。

―スクールバスのオンデマンド化を開始した背景はなんですか。

 人口減少が著しい夕張市では、市がまちづくりマスタープランを策定し、コンパクトシティへの移行を進めています。それにあわせて、市内交通事業者の厳しい経営状況の慢性化や運転手の担い手不足などを受け、より効率的で持続可能な交通体系への再編が急務となっていました。その中の課題のひとつであったのが、スクールバス運行事業の見直しでした。夕張市では、市内の中学・高校の統廃合を図り、それぞれ1校ずつに集約し、遠方から通学する生徒向けにはスクールバスを市で運行するようにしました。しかし、平日部活動後の最終便と、休日部活動などで利用する休日便において、生徒の利用状況を把握しきれず、空でスクールバスを走らせるなどの問題を抱えていました。そこでスクールバス予約システム(通称『ピコピコシステム』)を導入し、生徒自らが乗車予約することでスクールバスの配車の最適化を図ったのです。

―予約システムの運用方法を教えてください。

 中学校と高校の玄関に設置した専用タブレット端末のほか、高校生には各自のスマートフォンから『ピコピコシステム』にアクセスしてもらい、部活便と休日便を利用する生徒に事前予約をお願いしています。「時間になったらバスは来てくれるもの」という認識だった生徒たちでしたが、現在は「ピコる」という言葉が流行るほど予約システムに馴染んでくれています。

「公共交通は自分たちが守る」

―導入の効果はいかがでしたか

 予想以上の効果が得られました。スクールバスは大きさによって4種類の車両を使い分けていますが、予約状況で利用者数を正確に想定できることから、最適な車両を選択したり、利用者がいない場合には運行を休止したりすることができました。その結果、年間の運行便数は40便、運行経費は136万円も削減。そればかりか、当初の想定には無かった思わぬ成果を実感することもできたんです。

―思わぬ成果とはなんでしょう。

 生徒たちの間に「公共交通は自分たちが守っていく」という意識が芽生えたことです。じつは今回の予約システムには、高校生のアイデアも活かされています。夕張高校では、高校生の視点を活かした地域課題の解決を考える取り組みを推進していますが、その一環として予約システムの開発に参画してもらったのです。取り組みを通じて、生徒たちが地域の発展をともに考える意識を少しでももってくれた。これこそ、今回得た最大の成果かもしれませんね。


2020/05/01
公共交通網の維持管理
サービスガイドブック
ユニ・トランドは、「ひとも、街も、会社もうれしい」をいつも考えながら、サービス開発に取り組んでいます。弊社サービスをご利用いただくことで、地域に住むひとやバス会社さま、そして国や自治体まで、「街に貢献し、街を盛り上げ、街を好きになる」を心がけています。もちろん、1つ1 つのサービスはとっても優秀。でもそれらが合わされば、もっと大きな価値になる。ユニ・トランドのサービスは、組み合わせてご利用いただくことでバス利用者の不安や不満をより早く解決し、もっとバスが愛される街づくりを叶えることができるのです。
導入自治体東員町(三重県)、夕張市(北海道)
支援企業 株式会社ユニ・トランド
無料トライアル:-
無料プラン:-
-円/月~

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
お名前(ふりがな) *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
新形コロナウイルス感染症対策
pagetop