全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

民間企業 の取り組み

地元企業が主役となる事業で資金の流れを地域に向ける

北陸グリーンボンド株式会社 取締役 企画推進部長 関 一幸 / 支援自治体:環境省
[提供] 北陸グリーンボンド株式会社

環境省は、「高い地域活性化が期待できる独自のスキームを構築した」と評価して、グリーンボンドの発行モデル事業に北陸グリーンボンド社の取り組みを採択した。グリーンボンドの発行促進と地域活性化に期待できる事業スキームの詳細を、同社の関氏に聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.18(2019年6月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

複数自治体の連携でスケールメリットをえる

―環境省に採択されたモデル事業の特徴を教えてください。

 まず、複数にわたる近隣自治体の事業をひとつにまとめることでスケールメリットを生み、グリーンボンド発行にかかる費用負担を自治体ごとに軽減できることが特徴です。発行に必要な各種手続きや、発行後における環境改善効果の算定・報告などの事務作業は、当社が担当。自治体が行うのは、調査設計や施工、管理を行う事業者の選定などに限られるので、職員の労務的な負担も抑えられます。

 そして、当事業における最大の特徴は、複数の民間企業を連携させることで地域活性化の効果を最大化できることです。

―詳しく教えてください。

 大企業が主導するのではなく、地域の企業が「主役」となって事業に参画することで、お金の流れを地域に向けることができます。自治体が職員の負担を抑えつつ環境事業を行うには、企画から施工、管理までをまとめて委託する包括契約を企業と結ぶのが一般的。しかしこの場合、資金面で体力があり、企画から施工、管理までの総合力をもった大企業が請け負いがち。地域の企業は下請けや孫請けというカタチでしか参画できないケースが多いのです。

 当社の事業モデルでは、企画やコンサルティング、施工、管理など、それぞれの専門性をもった地域の中小企業を当社が束ねることで、包括事業を担える総合力として自治体に提供できるのです。

―そのような事業モデルを展開できるのはなぜでしょう。

 当社が、地域に根づいた複数の協会によって設立された経緯があるからです。富山、石川、福井の北陸3県には、経済産業省の「省エネルギー相談地域プラットフォーム構築事業」で活動する協会があり、中小企業の省エネに向けた取り組みを支援しています。そして、これら複数の協会が連携し、環境改善事業を通じ、北陸地域の地域活性化につながるビジネスモデルを策定。世界的なESG投資に対する関心の高まりを受け、グリーンボンドを活用した環境改善事業を自治体に提案できる当社を立ち上げたのです。

水銀灯の置き換えなど環境配慮には喫緊の課題も

―モデルに採択された環境改善事業に、公共施設における照明のLED化を選んだのはなぜですか。

 国の「地球温暖化対策計画」に含まれる、2030年までにすべての照明をLED化する目標や、「水銀に関する水俣条約」を背景とした水銀灯の使用にかんする規制など、自治体が避けられない喫緊の課題が迫っているからです。これらの明確で理解されやすい環境改善事業を通じて、国内で認知度が低いグリーンボンドに対する関心を高められればと考えています。

―今後はどのように自治体を支援していきますか。

 当社では、LED化に続く別の事業も行っていく予定です。同様のスキームを活用しますが、地域や環境改善事業の内容は限定せず、各自治体の課題にあった事業を提案していきたいですね。

 当社の事業モデルは、世界的に関心が高まっているSDGsで、エネルギーや気候変動、まちづくりなどにかんする5つの目標達成にも寄与します。グリーンボンドで調達する資金の使途は、省エネや再エネ、蓄エネ、森林河川の改修など、幅広い環境改善事業が対象になるので、世界的な目標達成をめざしつつ、地域の特性にあった事業で地域の活性化を図れます。関心のある自治体のみなさんは、ぜひお問い合わせください。

この記事で支援企業が提供している、
グリーンボンド事業の説明資料をダウンロードする

関 一幸(せき かずゆき)プロフィール

昭和46年、福井県生まれ。省エネコンサルティング会社の役員などを歴任し、経済産業省のエネルギーマネジメント事業にも参画する。平成30年、北陸グリーンボンド株式会社の創立に携わり、取締役に就任。

北陸グリーンボンド株式会社

設立 平成30年3月
資本金 700万円
従業員数 10人(平成31年3月31日現在、派遣・出向社員含む)
事業内容 グリーンボンド発行支援事業
URL https://www.hokuriku-gb.com/
関連団体 一般社団法人ふくいエネルギーマネジメント協会、一般社団法人いしかわエネルギーマネジメント協会、一般社団法人地域資源循環システム協会
問合わせ先 076-225-7431
(受付時間 平日9:00~18:00)
info@h-gb.jp
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
街路灯リニューアル専用ポール QQポールで街路灯リニューアル
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
街路灯リニューアル専用ポール QQポールで街路灯リニューアル
資料一覧ページ
コンシェルジュ
pagetop