全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

支援企業の視点

特許を取得した確かな技術で個人情報を堅守しデータベース化を図る

株式会社学校健診情報センター 代表取締役 尾板 靖子 / 支援自治体:高知県高知市
[提供] 株式会社学校健診情報センター

これまで、学校健診情報のデータベース化について検証してきた。そこで気になるのは、高知市でも議論された「どうやって子どもの個人情報は守られるのか」という点である。このページでは、実際にデータベース化を行っている学校健診情報センター代表の尾板氏に、その詳細などを聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.16(2018年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

個人を特定する内容は物理的にもち出せない

―子どもたちの個人情報は、どのように守られているのですか。

 データベース化するにあたり、そもそも当社に個人情報が渡らない仕組みになっているんです。

 データベース化する際は、当社スタッフがスキャナーとパソコンをもち込んで、学校関係者の立ち会いのもと、作業を行います。そこで一枚一枚、スキャナーで読み込むのですが、スキャニングした瞬間に特殊な匿名化技術により、個人を特定する情報と個人情報以外を瞬時に分離し、別々のフォルダに格納するのです。

 当社がもち帰るのは、個人情報以外のデータで、個人を特定する情報は、CD-Rに焼き込んで学校に置いて帰るという仕組みです。

―個人にデータを還元する際など、個人情報とそれ以外のデータを再統合するにはどうすればいいのでしょう。

 スキャニングした瞬間、データ化した帳票ごとにIDがランダムに生成されます。後日当社から個人レポートを返却した際、個人情報を焼き込んだCD-Rをパソコンに入れた状態で、個人レポートを立ち上げる。そうすれば、双方の情報が自動的に突合されます。

 この仕組みは、総務省が行っている「SCOPE(※)」に採択されており、すでに特許も取得ずみ。帳票のサイズや仕様がほかと異なっていても、柔軟に対応が可能。そのため、自治体関係者の方には、安心して利用いただけます。

※SCOPE:戦略的情報通信研究開発推進事業。総務省が運用している、ICT分野における資金制度

川上氏の理念に共感しデータベース化の支援を開始

―なぜこのようなサービスを提供しようと考えたのですか。

 川上先生の理念に共感したからです。私自身がヘルスケア関連の取り組みに興味をもち、たまたま川上先生を紹介されたのが平成25年ごろ。そこで、学校健診情報の利活用や『健康ライフコースデータ』の話を聞き、非常に社会貢献の高い取り組みだと実感。支援をするため、学校健診情報センターを立ち上げたのです。

 また現在、新たに取り組んでいる事業があります

―それはなんでしょう。

 乳幼児健診のデータベース化です。これは以前から取り組んではいたのですが、乳幼児健診は自治体によってフォーマットもバラバラでスキャンの手間もかかることから、学校健診よりもデータベース化は進んでいませんでした。それが今年になって厚生労働省から「乳幼児健診情報の一部を標準化し、データ提出するように」という通達がなされる見込みだということがわかりました。自治体では早急な対応が難しいため、当社が標準化およびデータベース化するシステムを開発して、仕組みを無償提供しようとしているのです。まだ開発段階ですが、すでにお問い合わせは多いですね。

 さらに当社では、学校健診情報と乳幼児健診情報を二次元バーコードで個人向けに保有・閲覧できるアプリサービスも開始。これで個人がデータを永続的に保有・確認できるようになります。

 自治体が努力して蓄積してきた健診情報を、活用できる社会を実現したいですね。

この記事で支援企業が提供している
ニュースレター冊子をダウンロードする

尾板 靖子(おいた やすこ)プロフィール

大阪府生まれ。関西大学を卒業後、人材ベンチャー企業を経て、株式会社リクルート(現:株式会社リクルートホールディングス)に入社。独立支援メディアの営業を担当する。27歳のときに独立し、クレドール株式会社を設立。独立支援業務を行う。川上氏との出会いがきっかけで、平成26年に株式会社学校健診情報センターを設立し、代表取締役に就任。

株式会社学校健診情報センター

設立 平成26年4月
資本金 3,420万円
従業員数 20人
事業内容 学校・自治体・企業で実施される健康診断結果および体力調査結果のデータベース化と管理業務など
URL http://shrcenter.co.jp/
お問い合わせ電話番号 075-406-1537 (平日9:00~18:00)
お問い合わせメールアドレス info@shrcenter.co.jp

自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
資料一覧ページ
コンシェルジュ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

取材のご依頼はこちら
地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
自治体で導入が進む街路灯
資料一覧ページ
コンシェルジュ
pagetop