全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

新技術による効率的な保守点検で道路インフラの安心安全を守る

株式会社NTTフィールドテクノ
ビジネス推進部 ビジネス開発部門 ビジネス開発担当 担当課長 水野 恭宏
ビジネス推進部 ビジネス開発部門 ビジネス開発担当 担当課長 谷口 靖幸
[提供] 株式会社NTTフィールドテクノ

わが国が高度経済成長を遂げた昭和40年代以降、道路整備に代表される多くの社会資本の集中的な整備が進み、その後の発展に大きく寄与してきた。それから半世紀近くが経過したいま、耐用年数に近づいたインフラの老朽化対策が、国や地方自治体の取り組むべき喫緊の課題として浮上しているのは周知のとおりだ。そこで、新技術を駆使したインフラ管理を提唱するNTTフィールドテクノの担当者に、道路インフラ点検の最新事情を聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.15(2018年10月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―道路インフラの点検技術は開発が進んでいるのでしょうか。

谷口:ええ、進んでいます。特に舗装路の点検では、従来の路面性状測定車による精密点検とは異なる用途での、安価な点検技術の開発で成果が見られます。自治体ではいま、目視点検が十分に行き届かず、点検精度にも限界があることから、老朽化する舗装路をすぐにでも点検したいニーズがある。舗装路の修復は早期にできればコストを抑えられる事情もあります。しかし、予算の制約から、すべての道路で測定車を活用するのは難しい。そうした自治体にとっては、新たな解となりえる手法です。

水野:鋼管柱の点検でも新たな開発成果が出てきていますね。鋼管柱も老朽化により、自然災害での倒壊が危険視されています。国から定期点検も指導されていますが、これまでは実践的な点検技術がありませんでした。従来の目視点検では、問題とされる地下数㎝の腐食を見わけることはできず、実際に掘削して調べるしかなかった。それがこのほど、掘削せずに地際の腐食の有無を調べられる技術が開発されています。

―まずは、舗装路の新たな点検技術について教えてください。

谷口:当社が開発したのは、市販のスマートフォンとビデオカメラをセンシング機器として車両に設置し、収集データを独自のAIで分析する『道路路面診断ソリューション』です。スマートフォン内蔵のセンサーでは振動をキャッチし、路面の平坦性を分析。カメラによる動画からは、路面のひび割れやポットホール(※)などを検知。分析結果は、地図上にプロットし、「見える化」して提供します。センシング機器も車両も一般のものを使用するので、点検費用を大きく削減できるのが特徴です。

※ポットホール:道路の表層がはがれてできる円形の穴やへこみ。甌穴(おうけつ)ともいう

―どのくらい削減できますか。

谷口:1㎞あたり2万円以下に抑えられます。すでに、いくつかの自治体で試験導入をしていますが、評価は高いです。「現場で把握している内容と比較しても、内容にズレがない」「この精度なら使える」との評価をもらっています。

更改計画を策定する際の重要データになる

―一方、鋼管柱の新たな点検技術とはどのようなものでしょう。

水野:「超音波を活用した非破壊検査技術」です。測定法は、測定器から伸びた探触子を鋼管柱の数ヵ所に取りつけるだけ。探触子から発せられる垂直波で鋼管柱の肉厚を計測し、一方、縦方向を計測するSH波で、地際以下4㎝の減肉率を計測。いずれも目視ではわからない地際以下の腐食や傷の有無や距離などの劣化状況を点検できます。

―導入実績はありますか。

水野:複数の自治体で試験導入しており、評価は上々です。「倒壊の危険を探知できた」という声のほか、「目視ではできなかった安全確認ができた」「不要な更改を防げた」という声も。点検結果は、鋼管柱の更改計画を策定する際の重要データになるのです。

谷口:2つの技術を核に、当社の保有技術・ノウハウも融合し、自治体の道路インフラ管理を支えていきます。道路インフラ管理の効率化に関心のある自治体のみなさんは、ぜひお問い合わせください。

谷口 靖幸(たにぐち やすゆき)プロフィール

昭和47年、兵庫県生まれ。平成5年、国立明石工業高等専門学校電気工学科を卒業後、日本電信電話株式会社に入社。平成29年から現職。

水野 恭宏(みずの やすひろ)プロフィール

昭和47年、広島県生まれ。平成3年、広島県立広島工業高等学校建築科を卒業後、日本電信電話株式会社に入社。平成30年から現職。

株式会社NTTフィールドテクノ

設立 平成11年4月
資本金 1億円
従業員数 約1万8,000人(平成30年7月現在)
事業内容 故障受付・電話サポート等コールセンター業務、ICT・エネルギー分野等にかかわる工事・保守・訪問サポート等のオンサイトサービスなど
URL http://www.ntt-ft.jp/
お問い合わせ電話番号 06-6450-6971
お問い合わせメールアドレス road-info@west.ntt.co.jp

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき管理され、必要に応じて自治体もしくは支援企業に提供する場合がございます。
また、自治体通信から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

働き方改革カンファレンス
自治体通信カンファレンス

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
働き方改革カンファレンス
pagetop