全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

リース方式の有効活用が教育現場の空調整備を後押しする

NTTファイナンス株式会社
リース事業本部 事業企画部 法人営業推進部門 ビジネスフロンティア推進室 高橋 千春

[提供] NTTファイナンス株式会社

厳しい財政状況を背景に、事業費負担を複数年度に分散・平準化できるリース方式が近年、多くの自治体の社会資本整備に活用されている。代表的な例が、全国で導入が進む公立学校の空調整備事業だ。そこで、同事業にリース方式の活用を提案するNTTファイナンスの高橋氏に、そのメリットなどを聞いた。

―学校の空調整備にリース方式を活用する事例が増えているそうですね。

 はい。公立学校の空調整備事業では、公平性の観点から、域内の全学校に一斉導入することが求められます。その場合、自治体には財政負担が重くのしかかります。そこで注目されているのが、リース方式です。実使用期間に合わせた長期間のリース契約を締結すれば、初期費用を大きく抑えることができます。それだけではなく、メンテナンスがついたリースを活用した場合、万が一、故障による修繕や交換が必要になった場合でも、自治体は新たに予算を計上する必要はありません。特に、空調設備については、「冷房として夏季に使用するだけ」との認識があり、メンテナンスに対する意識は薄れがちです。私たちは、リース期間が満了した設備をそのまま自治体へ譲渡しますが、その際に支障のない状態で引き渡しするためにも、メンテナンスつきリース契約をおすすめしています。

―ほかにメリットはありますか。

 契約手続きに関わる事務処理稼働を大きく軽減できることも、リース方式のメリットですね。空調整備事業は通常、事前の調査・設計、施工、施工後の維持管理という3つのプロセスで構成されます。直接施工の場合、その各段階でそれぞれ契約手続きが発生します。リース方式では、リース会社を選定すれば、調査・設計会社、施工会社、維持管理会社を適切に選定し、契約を結びます。また、問い合わせ窓口も一本化され、「修理のたびに、どこの会社に連絡すればよいか調べなければならない」といった煩雑な手間も発生しません。

―今後どのように自治体を支援していきますか。

 当社では公立学校の空調整備に限らず、自治体の施設整備事業全般でリース方式の活用を提案し、自治体経営のさらなる効率化に貢献していきたいと考えています。当社は特定のメーカー・銀行系列のリース会社ではありませんので、より中立的な立場で最適な設備を自治体に提案できます。また、公共性の高い事業を長年手がけてきましたので、全国各地で地元の施工会社とも幅広くネットワークを構築し、短期間で事業を完遂することが可能です。リース方式の活用に関心がある自治体の皆さんは、ぜひ当社へお問い合わせください。

―空調整備の概要を教えてください。

 小学校41校、中学校16校の計57校、1473教室に一斉導入しました。スピード感をもった整備を意識し、リース方式による整備方針を決め、平成29年4月に公募を開始、6月にプロポーザル選定を実施し、事業者を決定。早くも7月には設計に入りました。設計・施工を一括発注できたので、平成30年2月には全工事が完了しました。もし、リース方式でなければ、約2年は事業期間が延びていたでしょう。

―事業の感想はいかがですか。

 市の一大事業であったため、地元施工会社の活用もテーマでした。今回、リース契約を結んだNTTファイナンスは、そのための体制を整え、短期間で事業を完遂してくれました。リース方式の有効性を実感したので、今後、屋内照明のLED化の際にも活用できるかもしれないと期待しています。

―事業の経緯を教えてください。

 近年の猛暑により、児童・生徒の健康面を心配する声が教育現場や保護者から上がっていたことを受け、平成25~26年度事業としてリース方式を活用した空調整備を進めました。リース会社にはNTTファイナンスを選定し、小学校13校、中学校6校の計19校、424教室の空調整備を実施しました。

―リースを選んだ理由はなんですか。

 初期費用を抑え、毎年の費用を平準化できるからです。短期間での一斉整備ができたのは、リース方式だからこそ。また、メンテナンスも併せることで、不具合が発生した際の事務手続きが不要になることも助かります。フィルター清掃や点検などの作業で現場に負担をかけることもありません。大規模な公共事業が今後計画される際には、リース方式の活用も選択肢のひとつになるでしょう。

高橋 千春(たかはし ちはる)プロフィール

千葉県生まれ。大学卒業後、NTTファイナンス株式会社に入社。平成28年5月より現職。

NTTファイナンス株式会社

設立 昭和60年4月
資本金 167億7,096万円
売上高 3,918億円(平成29年3月期:連結)
従業員数 7,374人(平成29年3月末現在)
事業内容 総合リース事業、通信サービス等料金の請求・回収業務、
クレジットカード業など
URL http://www.ntt-finance.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-6455-8776
(担当:徳能、清水、高橋 平日9:00〜17:00、祝日・年末年始を除く)

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は弊社プライバシーポリシーに基づき管理され、必要に応じて自治体もしくは支援企業に提供する場合がございます。
また、自治体通信から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

働き方改革カンファレンス
自治体通信カンファレンス

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
働き方改革カンファレンス
pagetop