全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
自治体通信Online

愛知県豊明市 の取り組み

喜びや生きがいのある職場が高い定着率へとつながる

株式会社エスプールプラス 社長 執行役員 和田 一紀 / 支援自治体:愛知県豊明市
[提供] 株式会社エスプールプラス

※下記は自治体通信 Vol.10(2017年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―農園運営の仕組みを教えてください。

 当社運営の農園を区分けにして、企業に貸し出します。企業はその農園を職場として、直接雇用した障がい者に働いてもらいます。当社が就労希望の障がい者に一定期間の農業研修を行い、適性判断後に企業へ紹介。

「一般業務をまかせることは難しい」という企業でも、障がい者と親和性の高い農業であれば無理なく雇用できます。農園でていねいにつくられた農作物は、企業の福利厚生として従業員に配布され、行列ができるほど大人気。企業の障がい者雇用への理解を深めたり、従業員満足の向上などにつながっています。

―これまでの実績はどれくらいでしょうか。

 千葉県と豊明市で合計8ヵ所運営しています。1ヵ所あたり約3000坪の広さです。利用企業は約120社、障がい者約550人の一般就労をサポートしてきました。また、安心できる就労環境のために、農園には障がい者3人にひとりの割合で農園の利用企業が管理者を雇用。地元のシルバー雇用促進にも役立っています。働く場所を見つけられた障がい者に、「ずっとがんばってもらいたい」と強く想います。現在のところ、定着率は95%を誇っています。

―今後の支援方針をお聞かせください。

 障がい者のみなさんが当社の農園で働くことで、約10万円の月収をえられます。経済的自立だけでなく、働く喜びや生きがいを望むみなさんから、当農園に大きな期待が寄せられています。豊明市からの誘致を皮切りに全国各地で農園を開設する予定で、自治体と当社の協力が、障がい者の強力な就労支援につながると確信しています。

和田 一紀(わだ かずのり)プロフィール

昭和50年、大阪府生まれ。平成8年に株式会社リクルート(現・株式会社リクルートホールディングス)入社。新規事業立ち上げを多く経験。平成18年に米国のフリーペーパーを発刊する企業へ副社長として経営参画。その後「障がい者雇用×農業」に社会的意義を感じ、平成23年の株式会社エスプールプラス創業より参画。

株式会社エスプールプラス

設立 平成22年6月
事業内容 農業を活用した障がい者雇用のコンサルティング事業、企業向け貸し農園(わーくはぴねす農園)の運営・開発・管理
URL https://plus.spool.co.jp/
お問い合わせ電話番号 0120-982-655(平日9:00〜18:00)
お問い合わせメールアドレス whf@spool.co.jp
その他 株式会社エスプール(東証JASDAQ上場)100%出資子会社
自治体通信メール版

「自治体通信オンライン」の最新記事や、イベント情報などをいち早くお届けします。

この記事について支援企業へ問い合わせる

自治体名・会社名 *
部署・役職名 *
お名前 *
電話番号
メールアドレス *
ご相談内容
【個人情報の取り扱いについて】
ご提供いただいた個人情報は、弊社プライバシーポリシーにもとづき適切に取り扱わせていただきます。
本フォームよりご提供いただいた個人情報は、支援企業にも提供します。
また、自治体通信および支援企業から電子メールなどで各種ご案内をさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
【特別号】~いま注目のRPAを読み解く~
資料一覧ページ
コンシェルジュ
調達インフォ
[PR]
pagetop