全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

株式会社YE DIGITAL

株式会社YE DIGITAL

デジタルで、暮らしに明るい変革を。
 

YEデジタルは仕事や生活にDXを広げていくことで、新しい暮らしのあり方を創造する企業です。
公共向けには、学校のICT学習環境を実現する「NetSHAKER W-NAC」、学校や家庭の頼れるコンタクトセンターである「スクールコンタクトセンター」、さらに、利便性の高いまちづくりを支援するスマートバス停クラウド「MMsmartBusStop」などを提供しております。
進化しつづける自身の技術や多岐にわたる市場への展開で得たノウハウを駆使し、お客様やその先の人々の、仕事と時間の関係をもっともっと自由にします。そして、暮らしに明るい変革をもたらします。
デジタルの力を、未来の力に。

自治体通信の掲載記事

2021-12-13
GIGAスクール構想拡充のカギ、「コンタクトセンター」の有効活用
小中学校におけるICT機器の整備がほぼ完了したとされる現在、本格的な運用が各学校で進められつつある。角田市(宮城県)では、よりスムーズなICT機器の運用を行うため、現場でトラブルが起こった際に問い合わせができるコンタクトセンターの活用を始めたという。同市教育委員会の担当者2人と、導入を支援したリコージャパンの熊谷氏に詳細を聞いた。
2021-05-28
1人1台の端末活用で起こる混乱、解消のカギは「頼れる問い合わせ先」
全国の小・中学校における「児童生徒1人1台の端末整備」「校内通信ネットワークの整備」がほぼ終了し、令和3年4月から本格スタートした「GIGAスクール構想」。そうしたなか、校内ネットワーク環境の整備を支援してきたYE DIGITALの寺西氏は、「『GIGAスクール構想の拡充』を進める際に現場のトラブルが予想される」と指摘。その詳細を、解決策も含めて聞いた。

ソリューションの詳細

2022-04-01
株式会社YE DIGITALが提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 スクールコンタクトセンター ■ソリューション概要 ICTのトラブル時、どこの誰に連絡すればいいの!?トラブル時の連絡先を一本化し、お困りごとをいち早く解決できるよう支援いたします。 ■ソリューション詳細 スクールコンタクトセンターは、トラブル時の連絡先を1本化し、ICTを用いた再のお困りごとをいち早く解決する、学校専用のコンタクトセンターサービスです。 文部科学省「GIGAスクール運営支援センター整備事業」のヘルプデスク業務は、スクールコンタクトセンターにお任せください。導入にあたり本事業の補助金をご活用いただけます。(令和4年3月時点)
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 スクールコンタクトセンター
サービス概要 トラブル時の連絡先を一本化し、お困りごとをいち早く解決できるよう支援いたします。
行政カテゴリ 学校教育・生涯学習
この資料をダウンロードする
サービス名 NetSHAKER W-NAC
サービス概要 ローカルブレイクアウトや校内のICT機器稼働状況の把握、セキュア環境の構築はおまかせください。
行政カテゴリ 学校教育・生涯学習
この資料をダウンロードする
サービス名 持続可能なまちづくり・公共交通へ「スマートバス停」
サービス概要 リアルタイムな情報連携、クラウドから時刻表データの一括配信/一元管理可能なサービスです。
行政カテゴリ 住民生活・安全、公共インフラ
導入実績 熊本県熊本市、徳島県、福岡県北九州市、兵庫県神戸市、青森県十和田市 他
この資料をダウンロードする
株式会社YE DIGITAL が提供している
ソリューションの資料を
まとめてダウンロード
する
\たった1分で完了!/
資料一括ダウンロードフォーム

会社概要

社名 株式会社YE DIGITAL
設立 1978年2月1日
資本金 7億200万円
代表者名 遠藤 直人
本社所在地 〒802-0003 
福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル
事業内容 ①IoTソリューション
・ソーシャルIoT
・AI・ビッグデータ分析
②ビジネスソリューション
・ERPグローバル展開支援(SAP他)
・顧客業務システム
③サービスビジネス
・運用支援
・アフターコンサル
URL https://www.ye-digital.com/jp/