全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

株式会社構造計画研究所 RiverCastチーム

株式会社構造計画研究所 RiverCastチーム

新常識!水位予測情報を活用した河川監視・危機管理
 

全国各地で河川のはん濫リスクが高まる昨今、流域治水を実現する各種ソリューションをご提案しています。
東京都のリーディングプロジェクトへ参画するなど、確かな技術力で課題解決を支援します。
◆氾濫をできるだけ防ぐ・減らすためのソリューション
・ダム流入量予測:放流操作支援
・洪水予測   :遊水地や河川周辺施設内の事前退避
・高潮予測   :水門や排水ポンプ操作支援
◆被害の軽減、早期復旧・復興のためのソリューション
・洪水予測   :早期の避難判断
・浸水予測   :避難行動の支援
※その他、カスタマイズでのご提案も行っております。まずはお気軽にご相談ください。

自治体通信の掲載記事

2022-05-16
高精度な水位予測システムの導入で、河川の氾濫を未然に防ぐ体制を構築
近年、集中豪雨の激甚化や頻発化に伴い、自治体においては、河川の氾濫リスクに備えた治水・浸水対策の強化が急務となっている。そうしたなか、川崎市(神奈川県)では、河川の水位予測システムを活用した実証実験を行い、令和3年度から導入しているという。導入にいたるまでの経緯や今後の活用方針などを、同市建設緑政局 総務部 企画課の近藤氏に聞いた。

ソリューションの詳細

2022-04-28
株式会社構造計画研究所 RiverCastチームが提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 リアルタイム洪水予測システム RiverCast ■ソリューション概要 RiverCastはリアルタイムに15時間先までの河川水位を予測するクラウドシステムです。「いつ」「どこで」「どのくらい」の危険が迫っているのか?天気予報の誤差を考慮した確率的な予測で、合理的な意思決定を実現します。 全国各地で河川のはん濫リスクが高まる昨今、水位予測情報を活用した河川監視・危機管理は新しいスタンダードになりつつあります。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 リアルタイム洪水予測システム RiverCast
サービス概要 浸水対策・態勢判断・避難判断など豪雨時の意思決定を支援します。
行政カテゴリ 防災・危機管理
導入実績 導入実績:神奈川県川崎市、熊本県大津町、山形県鶴岡市 他
実証実績:大阪府、神奈川県横浜市 他、全国13自治体
他、九州/北陸/関東/近畿/東北地整発注工事など全65地点でご利用実績あり
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 株式会社構造計画研究所 RiverCastチーム
設立 1959年5月6日
資本金 10億1000万円
代表者名 代表執行役会長 服部 正太
代表執行役社長 渡邊 太門
本社所在地 東京都中野区本町4丁目38番13号 日本ホルスタイン会館内
事業内容 構造計画研究所は、建物の構造設計業務から、構築物を取り巻く自然現象の解析やシミュレーション業務、情報通信分野でのソフトウェア開発、製造分野へのCAD/CAEのソフトウェア販売やカスタマイズ、そして人間の意思決定支援分野でのコンサルティングなどを提供しております。「大学、研究機関と実業界をブリッジする Professional Design & Engineering Firm」を標榜する当社は、今後も工学知をベースにした有用な技術を活用し、社会の諸問題の解決に挑むことで、より賢慮に満ちた未来社会を創造してまいります。
URL https://www.weather.kke.co.jp/