全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

トランスコスモス株式会社(DEC統括 デジタルトランスフォーメーション統括 DI本部)

トランスコスモス株式会社

CX(Citizen Experience)の向上を目指して
 

自治体窓口で書類申請をする際には、申請書の内容や申請先が複雑なため窓口がわからない、必要な情報を手書きで記入するため時間がかかる、窓口が混んでいるなどの課題に対し、トランスコスモスが開発したチャットボットとの対話で申請書を作成する「DEC Bot for Government」を活用頂くことにより、これまで手書きだった申請書をチャット、Webフォームで事前に申請書を作成できます。今後も申請書や関連業務に関するオンライン化を進め窓口業務の効率化を支援します。

自治体通信の掲載記事

2021-02-26
電子と紙の「ハイブリッド申請」で、窓口業務の混雑緩和を目指す
DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として、窓口申請のICT化に取り組む自治体は増えている。川越市(埼玉県)においても、独自のやり方で、実証実験に取り組んでいる。いったいどのような方法で、ICT化を推し進めているのか。同市障害者福祉課の清水氏に、取り組んでいる背景を含めて詳細を聞いた。

ソリューションの詳細

2022-03-25
トランスコスモス株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 DEC Bot for Government ■ソリューション概要 住民の利便性(Citizen Experience)の向上をテーマとし、住民の方々が市役所へ行かなくても、申請に必要な申請書類がわかり、「いつでも・どこでも」 事前にオンラインで書類作成ができるサービスです。 ■導入実績 ・埼玉県川越市 障害者福祉課様(3申請書) ・鹿児島県鹿屋市様 市民課、子育て支援課、高齢福祉課、税務課(21申請書) ■導入方法 ご提案から導入までは以下の流れとなります。 1. サービスのご紹介とご要望のヒアリング 2. 申請書選定・導入時期調整・御見積 3. 初期構築作業(必要に応じて設定内容などご確認頂きます) 4. 実施テスト 5. 本運用の開始
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 DEC Bot for Government 2.0
サービス概要 「書かない」「待たない」「行かせない」デジタル申請ソリューション
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX
導入実績 埼玉県 川越市、鹿児島県鹿屋市など
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 トランスコスモス株式会社
設立 1985年6月18日
資本金 290億6596万円
代表者名 代表取締役社長兼COO 奥田 昌孝
本社所在地 <本社> 〒170-6016 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
事業内容 グローバルECワンストップサービス、コールセンター、ビジネスプロセスアウトソーシング、デジタルマーケティング、アナリティクスサービス等の様々なアウトソーシングサービスを提供しております。
現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30カ国・173拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し提供しています。
URL https://www.trans-cosmos.co.jp/