全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

スピンシェル株式会社

スピンシェル株式会社

世の中の対面サービスをオンラインでも実現
行政窓口をオンライン化でも実現
 
支援企業独自の投稿コンテンツ有

遠隔コミュニケーションツール「LiveCall(ライブコール)」で、行政窓口のオンライン化・リモート化を支援しています。
LiveCallはオンラインの利便性と顔の見える安心感を同時に提供し、手間を掛けずに窓口業務の効率化や住民サービスの拡充・リモートワーク体制の構築などが可能です。ワンタップでオンライン通話に接続、操作画面もシンプルなので、住民・職員双方が簡単に利用できます。

投稿記事・ブログ

2022-09-06
自治体DXと窓口効率化を推進する「LiveCall」活用例5選
昨今、住民の利便性向上や自治体の業務効率化などを目的とした自治体DXが推進されています。しかし、DXと一口に言っても幅広く、どこから取り組むべきか悩まれている職員の方々も多いのではないでしょうか。 遠隔コミュニケーションプラットフォーム「LiveCall(ライブコール)」なら、これまで対面で行っていた窓口業務や住民サービスを手間をかけずにオンライン化でき、自治体が抱えるさまざまな課題を解決できます。
2022-07-11
【事例紹介】地域の魅力を伝える「オンライン観光案内所」
旅行者へ地域の魅力や観光スポットを伝える観光案内所。最近は観光案内窓口をオンライン化し、旅行前には自宅から、旅行中には外出先から、ビデオ通話などで観光案内を受けられるよう工夫する自治体が増えています。 遠隔コミュニケーションツール「LiveCall」を活用すると、簡単に観光案内所のオンライン化が可能です。LiveCallはアプリのダウンロードなども不要で、ブラウザから1クリックでオンライン通話が開始でき、旅行者にとって使いやすく安心なサービスを提供できます。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 LiveCall(ライブコール)
サービス概要 行政窓口のリモート化を実現する遠隔コミュニケーションツール
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX、総務・人事、観光・文化
導入実績 愛知県、香川県、栃木県、船橋市、大阪観光局、東京観光財団 他
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 スピンシェル株式会社
設立 2006年2月1日
資本金 1億3800万円
本社所在地 〒112-0004 東京都文京区後楽2-23-12 ホリックハウス2F
事業内容 世の中の様々な対面サービスのリモート化をミッションに掲げ、時間と空間にとらわれない新しいコミュニケーション機会を創出しています。行政のリモート窓口に加え、リテール業界のオンライン接客、観光案内、不動産管理、金融窓口、医療など幅広い業種・場面で利用されています。

【主な事業内容】
・遠隔コミュニケーションプラットフォーム「LiveCall(ライブコール)の開発及び運営
・オンライン通話を活用したサービスモデルの設計及びコンサルティング
・働き世代の妊活をサポートするオンライン相談サービス「SuguCare」の運営
・プレスリリース配信サービス(広報・PR事業支援)
URL https://www.spinshell.com/