全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

株式会社PFU

株式会社PFU

自治体の紙業務を高速スキャナーと高精度AI-OCRで支援
 

業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」は全国自治体で広くご利用いただき、AI-OCR「DynaEyeシリーズ」と組み合わせて業務の効率化を実現している自治体は300以上に上っております。
各種申請書のデータ入力やアンケート集計など、自治体・官公庁で多く残る紙を使った業務の効率化を支援しています。
営業拠点は日本全国に展開しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

自治体通信の掲載記事

2022-09-08
帳票の自動入力から業務改善が加速。目指すは「紙の少ない自治体日本一」
住民から届く手書き申請書を1件ずつデータ入力したり、関係機関からの問い合わせのたびに書類を探して回答したりなど、まだまだアナログな業務を行っている自治体は多い。そうしたなか、かほく市(石川県)では、「紙の少ない自治体日本一」を目指し、乳幼児健診と任意予防接種の事務処理自動化に取り組み、業務効率化に成功したという。同市の企画振興課の荒井氏と健康福祉課の鶴見氏に、詳細を聞いた。

ソリューションの詳細

2022-09-01
株式会社PFUが提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 AI-OCRソフトウェア DynaEye ■ソリューション概要 DynaEye(ダイナアイ)は高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア製品。 自治体で多く取り扱う認識困難な手書き文字を高精度に読み取ります。 「DynaEye」は、高精度な文字認識で業務システムへの入力業務を効率化するAI-OCRソフトウェアです。イメージスキャナー「fiシリーズ」とともにご利用いただくことでさらに高精度な文字認識を実現します。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 PFUソリューション紹介資料『DynaEye・fiシリーズ』
サービス概要 DynaEye(ダイナアイ)は高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア製品。 自治体で多く取り扱う認識困難な手書き文字を高精度に読み取ります。
「fiシリーズ」は、様々な業務シーンで発生する紙文書をすばやく正確に電子化。紙の情報を業務で活用可能なデジタル情報へと変換し、ワークフローのペーパーレス化を支援します。
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX、企画・財政、総務・人事
導入実績 石川県かほく市、石川県河北郡津幡町、石川県七尾市他、山口県山口市、長野県長野市、鹿児島県指宿市他、全国自治体で幅広くご利用いただいています。
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 株式会社PFU
設立 1960年11月1日
資本金 150億円
代表者名 代表取締役社長 村上 清治
本社所在地 本社
〒929-1192 石川県かほく市宇野気ヌ98-2

横浜本社
〒220-8567 神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-5 横浜アイマークプレイス
事業内容 PFUは、コンピュータ開発で培った技術を基に、ドキュメントスキャナー、インダストリーコンピューティング製品などのハードウェアおよび、セキュリティ・文書管理などのソフトウェアやサービス、ITインフラ構築や他企業と提携したマルチベンダーサービスなど、ICTに関する製品・サービスをトータルにご提供いたします。
URL https://www.pfu.fujitsu.com/