全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

エヌビディア合同会社が提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名
守りから攻めに転じるセキュアな作業環境

■ソリューション概要
三層分離の環境ではセキュリティのみが優先されてユーザーの操作性は後回しに。
デジタルの活用が進む毎日の作業環境がスムーズに快適にどこでも利用できるようになることは最重要課題です。

■ソリューション詳細
◆守りから攻めに転じる 自治体業務の生産性を向上する「セキュア バーチャルワークスペース」
即時性や継続性の業務が増加、行政サービスの重要性がますます高まってきました。三層分離の環境ではセキュリティのみが優先され、ユーザーの操作性は後回しに。現代ではセキュリティを高めながら利便性や業務効率化を図る必要があり、デジタルの活用が進む中で働き方改革に寄与する毎日利用するテレワーク環境は、とても重要な作業環境となります。

利用頻度が増えているWeb会議、議会中継やE-ラーニングの動画、公開情報や天気・地図などのWebブラウザの閲覧などがスムーズに利用できること、さらに都市整備や建築・土木、インフラやまちづくり、防災や危機管理、教育や観光レジャーなど、AIや3Dグラフィックスへの活用も広げられる「セキュア・バーチャルワークスペース」 をご紹介します。

◆こんなお悩みありませんか?  <パフォーマンス改善希望の相談が多い操作>
・理由がわからないがCPU負荷が高い。すべての操作が遅い。
・Web会議を利用すると遅くて使えない。(MS Teams、 Zoom、Cisco Webex、Skype等)
・WebカメラをONにして使えない。パソコンとスマートフォン or タブレットと2台同時に使わないと利用できない。
・Webブラウザで利用する、業務システムや公開情報、Google Mapなどの表示が遅い。
・オフィスソフトの編集が遅い、グラフがすぐに表示されない。文字が遅れて入力される。
・eラーニング、議会中継、観光情報などの動画再生時、画面がカクカクする。音と画面が合わない。
 ・都市整備や建築・土木、インフラやまちづくり、防災や危機管理、教育や観光レジャーなど、AIや3Dグラフィックスを利用する作業環境は固定された席や場所でしか作業ができない。

◆導入ソリューション:NVIDIA DX推進仮想基盤
NVIDIA vGPU-VDI:https://bit.ly/NVIDIA-vGPU-VDI-201110
NVIDIA 仮想 GPU (vGPU)技術により、テレワークのパフォーマンス改善、プロフェッショナルユーザーも対象とし、幅広い業種に広げます。
いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、確かな性能と作業環境の利用を可能にする働き方を実現します。

■導入実績
導入実績:名古屋市役所、岐阜県庁、その他、多数の導入実績がございます。
※現在も複数の自治体様でのご導入、ご相談が進行中です。

■導入方法
自治体様の業務内容や利用方法によって、最適なご提案が必要です。
まずはお気軽にエヌビディア(NVIDIA)にご連絡くださいませ。

■ダウンロード可能な資料詳細
◆守りから攻めに転じる 自治体業務の生産性を向上する「セキュア バーチャルワークスペース」資料
・今、求められる作業環境
・テレワーク利用中で困難な状況にある業界
・現代のデジタルワークスペース
・DX推進仮想基盤、DX推進仮想基盤 3つの活用の動き
・DX推進仮想基盤に移行、NVIDIA vGPU-VDIで解決
・GPUによる オフィスユーザーへの効果
・vGPU-VDI  「GPU無し」と比べた 「vGPU有り」の効果 
・NVIDIA vGPU-VDIで加速する行政サービス
・自治体向け利用イメージ
・ハイブリットワークに対応
・NVIDIA vGPU 国内導入事例
・導入ご検討  専用お問合せ窓口

 

■ソリューション名
名古屋市役所_行政DXを加速するインフラ

■ソリューション概要
名古屋市がNVIDIA GPU/仮想GPUテクノロジーを採用。
市民サービス向上とDXの推進基盤として、2,300ユーザーの同時利用が可能で
セキュア&スムーズなVDI環境を整備

■ソリューション詳細
名古屋市役所様のインタビュー内容が満載です。ぜひご一読ください。
◆名古屋市役所様:導入背景
総務省が示した自治体情報セキュリティ対策の見直しに対応し、LGWAN接続系とインターネット接続系のネットワークを分離するために名古屋市が最初にVDI環境を2017年に導入。

この時の主眼はセキュリティ強化のための『三層分離』の実現であったため、職員の利便性を損なってしまっていた。VDIの利便性を高められない最大の原因「パフォーマンス問題」の改善が必要だった。特にオンライン会議が利用できない、動画再生やWebブラウジングなどの動作がカクカクすることにストレスを感じていた。既存環境の課題を改善するとともに、DX推進の基盤となるVDIの実現を目指しました。

◆名古屋市役所様:導入効果
NVIDIA vPC+NVIDIA T4を採用して、仮想マシンに1GBのvGPU(仮想GPU)を割り当て。利用頻度の高まるオンライン会議を快適に利用できるようになり、議会中継や動画再生、Webブラウジングもスムーズになりました。Adobeアプリケーションを利用して名古屋市ホームページの制作、観光動画の制作・配信に携わる職員もVDI上で業務も可能になりました。

港湾や河川などに設置したライブカメラのモニタリングもVDIから可能になったため、今後は防災情報などの配信等にも利用できるか検討していきたい。最新のクラウドサービス、クラウドアプリケーションを思い通りに活用し、名古屋市役所の行政DXを加速させるインフラとして、適用範囲を広げていきます。 

◆導入ソリューション:NVIDIA DX推進仮想基盤
NVIDIA vGPU-VDI:https://bit.ly/NVIDIA-vGPU-VDI-201110
NVIDIA 仮想 GPU (vGPU)技術により、テレワークのパフォーマンス改善、プロフェッショナルユーザーも対象とし、幅広い業種に広げます。
いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、確かな性能と作業環境の利用を可能にする働き方を実現します。

◆こんなお悩みありませんか?  <パフォーマンス改善希望の相談が多い操作>
・理由がわからないがCPU負荷が高い。すべての操作が遅い。
・Web会議を利用すると遅くて使えない。(MS Teams、 Zoom、Cisco Webex、Skype等)
・WebカメラをONにして使えない。パソコンとスマートフォン or タブレットと2台同時に使わないと利用できない。
・Webブラウザで利用する、業務システムや公開情報、Google Mapなどの表示が遅い。
・オフィスソフトの編集が遅い、グラフがすぐに表示されない。文字が遅れて入力される。
・eラーニング、議会中継、観光情報などの動画再生時、画面がカクカクする。音と画面が合わない。
 ・都市整備や建築・土木、インフラやまちづくり、防災や危機管理、教育や観光レジャーなど、AIや3Dグラフィックスを利用する作業環境は固定された席や場所でしか作業ができない。

■導入実績
導入実績:名古屋市役所、岐阜県庁、その他、多数の導入実績がございます。
※現在も複数の自治体様でのご導入、ご相談が進行中です。

■導入方法
自治体様の業務内容や利用方法によって、最適なご提案が必要です。
まずはお気軽にエヌビディア(NVIDIA)にご連絡くださいませ。

■ダウンロード可能な資料詳細
◆名古屋市役所様_DX推進仮想基盤_vGPU-VDI導入事例 
名古屋市役所様のインタビュー内容が満載です。ぜひご一読ください。
・市民サービス向上とDXの推進基盤として2,300ユーザーの同時利用が可能でセキュア&スムーズなVDI環境を整備
・チャレンジ:VDIの「パフォーマンス問題」をいかに改善するか
・ソリューション:2,300ユーザーが同時接続可能で、セキュア&スムーズな業務を実現するVDIの実現
・リザルト:名古屋市役所の行政DXを加速させるインフラとして

 

■ソリューション名
岐阜県庁_柔軟な働き方と業務効率化を推進

■ソリューション概要
46枚のNVIDIA GPUと仮想GPUでDX推進仮想基盤でのvGPU-VDIを実現。岐阜県DXで1,400名の職員のテレワークをサポート。柔軟な働き方と業務効率化を推進。

■ソリューション詳細
岐阜県庁様のインタビュー内容が満載です。ぜひご一読ください。
◆岐阜県庁様:導入背景
県民の生活をDXで豊かに、安心に、便利に、というコンセプトを実現するために、行政デジタル化や市町村行政DX支援、各分野DXを柱に推進。行政サービスのオンライン申請やチャットボットを活用した行政相談などの県民向けサービス、医療や介護、農業と産業など、数々の対応において、職員の柔軟な働き方を支えるテレワークの導入やWeb会議などの基盤整備は必要不可欠と考えていた。

建設中の新庁舎では、各所属にある共有テレビを廃止し、職員が利用するパソコンで議会中継などの配信映像を受け取る。庁内のWeb会議の仕組みはインターネット越しのWeb会議も可能になってくるため、よりグラフィックス処理性能が求められていた。

◆岐阜県庁様:導入効果
NVIDIA vPC+NVIDIA M10を採用、1GBのvGPU(仮想GPU)を割り当てて快適なWeb 会議やテレワークを実現。職員が在宅勤務で利用するVDI接続端末から閉域ネットワークでアクセス、VDI接続端末にはデータは残らない。外部データセンターと県庁舎内のLGWANも閉域ネットワークで結ばれ、安全な接続経路が確保されている。 「通常は新しいシステムが稼働すると何らかの改善依頼が届くのですが、そうした要望があがってこないので、それが最大の評価だと受け止めています」

◆導入ソリューション:NVIDIA DX推進仮想基盤
NVIDIA vGPU-VDI:https://bit.ly/NVIDIA-vGPU-VDI-201110
NVIDIA 仮想 GPU (vGPU)技術により、テレワークのパフォーマンス改善、プロフェッショナルユーザーも対象とし、幅広い業種に広げます。
いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、確かな性能と作業環境の利用を可能にする働き方を実現します。

◆こんなお悩みありませんか?  <パフォーマンス改善希望の相談が多い操作>
・理由がわからないがCPU負荷が高い。すべての操作が遅い。
・Web会議を利用すると遅くて使えない。(MS Teams、 Zoom、Cisco Webex、Skype等)
・WebカメラをONにして使えない。パソコンとスマートフォン or タブレットと2台同時に使わないと利用できない。
・Webブラウザで利用する、業務システムや公開情報、Google Mapなどの表示が遅い。
・オフィスソフトの編集が遅い、グラフがすぐに表示されない。文字が遅れて入力される。
・eラーニング、議会中継、観光情報などの動画再生時、画面がカクカクする。音と画面が合わない。
 ・都市整備や建築・土木、インフラやまちづくり、防災や危機管理、教育や観光レジャーなど、AIや3Dグラフィックスを利用する作業環境は固定された席や場所でしか作業ができない。

■導入実績
導入実績:名古屋市役所、岐阜県庁、その他、多数の導入実績がございます。
※現在も複数の自治体様でのご導入、ご相談が進行中です。

■導入方法
自治体様の業務内容や利用方法によって、最適なご提案が必要です。
まずはお気軽にエヌビディア(NVIDIA)にご連絡くださいませ。

■ダウンロード可能な資料詳細
◆岐阜県庁様_DX推進仮想基盤_NVIDIA_vGPU-VDI導入事例 
岐阜県庁様のインタビュー内容が満載です。ぜひご一読ください。
・岐阜県DXで1,400名の職員の柔軟な働き方推進にNVIDIAのvGPU-VDIが貢献
・チャレンジ:岐阜県DXとテレワーク環境の整備に向けた取組み
・ソリューション:システム整備における課題を3 パターンで解決

 

 

社名 エヌビディア合同会社
設立 1993年
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館12F
事業内容 1999年にNVIDIAはGPUを発明し、現代のコンピューター グラフィックス、ハイパフォーマンス コンピューティング、そしてAIを再定義しました。また、NVIDIAの仮想化プラットフォームの開発により、さまざまな産業における生産性の効率化を向上させています。
URL https://www.nvidia.com/ja-jp/
問い合わせ
メールアドレス
NVJ-Inquiry@nvidia.com