全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

エヌビディア合同会社様

エヌビディア合同会社

NVIDIA仮想GPUで自治体業務の生産性を向上する
 

自治体の情報セキュリティ対策である三層分離の環境や働き方改革で導入が加速するテレワークの手段として、仮想デスクトップ(VDI)や仮想アプリケーション(SBC)が普及している。しかし、さまざまな形でテレワークが進む今、その課題が浮き彫りになってきました。Web会議や動画、Webブラウザなどが快適に動作しない。グラフの表示やPDFの閲覧などが遅い。高性能PCでCADなどを利用する都市整備やまちづくり、BIM/CIMを利用するインフラやエネルギー管理、災害や防災、教育や医療などテレワークができない業務も判明してきました。これらのテレワークの「遅い」と「できない」を改善するお手伝いをします。

自治体通信の掲載記事

2021-02-25
テレワーク時の「遅い」を改善する、グラフィックス処理装置の実力
いま自治体にも本格的なテレワーク時代が到来している。これに合わせて、仮想化やクラウドといった新たな技術の導入が加速し、情報セキュリティの強化といった環境整備も進んでいる。一方で、半導体開発の大手、NVIDIA(エヌビディア)の後藤氏によると、「CPU負荷の増大により、Web会議やブラウザ、Officeアプリなどのパフォーマンス問題が顕在化し、業務の生産性を大きく低下させている」との課題もあるという。課題の背景とその解決策について、同氏に聞いた。

投稿記事&ブログ

2022-06-20
セキュアバーチャルワークスペースでテレワークのパフォーマンス改善 行政DXでデジタル活用を加速する手段とは
中央官庁・自治体様向けに株式会社日立システムズ、デル・テクノロジーズ株式会社、 エヌビディア合同会社でウェビナーを開催させていただきます。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 NVIDIA vGPU(仮想GPU)
サービス概要 パフォーマンス改善、コスト効率、集約率向上で戦略的DXが可能
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX、公共インフラ、経済・産業
導入実績 岐阜県庁様他、数十件の自治体で導入実績有
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 エヌビディア合同会社
設立 1993年
本社所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館12F
事業内容 1999年にNVIDIAはGPUを発明し、現代のコンピューター グラフィックス、ハイパフォーマンス コンピューティング、そしてAIを再定義しました。また、NVIDIAの仮想化プラットフォームの開発により、さまざまな産業における生産性の効率化を向上させています。
URL https://www.nvidia.com/ja-jp/