全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

富士通Japan株式会社

富士通Japan株式会社

誰もが豊かさを実感できる社会の実現に向けて
 

デジタルガバメントの目的は「社会課題を解決し、人々が“心の豊かさ”を感じられる社会を創ること」だと考えています。それには利用者視点に立った課題発見と、使いやすさにこだわった問題解決アプローチが不可欠です。トラストを軸としたデジタル技術を活用し、官と民が連携して新しい公共サービスを創るとともに、社会全体のDXを推進する。私たちは同じ志を抱く仲間たちと豊かな未来を共創していきたいと考えています。

自治体通信の掲載記事

2022-12-06
AIを活用した検索ツールの導入で、戸籍届書の処理時間を大幅に削減
自治体における窓口業務のなかでも、特に戸籍に関する業務はさまざまな法令や規則、届出事例に照らして審査および判断をしなければならない。そのために必要な情報を、大量にある紙の資料から探すケースが多く、そのことが職員の大きな負担となっている。そうしたなか、資料探しにAIを活用した検索ツールを導入したのが品川区(東京都)である。導入の経緯やその効果について、戸籍住民課の澤氏に聞いた。

ソリューションの詳細

2022-12-01
富士通Japan株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 MICJET電子書籍AI検索サービス戸籍 ■ソリューション概要 「MICJET電子書籍AI検索サービス 戸籍」は、戸籍窓口業務における審査・判断のための調査を”AI”を活用した「電子書籍検索サービス」でサポートします。 戸籍事務は関係法令が多く、生活様式の多様化に伴い複雑な事例が増えており、自治体が行う業務の中でも特に専門性が高い業務の一つです。一方、自治体では一定周期で人事異動があるため、職員が戸籍事務の知識を効率よく習得することが課題となっております。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 MICJET電子書籍AI検索サービス戸籍
サービス概要 「MICJET電子書籍AI検索サービス 戸籍」は、戸籍窓口業務における審査・判断のための調査を”AI”を活用した「電子書籍検索サービス」でサポートします。
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 富士通Japan株式会社
設立 1947年4月23日
資本金 122憶2000万円
代表者名 砂田 敬之
本社所在地 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 (汐留シティセンター)
事業内容 自治体、医療・教育機関、および民需分野のソリューション・SI、パッケージの開発から運用までの一貫したサービス提供。AIやクラウドサービス、ローカル5Gなどを活用したDXビジネスの推進。
URL https://www.fujitsu.com/jp/group/fjj/