全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

FCNT株式会社

FCNT株式会社

未だかつてない「つながり」を創造する
 

急速に進むデジタル社会。 あらゆる住民がデジタル化の恩恵を享受し、便利且つ豊かな生活を送ることができる行政サービスの提供を自治体には求めれていますが、デジタルサービスを推進すると生じるのがデジタルデバイド。 特にデジタルリテラシーが低いシニアに対する配慮が必要不可欠です。 この課題に対し、当社がシニア向けスマートフォンを開発してきた強み、そして、らくらくホン時代から開催する教室実績とノウハウを詰め込んだ「スマートフォン講座」で解決します。 シニアの方々にとって、スマートフォンが‟より身近な存在”になり、”より快適な生活”が送れるようにします。

自治体通信の掲載記事

2022-02-22
「参加方法が選べる」スマホ講座で、高齢者のデジタル格差解消を
多くの自治体で行政サービスのデジタル化が進み、住民がオンラインで各種手続きを行える環境は整いつつある。これに対し、高齢者のデジタル・デバイド(デジタル格差)解消に向けたサービスを手がけるFCNTの阿子嶋氏は、「デジタル化が進むほど、必然的にデジタル・デバイドは深刻化し、その影響は行政サービスにもおよんでいる」と警鐘を鳴らす。デジタル・デバイドはいかに解消すべきなのか。その方法を同氏に聞いた。

ソリューションの詳細

2022-04-13
FCNT株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細
■ソリューション名 端末メーカーならではの集合型スマホ講座 ■ソリューション概要 『集合型スマホ講座』はらくらくスマートフォンの開発・製造を担うFCNTが運営する『らくらくコンシェルジュ』のサービスメニューであり、デジタルデバイドの解消に貢献致します。 シニアの方からスマホを買ったはいいが、「使い方が分からない」「何を聞いていいのかさえ分からない」というお困りごとをよく聞きます。
その他の記事一覧はこちら

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 端末メーカーならではの『集合型スマホ講座』
サービス概要 『集合型スマホ講座』はらくらくスマートフォンの開発・製造を担うFCNTが運営する『らくらくコンシェルジュ』のサービスメニューであり、デジタルデバイドの解消に貢献致します。
行政カテゴリ 情報政策・自治体DX、住民生活・安全、健康福祉
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 FCNT株式会社
設立 2016年2月1日
資本金 91億6500万円
代表者名 田中 典尚
本社所在地 〒242-0007 神奈川県大和市中央林間7-10-1 三機大和ビル
事業内容 FCNTはスマートフォンを中心とした、プロダクト、ソリューション、サービスを提供しています。

■プロダクト
1991年発動の携帯事業は2021年で30周年、らくらくシリーズ20周年、arrowsシリーズ10周年を迎え、これらの実績を元に今後もお客様に寄り添った製品を開発、製造してまいります。

■ソリューション
エッジAIと5Gを駆使したソリューションを提供します。
例:エッジAIカメラにより、高速道路での逆走を検知・アラート発報し、事故の抑止を図る等。

■サービス
国内最大級(会員数約250万人)のシニアSNS「らくらくコミュニティ」を運営し、シニアの方々へ交流の場を提供しています。
URL https://www.fcnt.com/