全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

日鉄エンジニアリング株式会社

日鉄エンジニアリング株式会社

その情熱で、先端へ。
 

日鉄エンジニアリングの都市インフラセクターでは、国土強靭化に寄与する免震・制振デバイス製品を保有しています。 中でも、鉄に対する当社知見を活かした免震装置「NS-SSB」は、従来製品とは大幅に異なる特徴を有していることから、 免震構造の適用範囲を大きく広げ、多くの自治体の庁舎や病院の免震建物に採用されています。
また、学校、データセンター、オフィスビル、物流施設、マンションなど、様々な用途にも導入実績がございます。  施設の防災・減災性能の向上をお考えの際には、ぜひ日鉄エンジニアリングの免震・制振デバイス製品の導入をご検討ください。

自治体通信の掲載記事

2021-03-31
被災後「直ちに」機能するために、最重要課題は「免震構造の選定」
未曾有の大災害となった東日本大震災からこの3月で10年が経過。この間、自治体の防災・減災対策、特に地震対策は大きく進み、免震構造を導入する自治体が増えている。大館市(秋田県)もそうした自治体のひとつだ。同市では、まもなく運用が開始される新庁舎において、「新たな免震構造」を導入したという。どのような検討を経て、導入を決めたのか。同市新庁舎建設推進室の菅原氏に、話を聞いた。

ダウンロード可能なサービス概要・資料

サービス名 庁舎の地震対策
行政カテゴリ 防災・危機管理、公共インフラ
導入実績 秋田県大館市
この資料をダウンロードする

会社概要

社名 日鉄エンジニアリング株式会社
設立 2006年(新日本製鐵(現日本製鉄)のエンジニアリング事業部門が分社)
資本金 150億円
代表者名 代表取締役社長 石倭 行人(いしわ ゆきと)
本社所在地 〒141-8604 東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル
事業内容 ●製鉄プラント
原料・製鉄、製鋼、連続鋳造、加熱炉・圧延、鋼板処理
●環境・エネルギー
廃棄物発電プラント、下水汚泥固形燃料化システム
オンサイトエネルギー供給、養生風力、バイオマス発電、地熱発電関連プラント、省エネ型二酸化炭素回収設備、
電力ソリューション、パイプライン、バイオマスエタノール、電力向け改質炭製造技術、パームトランク、石油・天然ガス開発施設
●都市インフラ
総合建築、システム建築、特殊鉄構・空間構造、免制震デバイス、土壌・地下水浄化、
海洋インフラ整備(沿岸・港湾・洋上空港)、橋梁商品
●事業創出
大規模沖合養殖システム、海底資源開発
URL https://www.eng.nipponsteel.com/