全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

情報資産の流出を防ぐ!適切なデータ消去 - アドバンスデザイン株式会社提供

■ソリューション名
情報資産の流出を防ぐ!適切なデータ消去

■ソリューションの概要
総務省から発表された「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」。
実際に自分たちはどのようにデータ消去を行えば良いの?そんな声にお応えします。

■ソリューションの詳細
お客様がデータを抹消したい機器・台数・期間・予算に応じて最適なデータ抹消手法をご案内します。

2019年12月に発生した、自治体の廃棄委託先によるデータ漏洩事件以降、総務省におけるワーキンググループや有識者会議で議論が進み、2022年3月「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」が再改定。

再改定後の「情報資産の廃棄やリース返却」方法では、取扱う情報の機密性に応じた”データ抹消” を実施し、確実な履行を担保する必要性が説かれています。

◆こんなお悩みありませんか?
・データ消去の必要性は感じつつも、どこから手をつければいいのかわからない
・データ消去手法が色々あって、自分たちにあった消去方法がわからない
・リースPCのデータ消去はどうすればいいの?
・総務省ガイドラインはどのように解釈すればいいの?

◆本ソリューションで解決できる課題
アドバンスデザインでは、全国各地の地方自治体だけでなく、データ消去事業を営む一般企業、官公庁に各種データ消去製品の導入からサポートまでを一貫してご提供しております!

お客様の環境に合わせた最適なデータ消去方法をご提案いたします!

■導入実績
神奈川県、藤沢市、横須賀市、富山市、その他全国100自治体以上への実績あり

■導入方法
・その他資料の送付も行っております。ご要望ございましたら合わせてお申し付けください。
・差し支えなければお困りな点をヒアリングさせていただき、後日弊社より提案をさせていただきます。

■ダウンロード可能な資料詳細
◆新ガイドラインに準じたデータ抹消機器のご案内
1.アドバンスデザイン会社紹介
2.自治体向けデータ消去の基礎知識
3.適切なデータ消去機器の選択
4.各製品のご紹介
5.各製品のご参考価格

社名 アドバンスデザイン株式会社
設立 1995年6月16日
資本金 3億6460万円
代表者名 代表取締役社長 瀧 伸一
本社所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-6-6 ニッセイ神田須田町ビル 7F
事業内容 1995年、日本で最初のデータ復旧専門企業として創業。
2000年頃より、"データ復旧のプロでもデータ復旧できない"データ消去のご相談を受け、データ消去ソリューション事業を本格化。

国内では唯一のデータ復旧業者による、「データ消去ソフト」「磁気データ消去装置」「物理破壊機」の製品製造・販売を手掛けており、アドバンスデザイン製のデータ消去機器は、国内のデータ消去サービス提供事業者や海外複数国のデータセンターでご活用いただいております。
【主な事業】
データ復旧サービス
データ消去製品製造、販売
データ消去サービス
データ変換サービス
URL https://www.a-d.co.jp/