全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

【石川県小松市の事例】公用車管理のDX化推進とEVを活用した地方創生について【好評につき再配信!】

f:id:n-tanuma:20211021101744p:plain

こんな方におすすめ:
・社用車の業務効率化について取り組んでいる方
・コスト削減にお悩みの方
・EV(電気自動車)導入を検討している方


煩雑な車両管理業務を効率的に行いたい、移動に関する営業効率を上げたい、コロナ禍において社用車の稼働率が気になる、EV導入に興味はあるが何から始めればよいかわからないといったご相談をよく伺います。
今回のウェビナーでは、こんな悩みを纏めて解決するための方法をご案内いたします。

登壇者

f:id:n-tanuma:20210827120203j:plain


住友三井オートサービス株式会社
モビリティソリューション推進部
グループマネージャー
福谷 奨吾Shogo Fukutani
2006年入社後、オートリースの営業として従事。 2018年よりモビリティ分野のプロジェクトにも参画。 商品開発部に異動後、マスタ関連の開発に携わり、現在はモビリティサービスの販売推進に従事。

ウェビナーアーカイブ詳細

タイトル
社用車管理のDX化推進とEVを活用した地方創生について

参加費
無料

ご登録後に視聴用URLがメールで届きます。