全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

出身地トークでオンライン会議を盛り上げませんか?

f:id:jichitaitsushin:20210602182249p:plain

出身地トークでオンライン会議を盛り上げませんか?

参加者同士が初対面の研修では、会話のきっかけも、つくりにくいもの。そこで名刺アプリ「Eight」では、研修前のアイスブレイクに着目しました。ご用意したのは、47都道府県のバーチャル背景。今回は、日頃から社員のオンライン研修に注力している日本航空より、各県のオリジナルスタンプを提供いただきました。「出身地トーク」なら、初対面の相手ともきっと話しやすいはず。ご自身の出身地の背景を使ってみてください。

都道府県バーチャル背景を作成

f:id:jichitaitsushin:20210602182246p:plain

ご自身の出身地を選んで、バーチャル背景にできます。作成は、PC版Eightでのみご利用いただけます

このバーチャル背景は、 日本航空(JAL)の協力のもと、 誕生しました

日本航空(JAL)は、社員全員がJALフィロソフィと呼ばれる全員が持つべき意識・価値観・考え方を学び、お客さまに最高のサービスを提供し企業価値を高めるために、年に数回、社内研修を行っています。

しかし、バックグラウンドが異なる社員たちは、そのほとんどが初対面。どうしてもギクシャクしがちになるので、アイスブレイクの時間に、心を通わせ、腹を割って話せる状態をつくることをとても大切にしています。

そのアイスブレイクのテーマとして、よく使われているのが「出身地」。お互いを知るために、「出身地」は聞きやすいし答えやすい、もっとも「ちょうどいい」テーマなのだとか。

社員数が多くても、全社員が一丸となりベクトルをあわせて進む文化の醸成は、研修の前のアイスブレイクが最初の一歩なのかもしれません。

また、機内においても初対面のお客さまとお話しする際、何か会話のきっかけになればとの想いから、国内線に乗務するすべての客室乗務員が、自身に縁(ゆかり)があり、最も親しみを感じる都道府県の形をデザインした「縁(ゆかり)都道府県バッジ」を着用しています。

今回Eightでは、こうした同社の考え方からヒントをいただき、47都道府県のバーチャル背景をつくりました。バーチャル背景で使用しているイラストも、客室乗務員の「縁(ゆかり)都道府県バッジ」に使われている日本航空(JAL)オリジナルのものです。