全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

2021年総括~会計業務DXの実証実験まとめ~(事業者からの受取請求書の電子化)

f:id:n-tanuma:20220119144643j:plain

皆さま、明けましておめでとうございます。株式会社インフォマートの村田と申します。

※参照:自治体支援企業&サービス一覧 株式会社インフォマ―ト



改めて会社概要・どのような領域で自治体の皆さま・地域課題にお役立ちできるか
ご案内させて頂こうと思います。

会社概要

f:id:n-tanuma:20220119150249j:plain

株式会社インフォマートは、1998年に設立したシステム会社です。
事業として「BtoBプラットフォーム」というクラウド型電子商取引基盤の運営 を行っております。

自治体の皆さまに向けては以下3サービスをご提案・ご利用頂いております。

「BtoBプラットフォーム請求書」
➡受け取る請求書を電子データで一元管理

「BtoBプラットフォーム契約書」
➡契約書の締結・管理を電子データで一元管理

「BtoBプラットフォームTRADE」
➡見積/発注/請求までを電子データで一元管理

自治体様へのご提案内容

f:id:n-tanuma:20220119150412j:plain

「紙の請求書・見積書・契約書の手続き」に関して、事業者から電子化できれば社会全体の電子化の普及にも繋がり、自治体様・事業者ともに根本な課題解決が図れ、 お互いにメリットを享受できるものと思います。

会計業務DXの実証実験まとめ

f:id:n-tanuma:20220119150442j:plain

昨年度、電子化の実証実験をともに進めた自治体の一覧となります。
詳細は過去のメールマガジンでも配信しておりますので、ご確認いただけますと幸いです。

※参照
①神戸市(兵庫県)
インフォマートが「BtoBプラットフォーム 請求書・契約書」を使った 神戸市における実証実験実施!

https://www.jt-tsushin.jp/article/infomart-release-kobe-202107/



②奄美市(鹿児島)
【実証実験】インフォマートと鹿児島県奄美市が電子請求書の実証実験を開始
~「BtoB プラットフォーム 請求書」を活用した間接業務の効率化とペーパーレス化を目指す~

https://www.jt-tsushin.jp/article/infomart-service-20211220/



③鹿屋市(鹿児島県)
【実証実験募集!】インフォマートと鹿児島県鹿屋市が電子請求書(受取)の実証実験を開始
~会計業務の効率化とペーパーレス化を目指す~

https://www.jt-tsushin.jp/article/infomart-service-20211111/

ご相談窓口

本年度も自治体の皆様の声に耳を傾け、DX推進、そして地域全体の効率化へ向けて、
ご提案と情報発信を続けていく所存です。引き続きよろしくお願いいたします。

「地域課題の解決」「実証実験の事例」などご相談を承ります。
お気軽にご連絡くださいませ。

◆ご連絡先
株式会社インフォマート デジタルガバメント事業室
〒105-0022 東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
TEL:03-5776-1146    
URL: https://lp.infomart.co.jp/government
担当:government@infomart.co.jp

 

会社概要
商号 株式会社インフォマート
代表取締役 代表取締役社長 中島 健
事業内容 BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
本社 東京都港区海岸1-2-3汐留芝離宮ビルディング13階
設立 1998年(平成10年)2月13日
資本金 32億1,251万円(2021年6月末現在)
社員数 610名(正社員508名/派遣102名)(2021年9月末現在)
上場市場 東京証券取引市場第一部(証券コード2492)
HP https://www.infomart.co.jp