全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

【定期コラム 第二回】神戸市エバンジェリストの役割 神戸市 チーフ・エバンジェリスト 明石 昌也 氏


自治体DX「友だちの輪」談話室では各自治体や地域において、先進的な取り組みをされているゲストに定期寄稿を頂いています。今回は神戸市チーフ・エバンジェリスト明石 昌也さんに2回目の投稿をいただきました!

なるほど、、このコラムを読むと、あらためて地域や自治体がスタートアップ企業支援もしくは協業を推進すべき理由がわかった気がします(早く続きが読みたい…)。


神戸市エバンジェリストの役割

こんにちは神戸市チーフ・エバンジェリストの明石です。前回のコラムに続きまして、今回は神戸市におけるエバンジェリストとしての役割、活動内容についてお話したいと思います。

一言で言うと、「東京ではない地方都市にスタートアップ企業が参画するイノベーションのエコシステムを創出する」活動です。

そのために、神戸市が先駆者としてこれまで取り組んできた活動を伝道し、さらに先をいく活動に広げていくのが仕事です。

前回のコラムにて、神戸市に入る前までずっとIT業界で仕事をしてきたとお伝えしました。日本の大企業2社と米国シアトル発と京都発のスタートアップ企業でぼくは働きました。ほぼすべての期間、この業界のイノベーションの最前線の分野で仕事をしてきたと言えます。

そんなぼくがIT、デジタル分野においてイノベーションの最前線がどのように技術の相互的な進化で起きてきたのかを、俯瞰したのがこの図になります。 

この図は地域と関わる仕事をはじめた時から、使うようになりました。当初は、GAFAという言葉も今ほど浸透していなかったこともあって、理解されにくかったようですが、最近は「なるほど」と言ってくれる方も増えてきました。

詳しくはまた改めて説明します。まずは簡単に説明すると、イノベーションの最前線は90年代のビジネス空間のデジタル化からはじまります。そして2000年代からの生活空間のデジタル化。ここで現在のGAFAやGAFAMといわれるテックジャイアントの時代になります。

金子勇のすごいところの一つは、GAFAが隆盛してくるより先にこの日本で消費者主導型のイノベーションをたった一人で、100万人をこえるユーザーを巻き込んで、「逮捕されるまで」やり続けたことです。

そして現在が社会空間のデジタル化にシフトしています。詳しく今は説明しませんが、SDGsやサーキュラーエコノミー、メタバース、ウエルビーイング、Web3といった最近のバズワードもこの文脈で見ると一過性の概念ではないと理解できます。

地域課題とビジネスの相関

以前はこういった社会課題や地域課題解決型の新規事業がなかなか理解を得にくかったと言いました。当時は「地域課題解決=社会貢献」という文脈で見られがちで、「お金にならない慈善事業をベンチャーがやるのか?」ともよくあちこちで言われました。

資本提携した事業会社にも実証実験の予算を「そういうのはCSR部門でお金出して貰えば?」などという反応がほとんどでした。 最近ではCSRからCSV(Creating Shared Value)という概念が日本でもようやく定着してきました。

ようやく社会課題解決こそが大きなビジネスチャンスであるというのも一般常識になってきました。このためのPOC(実証実験)の重要性もようやく浸透しつつあります。

7年前ぐらいからこの実証実験をいくつかの自治体とやるようになります。そこで、地域もそれも高齢化や人口減少が進んでいる地方都市に行くほど、ここにあるような差し迫る地域課題を実感しました。

これは神戸のような大都市を含めて濃淡はあれど、日本全国の共通課題ということも学びました。

課題の最前線にいる地域の課題をテクノロジーで解決することこそがイノベーションによる価値を生む。日本にとってもこの地域課題への取り組みが…

コラムの続きはこちら!
「自治体DX 友だちの輪」運営:株式会社猿人
所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-7 ラ・ベリテAKASAKA 4F
URL https://www.ape-man.jp/