全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

【定期コラム 第一回】神戸市エバンジェリストってどんなひと?? 神戸市 チーフ・エバンジェリスト 明石 昌也 氏


自治体DX「友だちの輪」談話室では各自治体や地域において、先進的な取り組みをされているゲストに定期寄稿を頂いています。
今回のコラムは神戸市チーフ・エバンジェリストの明石昌也さんにコラムを執筆いただきました!日本・外資系IT企業の最前線を走りながら、自治体とのつながりを持ち、地域課題に取り組んできた明石さん。それはそれは面白い経歴の持ち主なのです!!

明石さんに執筆いただく第一回コラムは、明石さんの自己紹介とあわせて、神戸市のエバンジェリストについてお話しいただきました。


西宮出身の神戸市で働くエバンジェリストの明石です

はじめまして。
 先月から「自治体 DX 友だちの輪」に参加しました。今月から定期的にコラムを書かせていただくことになりました。コラムを書くなんて人生で初めてのことです。果たして面白い話題をみなさんに提供することができるのか、正直言って自信はありません。
それでも、せっかくの貴重な機会です。波瀾万丈も言い過ぎではない人生経験と、ユニークなビジネス体験をこれまで積み重ねてきました。そんなぼくにしか語れないこともあると思います。 思い切って、この機会にそれらを語ってみようと思います。

 神戸市の隣接する西宮市のぼくは出身です。甲子園球場にとても近いところに実家があります。幼い頃から阪神タイガースのファンでした。もの心ついた頃が江夏・田渕の黄金バッテリー時代という年齢です。神戸の地理をよくご存知の方には、「西宮出身の神戸で働く明石」と言うとすぐに名前を覚えていただけます(笑)

*芦屋と関係はないけど、西宮と神戸は山側で隣接。それにしても神戸は広い!

 ただ、実際に働く職場は神戸ではなく東京の丸の内です(ややこしいですね)。神戸の先進的な取り組みを東京に集積する企業や公的機関などさまざまな方に知ってもらい、関心を持ってもらう。そして神戸のさらなる先進的な取り組みに巻き込んでいくのがぼくの役目です。

なんだかんだ東京で働くようになって20年以上になります。その前は東京の大学を卒業した後、地方の工場勤務でした。だから地元の神戸に回帰するのは(職場は東京なので回帰と呼ぶ)、なんと高校を卒業して30年以上も経過してのことです。ただ、7年ぐらい前から東京で働きながらさまざまな自治体と仕事をさせていただくようになっていました。

日本が産んだ不正出の天才プログラマー金子勇に導かれて

 この地方の自治体と仕事をするようになってからです。昔からぼくのことを知っている人からも、新たに知り合った人からもよく聞かれることがあります。

「なぜ、明石さんは地域の仕事をするようになったのですか?」という質問です。

「日本が産んだ不世出の天才プログラマー金子勇の導きである」と、その度にぼくは答えることにしています。

 ちなみに認知がまったくない会社や商品をブランディングする手っ取り早い手法をスタートアップ企業で学びました。対象となる人の心の中に普段からあるものに重ね合わせる(ポジショニングする)ことです。自己紹介するときに、相手に印象をつけるこの方法がぼくには5つあります。もちろん相手によってそれは使い分けます。

一つは最初の自己紹介で使った「西宮出身で神戸で働く明石」です。

もう一つが「天才プログラマー金子勇をWinny裁判中から支え続けた盟友の明石」になります。

ぼくは神戸市の職員になる前に約30年間・・・

コラムの続きはこちら!

 

「自治体DX 友だちの輪」運営:株式会社猿人
所在地 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-5-7 ラ・ベリテAKASAKA 4F
URL https://www.ape-man.jp/