全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

2022-09-01から1日間の記事一覧

株式会社PFUが提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名AI-OCRソフトウェア DynaEye ■ソリューション概要DynaEye(ダイナアイ)は高精度な文字認識を実現するAI-OCRソフトウェア製品。自治体で多く取り扱う認識困難な手書き文字を高精度に読み取ります。「DynaEye」は、高精度な文字認識で業務シ…

「補助金給付事務パッケージ」の詳細

■ソリューション名迅速な支給を可能にする「補助金給付事務パッケージ」 ■ソリューション概要「補助金給付事務パッケージ」は、事務局運営からシステム構築・運用、審査体制、コールセンターを一社で提供し、補助金をよりスムーズに支給するための自治体支援…

株式会社サイバーエージェントが提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名サイバーエージェントの自治体DXの取組み ■ソリューション概要AIによる電話応対の自動化、ホームページ制作支援、カメラデータとAIを用いた観測業務の自動化、窓口業務のオンライン化などの支援を行っています。・ホームページを最新のデザ…

【対談:福井県×サイバーエージェント】サステナブルな地域社会へ向けた、未来志向の行政DX

昨今、耳にしない日はないDX。当社では小売・行政・医療の分野をはじめエンターテインメント業界でもDX推進を支援しています。2020年に立ち上げた行政DX専門組織※1では、「誰一人取り残されない」行政のDX支援を目指していますが、本記事では、行政におけるD…

GovTech開発センター、AIによる交通量解析サービス「センサスAI」の提供を開始

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証プライム市場:証券コード4751)は、官公庁・自治体のDX推進支援を行う専門開発組織「GovTech(ガブテック)開発センター」において、 AIによる交通量解析サービス「センサスAI…

ディーリンクジャパン株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名平時・災害時Wi-Fiソリューション ■ソリューション概要クラウド型ネットワーク管理サービス「Nuclias Cloud」は、設定を多拠点・多台数の機器に一斉適用可能なことから、簡単に避難所Wi-Fiとして展開ができます。DBA-X2830Pは、高速無線LAN…

株式会社MARUKUが提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名mawaru for LINE ■ソリューション概要「mawaru for LINE」はLINEの機能を拡張したデジタルスタンプラリー形式の集客ツールです。従来紙で実施していたスタンプラリーですが、「デジタルスタンプラリーサービス」では、スマートフォンひとつ…

株式会社オフィスバスターズが提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名オフィス家具・OA機器買取サービス ■ソリューション概要不要になった、オフィス家具・OA機器類などは、全て買取対象となりえます。廃棄物の価値を見直し、リユース品や資源として弊社が買い取ることで、廃棄にかかっていた費用の削減が可能…

CTCシステムマネジメント株式会社が提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名プリザンターテクニカルコンサルティング■ソリューション概要ローコード開発ツール「プリザンター」の導入検討から適用業務の選定支援、実装方法の提案や開発・運用フェーズまで、様々なご相談やお悩み解決へ向けて技術者がサポートする伴…

《電子自治体エバンジェリストが3分で解説》具体的な将来像を描いて新たな改革を

【連載:自治体DX完全ガイド episode4】(電子自治体エバンジェリスト・髙橋 邦夫)自治体DXの全体像を動画で解説。第4回は、自治体DXを小手先の改革で終わらせない方策をお伝えします。視聴時間は約3分。

株式会社NTTデータ経営研究所が提供している自治体支援サービスの詳細

■ソリューション名地域における介護ロボット普及促進のご支援■ソリューション概要地域における介護ロボット普及促進のご支援では、介護ロボットやICT導入の成功事例(モデル事業所)を創出し、事例報告会やセミナーを通じた地域での成功事例の横展開をご支援…

教育現場での無線LAN整備にも、災害時への備えが重要に LAN

教育環境の高度化や観光客の利便性向上、さらには災害時の通信確保など、自治体が公衆無線LANを整備する際の目的はさまざま。活用シーンが広がるなかで、「その用途に応じたシステム選定が重要」と語るのは、多治見市(岐阜県)教育委員会の岩井氏だ。同市では…

Wi-Fiは平時活用とともに、万が一の災害時に備えられるものを

総務省では現在、平成29年度事業として「公衆無線LAN環境整備支援事業」を推進している。過去の大災害を受け、避難所での通信機能の必要性を痛感。全国の自治体で整備を強化するねらいがある。整備する自治体にはどのような視点が必要か。エンタープライズWi…