全国の自治体トップ・職員・議員に贈る自治体の"経営力"を上げる情報サイト

全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

2022-03-30から1日間の記事一覧

農業・漁業のスマート化を促進させ、産業振興と地域活性化を成し遂げる

近年、業務効率化や持続可能な経営を行うため、「スマート農業」「スマート漁業」など、一次産業にIoTを取り入れる自治体が増えている。稲作にてスマート農業に取り組んでいる豊岡市(兵庫県)と、牡蠣の養殖に「スマート漁業」を取り入れている海陽町(徳島県)…

テレワークツール見極めのカギは「セキュリティ」「一括管理」「コスト」

新型コロナウイルス感染拡大を契機に、多くの自治体でテレワークの検討・導入が進められている。三条市(新潟県)も、1回目の緊急事態宣言が発出される直前からテレワークの検討を開始。テレワークツールのトライアルを経て、令和3年1月から本格導入したという…

高齢者も使えるセミセルフレジで、窓口の安心安全と業務効率化を両立

新型コロナウイルスの感染拡大に直面して以降、多くの自治体ではさまざまな対応を迫られてきた。そうしたなか、三鷹市(東京都)では、窓口業務での住民との接触を極力減らすべく、キャッシュレス決済に対応したセミセルフレジの導入を決めたという。その効果…

自治体が企業の販路拡大を積極支援。地域経済振興策の新しいかたち

自治体が企業の販路拡大を積極支援。地域経済振興策の新しいかたち 品川区地域振興部 商業・ものづくり課 中小企業支援係 海瀬 夏希 [提供] 品川区 ※下記は自治体通信 Vol.37(2022年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。 地域経済の振興策の一環と…

地域色豊かな体験型コンテンツで、急増する「教育旅行」ニーズに応える

長引くコロナ禍を背景とした観光産業の苦境を打開するため、マイクロツーリズムの推進といった観光推進策に力を入れ始める自治体が増えている。新潟市(新潟県)もそうした自治体のひとつで、修学旅行や宿泊学習など「教育旅行」の誘致に向けたプログラムの造…

大規模災害にも耐えられる空調で、学校体育館を安心できる避難所に

災害時には、避難所となりうる学校体育館。避難する住民が安心して過ごせる環境を整備するため、体育館に空調設備を導入する動きが全国で広がっている。寝屋川市(大阪府)もそうした自治体のひとつだ。「仮に大規模災害が発生しても、稼働し続ける空調の整備…

初の「シティプロモーションアワード」で13自治体が受賞

【CPの第一人者・河井教授が語る「アワードの意味と役割」】(自治体通信Online レポート)アワードの概要のほかアワード創設者でシティプロモーションの第一人者である河井教授にアワード創設の想いや狙い等を取材。