全国の自治体トップ・職員・議員に贈る 自治体の"経営力"を上げる情報サイト

自治体のネットワークを強靭化?総務省が通達する三層分離についてわかりやすく紹介【自治体事例の教科書】

自治体のネットワークを分ける?三層分離とは 3つのネットワークがつかさどる役割と通達内容 1.個人番号(マイナンバー)利用事務系 2.LGWAN接続系 3.インターネット接続系 三層分離の見直し?令和元年の検討会 1.個人番号(マイナンバー)利用事務…

世界の先端テクノロジーを結集したカンファレンス「Macnica Exponential Technology 2021」オンデマンド配信スタート(11/25~1/14)

11/16(火)~19(金)に開催したオンラインカンファレンス「Macnica Exponential Technology 2021」。皆様より多くのご要望を頂戴し、オンデマンド配信をスタートいたしました。 最先端テクノロジーを活用した最新事例、組織や社会をリスクから守る次世代サ…

Instagramを開設! PV動画を公開! ”OSAKA子どもの夢“応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~ 【大阪府 × OSAKA MEIKAN】

大阪府が参画している公民連携の取組みの一つ、OSAKA MEIKAN実行委員会は、令和4年1月16日(日曜日)に「”OSAKA子どもの夢“応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~」を開催する。 このたび、OSAKA MEIKAN実行委員会は、“OSAKA子どもの夢”応援事業の専…

〜デジタルキーで生活を安全で快適に〜 枚方市・株式会社ビットキー 公民連携の社会実証でスマートシティ実現へ

枚方市(伏見 隆 市長)は、「スマートシティ化 『コネクト』で推進」をテーマに、株式会社ビットキー(本社:東京都中央区、代表取締役:江尻 祐樹・福澤 匡規・寳槻 昌則、資本金:12,036,920,300円(令和3年9月30日時点 資本準備金を含む)、以下:ビッ…

浜松市で学校開放事業に関する実証実験の協定調印式 〜施設予約や鍵の受け渡し、決済手続きのオンライン化・スマート化を検証〜

2021年11月30日、浜松市役所にて、鈴木康友浜松市長、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)様、パナソニック株式会社 エレクトリックワークス社様、および株式会社構造計画研究所は、学校開放事業に関する協定調印式を執り行いました。 左より、当社 会長、…

自治体が抱えるテレワークへの課題!導入の実例や対策を解説【自治体事例の教科書】

自治体のテレワーク導入率について 自治体が抱えるテレワークへ5つの課題 1.テレワークで出来る業務に限界がある 2.セキュリティ問題 3.テレワーク導入にコストがかかる 4.勤務管理・業務管理が難しい 5.就業規則や条件の変更・改定が必要 テレワ…

令和4年1月16日「“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~」を開催! 協賛企業の不二製油グループ本社株式会社・不二製油株式会社の紹介

大阪府が参画している公民連携の取組みの一つ、OSAKA MEIKAN実行委員会は、子ども達に成功体験の機会を創出することを目的に、令和4年1月16日(日曜日)、“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~(以下、本事業)を開催する。 「You…

令和4年1月16日「“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~」を開催! かけがえのない今という時間を輝かせるために。 協賛企業の株式会社アカカベが語る思い

大阪府が参画している公民連携の取組みの一つ、OSAKA MEIKAN実行委員会は、子ども達に成功体験の機会を創出することを目的に、令和4年1月16日(日曜日)、“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~(以下、本事業)を開催する。 「You…

「DX 時代におけるネットワーク強靭化と自治体情報システムの最適化について」第2回

FlexPodによるデータ漏洩&ランサムウェア対策自治体の皆さんを取り巻く環境は大きく変化していると思います。その状況について確認させていただき、それを受けて自治体の情報システムに求められる課題と、シスコシステムズとネットアップが共同で提供するソ…

自治体のチャットボット導入事例10選!活用法や用途を紹介【自治体事例の教科書】

自治体におけるチャットボットの用途 1.問い合わせ対応 2.広報活動 3.内部の実務サポート 自治体のチャットボット導入事例10選 1.【問い合わせ対応】福島県会津若松市 「LINE de ちゃチャット問い合わせサービス」 2.【問い合わせ対応】東京都港区…

プログラミング教育が導く子どもたちの未来

新学習指導要領により2022年4月から高等学校で「情報I」が新設されます 教育現場で必修化が進むプログラミング教育について、信州大学の村松先生に解説していただきます。さらにレノボ・ジャパン合同会社が東京書籍株式会社などと共同開発した「みんなでプロ…

2021年自治体・学校オンラインセミナー プレイバック

期間中、いつでも何度でもご覧いただけます 2021年に開催した自治体・学校向けオンラインセミナーの録画分を期間限定で配信します。自治体DXやGIGAスクール構想、テレワークなど、さまざまなテーマをご用意しています。 ■日時2021年12月27日(月)~2022年1月1…

【アーカイブ】NVIDIA CEOジェンスン フアンが GTC の基調講演で新しい AI テクノロジや製品を発表

11月8日から開催をしたNVIDIA主催のグローバルイベント「GTC」では毎回様々な新技術の発表をしました。今話題のあの新技術から日々利用している技術まで、幅広いアップデートをご覧いただけます。 www.youtube.com 「NVIDIA GTC」とは 2021 年 9 月 29 日、…

【事例】CG教育の未来を先取りする日本電子専門学校

最大で8枚のGPUをサポートする高性能サーバーを導入 1951年の設立以来、一貫して先進性に富んだ学科を編成し「伝統」と「革新」を融合 する教育を実践してきた日本電子専門学校。同校では「職業教育」と「キャリア教育」の2本の柱を教育方針に、産業界で必要…

自治体セキュリティ対策の見直しについて!総務省のガイドラインを分かりやすく解説【自治体事例の教科書】

自治体セキュリティ対策の新モデル 自治体セキュリティ対策における5つの施策 「三層の対策」の見直し 1.マイナンバー利用事務系の分離の見直し 2.LGWAN接続系とインターネット接続系の分割の見直し 業務の効率性・利便性向上 1.自治体の内部環境から…

行政と民間のリソースを集約し、目指すは「一歩先を行く課題解決」

複雑化、多様化する社会課題の解決を掲げ、大阪府では公民連携の促進を目的に、一元的な窓口機能を持つ「公民戦略連携デスク」を設置している。このような専門部署を設けて公民連携を強化する動きは、府内の各自治体にも広がっている。連載第7回目の今回は、…

公務員の「常識」を打破することで、地方創生をけん引する職員を育てる

市民と行政による「協創」のまちづくりを意味する「自治体3.0」という独自の概念を用いて、まちづくりを進めている生駒市(奈良県)。この概念を提唱する市長の小紫氏は、「少子高齢化が顕著になるなか、『自治体3.0』のまちづくりを進めなければ、自治体は生…

子育てと介護支援を充実させ、「コロナ後」の明るい未来を指し示す

感染力の強いデルタ株の影響により、国内で過去最大の猛威を振るった新型コロナウイルス感染拡大の「第5波」が収まりを見せつつある。しかし、「第6波」に備え依然として新型コロナウイルス感染症対策は、自治体の最重要課題だ。コロナ禍のなか、山梨県知事…

自治体のIT化における課題は?ICTの活用方法を解説【自治体事例の教科書】

自治体のIT・ICT化の現状 スマート自治体について 自治体が抱えるIT・ICT化への3つの課題 ・導入・運用コストが高い ・自治体の人材やノウハウ不足 ・費用対効果が不明確 自治体におけるIT・ICTを活用した事例 ・教育 ・医療・介護 ・福祉 ・防犯 ・防災 ・…

令和4年1月16日「“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~」を開催! SDGsを少しでも“自分ごと”として考えるきっかけに。 協賛企業の山陽製紙株式会社が語る思い

大阪府が参画している公民連携の取組みの一つ、OSAKA MEIKAN実行委員会は、子ども達に成功体験の機会を創出することを目的に、令和4年1月16日(日曜日)、“OSAKA子どもの夢”応援事業~第2回SDGsギネス世界記録チャレンジ~(以下、本事業)を開催する。 「You…

自治体でのAI導入事例7選!活用方法やおすすめの行政プログラムを紹介【自治体事例の教科書】

自治体におけるAIの導入・活用事例 ・音声認識 ・音声認識の具体的な活用例 チャットボット ・チャットボットの具体的な活用例 画像分析 ・画像分析の具体的な活用例 データ解析 ・データ解析の具体的な活用例 マッチング ・マッチングの具体的な活用例 AI O…

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《学びと気づき編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #8】(三重県 デジタル社会推進局)三重県が実施した「デジタル花咲かプロジェクト」の総括の後編。1年目職員が得た気づきや学びとは? 田中CDOもリレーコラムに登場!

「デジタル花咲かプロジェクト」の振り返り《実施結果編》

【連載:三重県流「あったかいDX」の全記録 #7】(三重県 デジタル社会推進局)今年初実施の「デジタルの日」に合わせて三重県が行った事業等の総括編。「あったかいDX」を掲げる同県独自の取り組みとは?

新潟県妙高市の市政情報配信や路面損傷等の通報受付におけるLINEの活用を支援

LINEを通じて市民から情報収集し、道路等の維持管理に活用 トランスコスモス株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)とtranscosmos online communications株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:貝塚 洋)は、2021年10月1日…

実例から学ぶ、施設のスマート管理で住民も職員もハッピーになる方法

「未来志向のDXを大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げる」ための省庁、デジタル庁が今年9月に開庁しました。民間におけるDXの活用はさまざまなフェーズで進展しており、官におけるDX活用も少しずつですが着実に始まっ…

行政アプリのおすすめサービス6選!自治体の情報をお手軽に発信【自治体事例の教科書】

行政アプリで情報の発信をお手軽に 行政アプリにおすすめのサービス ・アップ・ポータル ・マチイロ ・モバ支所 ・パーズ ・ごみスケ ・PARKFUL 行政アプリのサービスを活用するときの3つのポイント ・コストを意識する ・ユーザー像にマッチしているかを考…

【AI-OCR & 電子保管サービス】「紙で受取る」・「メールで受取るPDF」請求書の電子データ化

取引先から送られてくる請求書を、AIを駆使したOCR技術を用いて、簡単に素早く電子データに変換する「AI-OCR」とさまざまな紙帳票を電子保管(ストレージ)するサービスを提供。 「AI-OCR」を利用することで、仕様に関係なく紙の請求書をデータ化し、 「BtoB…

「DX 時代におけるネットワーク強靭化と自治体情報システムの最適化について」第1回

自治体を取り巻く環境の変化に対応するためのFlexPodとIntersightのソリューション 自治体の皆さんを取り巻く環境は大きく変化していると思います。その状況について確認させていただき、それを受けて自治体の情報システムに求められる課題と、シスコシステ…

「いっぷく駅」〜デザインの力で行動を変える〜 堺市と近畿大学が連携し、路上喫煙等マナー向上をめざすプロジェクトを開始

(写真)学生がデザインを手がけた喫煙所 堺市は、近畿大学との連携による、南海電鉄・泉北高速鉄道 中百舌鳥駅周辺での路上喫煙及びポイ捨て(以下、「路上喫煙等」)などの課題解決に向けたプロジェクトの一環として、近畿大学 文芸学部 文化デザイン学科…

定額給付金申請もkintoneでらくらく構築!

何かとニッチな業務処理が多い自治体において、電子化・オンライン化は必須です。しかし、急な政策・法案の変更などもあり、その度にカスタマイズをしていては間に合いません。 「kintone」は、アジャイル式のツールです。スクラッチやカスタマイズで構築し…

公務員に業務効率化は必要?効率化のポイントや自治体のICT導入事例を解説【自治体事例の教科書】

■公務員の業務効率化が求められる背景 ■公務員の業務効率化の必要性 ・「筋肉質な自治体」への進化 ・進むICT化、求められる業務の一体改革 ・社会保障・税番号制度の導入 ■RPAやAIによる業務効率化 ■自治体におけるICT活用の事例 ・東京都港区 ・福岡県宗像…

大阪府と小野薬品工業株式会社が健康づくり等の推進に係る事業連携協定を締結! 大阪府

令和3年11月12日、大阪府は、小野薬品工業株式会社(以下、「小野薬品工業」)とがん対策や府民の健康づくりに関する取組み等を推進し、府民のより一層の健康的な生活の実現を図ることを目的として連携協定を締結。 小野薬品工業は、享保2年(1717年)創業 …

〜脱炭素化に向けた産学連携の在り方とは〜【OZCaF Leaders Conference Nov. 2021】11月17日開催 OSAKAゼロカーボンファウンデーション

令和3年11月17日(水)、持続可能な脱炭素(ゼロカーボン)社会の構築やSDGsの具現化をめざすなか、企業や大学、大阪府及び府内市町村等の様々なステークホルダーと協働する公民連携プラットフォーム「OSAKAゼロカーボンファウンデーション」(令和3年7月2…

公務員男性の服~普通の服で好印象・信頼・清潔感は出せる

【連載:自治体職員の「装合計画」#1】(古橋 香織)自治体によってあったりなかったりする服装規定。これまで見過ごされがちだった「公務員の装い」を元東京都職員でイメージコンサルタントの古橋 香織さんが考察。

役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《後編》

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #3】(福岡市 職員・今村 寛)前回に続いて財政問題が住民に伝わりにくい理由を深掘り。“地域の主役”である住民にわかってもらうために自治体職員がなすべきことは?

役所? 首長? 住民?「自治体の経営者」は誰だ《前編》

【連載:我らはまちのエバンジェリスト #2】(福岡市 職員・今村 寛)自治体運営の本質である財政の問題が住民に理解されにくい原因と対策を考察。財政のことを、皆さん、どのくらい市民に語ることができますか?

【ICT導入事例】北海道石狩市:ワクチン接種の予約・受付システムをアジャイル開発

北海道石狩市は、新型コロナワクチン接種の予約・受付をスムーズに処理するため、業務アプリ作成システム『kintone』を使った『コロナワクチン管理システム』を導入しました。刻々と変化する国の指示に合わせて柔軟にシステムを構築。短期間でシステムが完成…

障がいの理解を深める機会の提供・ウィルチェアスポーツの普及促進など3分野にわたる包括連携協定を締結 東大阪市・株式会社ノーサイド

令和3年11月15日(月)、東大阪市(市長:野田 義和)は株式会社ノーサイド(本社:大阪府東大阪市、代表取締役:中西 良介、以下「ノーサイド」)と障がいの理解を深める機会の提供や、ウィルチェアスポーツの普及促進、災害時の医療的ケア児の支援など3分…

オール大阪で公民連携を加速させ、共創による価値創造へ 大阪府(令和3年11月15日 令和3年度 大阪府町村長会 第4回定例総会)

令和3年11月15日(月曜日)、令和3年度 大阪府町村長会 第4回定例総会にて、「公民連携の新たな展開について」を議題に、吉澤正登エグゼクティブディレクターと元木一典チーフプロデューサーが説明を行った。 冒頭、元木チーフプロデューサーから、公民戦略…

セキュリティと利便性を両立し、分離を意識しないファイル・メール運用を実現!

400以上の自治体様への導入実績をもつネットワーク分離間でのファイル授受・ファイル無害化システム『Smooth File ネットワーク分離モデル』 重要データを守るためとはいえ、日々のファイルやメールのやりとりに手間を感じることはありませんか? ネットワー…

過去の既成概念なんか吹き飛ばせ! 小さな田舎町の住民と地域のために進めるDX

どれだけデジタル化の機運が高まっても現状維持でありたい組織はあります。 確かに変わらないことが良いこともありますが、われわれはどれだけ「住民視点で考えられるか」が重要なのです。 人口1万人以下の小規模自治体こそ、DXやデジタル化の潮流から置き去…

〜サイクルツーリズムを新たな観光インフラに〜「太子町の観光事業に関する連携協定」締結 大阪府太子町×株式会社DIIIG(ディグ)

ミッションアプリ「DIIIG(ディグ)」を開発・提供する株式会社DIIIG(兵庫県神戸市中央区三宮町、代表取締役:秋國 寛)と、大阪府太子町(町長:田中 祐二)は、2021年11月1日(月)に「太子町の観光事業に関する連携協定」を締結した。 今後、協定に基づ…

地域DX推進、「東大阪ペイ(仮称)」の展開を見据えパートナーシップ協定締結 東大阪市・ユニエイム・Paidy・F.C.大阪 〜デジタルトランスフォーメーションを志向した地域の情報サイト「まちスタ」 12月1日運用開始!

令和3年11月10日(水)、東大阪市(市長:野田義和)、株式会社ユニエイム(本社:東京都港区、代表取締役社長:原口宇志、以下:ユニエイム)、株式会社F.C.大阪(本社:大阪府東大阪市、代表取締役社長:近藤祐輔、以下:F.C.大阪)、株式会社Paidy(本社…

【実証実験募集!】インフォマートと鹿児島県鹿屋市が電子請求書(受取)の実証実験を開始 ~会計業務の効率化とペーパーレス化を目指す~

今回の実証実験は、当社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」と、コンカーが提供する「Concur Invoice」を試験的に導入し、鹿屋市における請求書処理の業務プロセスの効率化とデジタル化の有効性を検証するものです。本実験により、紙による請求書の受…

【11月25日(木)15:00~】地方自治体様向けオンラインセミナー開催「マイナンバーカード交付・保育所手続きにおける活用事例紹介」

自治体DXの第一歩として、住民の来庁予約に「LINE」を活用してみませんか? 月間利用者数8,800万人を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を活用した予約受付・管理の仕組みをご説明します。自治体が実施している様々な事業に利用可能で、住民の利便性向上…

第四回 オンライン寺子屋「要介護認定のアナログ&複雑業務フロー問題に『一手』」のまとめ!

オンライン寺子屋シリーズ第四回のテーマは「自治体業務プロセスの標準化」です。2021年9月にデジタル庁が創設され、全国自治体のシステム標準化も目標として掲げられています。今回は三重県における「要介護認定業務の効率化・標準化におけるデジタル活用」…

産業振興、環境、地域の活性化など8分野で大阪シティ信用金庫と包括連携協定を締結! 八尾市

2021年10月29日(金曜日)八尾市と大阪シティ信用金庫(本店:大阪市中央区)は、緊密な連携及び協力を推進することにより、市民サービスの向上、地域の活性化及び地域社会の持続的な発展に寄与することを目的として、包括連携協定を締結。 これまでも、2013…

あなたの心はどんなタイプの乗り物?

【連載:自治体職員のための心の運転方法 #6】(寝屋川市 職員・岡元 譲史)今回は“自分の心”を可視化する方法。落とし穴を避けたり、ぐんと加速したり、シビアな状況でも上手に「心をハンドリング」するコツとは?

【千葉県船橋市】「行政窓口の多言語化」で外国人住民の暮らしに安心を

「LiveCall(ライブコール)」は、様々なビジネスや行政サービスのリモート化をサポートしている、遠隔コミュニケーションプラットフォームです。今回は、船橋市役所の外国人相談窓口の事例を中心に、LiveCallを活用して行政窓口を多言語化する方法をご紹介…

先進事例に見る自治体テレワーク「成功のカギ」とは?

【自治体の“そこが知りたい!”#1~テレワークの進め方】民間に比べて進んでいるとは言えない自治体でのテレワーク。普及のネックを探るとともに、積極推進している松本市(長野)の先進事例を紹介。