全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

自治体通信Online
[PR]

訪日外国人の行動データを知ったうえでPRしたい情報を直接届ける方法

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス  営業本部 企画1チーム マネージャー 川名 義輝
株式会社コロプラ コーポレート統括本部 新規事業開発部 おでかけ研究所 マネージャー 酒井 幸輝

[提供] 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス /株式会社コロプラ

観光施策を行ううえで、インバウンド対策はもはや全国の自治体が取り組むべきテーマだ。実際に多くの自治体が、Wi-Fiの整備や多言語対応などに取り組んでいる。そこで、訪日外国人の動態を可視化するレポートサービスを提供しているワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)とコロプラの担当者に、インバウンド対策のポイントなどを聞いた。

※下記は自治体通信 特別号(2018年4月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

対策を練るためには高精度のデータが不可欠

―自治体がインバウンド対策に取り組むための要諦はなんですか。

川名 現状の調査を行ったうえで課題を設定し、計画を立てて実行してチェックするというPDCAサイクルを回すことが大切です。そのためには、データにもとづいたマーケティングが欠かせません。

 我々とコロプラ社は、『TRAVELJAPAN Wi-Fi 』の位置情報ビッグデータを活用して、訪日外国人の動態調査レポートを提供しています。このレポートはPDCAの「P」を立てるうえで、課題設定の確度を上げる役目をはたします。たとえば、「ウチには外国人は訪れていないが隣のまちには来ている」といったことがわかれば「なぜ来ていないのか」の仮説と対策が考えられます。

酒井 施策を行うからには、当然成果が求められます。そのためには施策の精度を高めていく必要があり、「誰に」「なにを」「どのように」伝えるかというマーケティングのセオリーが求められます。だからこそ、「どこの国の人がどこに訪れているのか」などの“事実"を知る必要があります。その事実を調査・分析するのが、我々が提供しているサービスなのです。

利用者の困りごとを解決するニーズの高いサービス

―『TRAVEL JAPAN Wi-Fi』の詳細を教えてください。

川名 訪日外国人向けのアプリサービスです。ダウンロードすると、当社が日本全国20万ヵ所以上に設置しているWi-Fiスポットを無料で利用できます。また、アプリ利用者のWi-Fi接続やGPSの位置情報ビッグデータを活用して調査・分析を行う「レポートサービス」と、アプリ利用者に対して観光地やイベントの情報を配信する「コンテンツ配信サービス」を自治体や民間企業に提供しています。レポートで事実を知ったうえで、コンテンツ配信を活用し、訪日外国人に直接PRすることができます。

酒井 レポートでいうと、単に「秋葉原に訪日外国人が集まっている」だけでなく、「電気街」に来ているのか、あるいは人気の「ふくろうカフェ」なのかという詳細なデータがわかります。そのため、より効果的な施策がうてるのです。

―両社が提携した背景を教えてください。

酒井 もともと当社はKDDI社と『Location Trends』という国内の日本人を対象とした観光動態調査サービスを手がけています。その一方で、訪日外国人が年々増加しており、それに対して「先行的な仕かけをしていきたい」という自治体のニーズが多かったんです。

 『Location Trends』もそうですが、こだわったのはGPSによる精度の高い調査。その点、Wi2社は、訪日外国人のGPS位置情報の保有数は国内トップクラス。ですから、当社が提携するのはWi2社しかない、と。

川名 現時点で、アプリの累計ダウンロード数は200万を超えています。すべての方が訪日するわけではありませんが、訪日外国人全体の2〜3%の動態はとらえています。全体傾向を分析するには、有用的な数字だと自負しています。

 訪日外国人の三大困りごとは「言語」「交通」「通信」です。我々のアプリは、訪日外国人の誰もが必要とする「通信」サービスを提供しているので、利用者の属性に偏りがないのも特徴。蓄積されている過去のデータとの比較も可能なので、ぜひ活用してほしいですね。

川名 義輝(かわな よしてる)プロフィール

平成24年に株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスに入社。個人向け公衆Wi-Fiサービスの企画開発や、法人向けWi-Fiサービスの提案営業を担当。現在は、位置情報ビッグデータを活用したインバウンドのデータビジネスに従事している。

酒井 幸輝(さかい こうき)プロフィール

IT事業会社でのマネジメント経験を経て、平成22年に株式会社コロプラに入社。位置情報ビッグデータを活用した新規事業の立ち上げを担当し、観光やまちづくり関係者へのデータ活用コンサルティング活動を行っている。早稲田大学ビジネススクール修了(経営管理修士・MBA)。

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス

設立 平成19年7月
資本金 11億5,000万円
従業員数 140人
事業内容 無線ブロードバンド事業の展開、公衆無線LAN『Wi2 300』およびWi-Fiソリューションの提供
URL http://wi2.co.jp/

株式会社コロプラ

設立 平成20年10月
資本金 64億6,000万円(平成29年12月末時点)
従業員数 847人(グループ全体:1,237人、平成29年 12月末時点)
事業内容 スマートフォンアプリを中心とした国内・海外向けモバイルゲームサービスの提供、VR(仮想現実)デバイス向けサービスの提供、位置情報分析コンサルティング、スマートフォン特化型リサーチなど、その他サービスの提供
URL http://colopl.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
自治体通信カンファレンス お申し込みはこちら
pagetop