全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

宮崎県日南市 の取り組み

民間と同じスピード感で仕事をして 3年間に130名の新規雇用を創造

民間と同じスピード感で仕事をして 3年間に130名の新規雇用を創造

日南市マーケティング専門官 田鹿 倫基

「日南にオフィスをつくりたい」。いま、そう考えるITベンチャー企業が増えている。市が誘致に大きな予算を投じているわけではない。ほかの自治体とは異なり、ベンチャー企業の仕事の進め方と同じ発想・同じスピード感で市が動いてくれるからだ。そのキーパーソンが同市のマーケティング専門官の田鹿氏。就任時28歳という若さでも注目され、民間人からの登用というのも、じつにユニークだ。地方のまちが企業を誘致して雇用を増やすための処方箋を同氏に聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.(発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―田鹿さんが着任する以前、市ではどんな課題を抱えていましたか。

 人口が減っていき、それにつれて財政状況も年々悪くなっていたことです。
 同じ宮崎県でも、たとえば日向市と30年ほど前は同じくらいの人口でしたが、いまは当市のほうが1万人も少ない。日向市は港を中心に企業誘致が盛んで、それが徐々に実を結んでいます。雇用の受け皿があるので、Uターンする人が多い。だから人口を維持できる。当市はそうした手を打つのが遅れてしまったわけです。

―そんな状況のなか、田鹿さんが平成25年8月にマーケティング専門官として着任しました。ずいぶんユニークな肩書きですね。

 市長の公約です。もともと今の市長が宮崎県庁の職員だったときから交流がありました。市長選に立候補したときは、「きっと、『地元をなんとかしたい』という熱い想いがあるゆえの行動なんだろうな」と思いました。当時、私はネット広告をあつかうベンチャー企業に在籍。上海に赴任していた。帰国したおりに、予想を覆して当選し、33歳の若さで市長に就任した彼と東京・銀座で会ったんです。
 その席で、「『マーケティングができる民間人を登用する』っていうのが選挙公約だったんだけど、どうだ?」って。2秒で即決しました。「やります」と。私は宮崎県の出身。「いつかは地元に帰って、宮崎に貢献する仕事をしたい」と思っていましたから。それに、「県庁を辞めて市長選に打って出る」という決断をした市長に頼まれたら、断れないですし、ぜひやりたい!と思いました。

―市長からどんなミッションを与えられたのですか。

 「若い人たちが戻ってこない地域になっているが、日南に戻りたい人が戻ってこられる地域にしてほしい。外貨を獲得することで雇用を創出して欲しい。」それだけを指示されました。まずは「日南のことをよく知ろう」と、ほとんど毎日、ほかの職員や地元の方々と飲み会に行き、情報収集。それから企業を誘致するための施策を打っていきました。

―田鹿さんは就任時28歳と若く、民間企業出身です。そうした人を自治体が採用して新しいことをやろうとしても、ほかの職員がついていかないケースが多くあります。

 日南市では、そんなことはなかったですね。ほかの職員も非常に協力的でした。33歳の若者を市長に当選させたということは、市全体に変化を望む空気があったと考えられます。「変化する覚悟」が市の職員にあったのかもしれませんし、本当に助けられた場面がたくさんありました。

―企業誘致についての具体的な取り組みを教えてください。

 いちばんの“キモ”になったのは、「ボケて(bokete)」というスマートフォン向けの大喜利アプリとのコラボです。市の観光地や特産品、市長などの“お題写真”に対して、ユーザーにひとことボケてもらうもの。1ヵ月で約4,500件の投稿がありました。
 「自治体がこういう企画を積極的にやるのはめずらしい」と話題になりました。そのおかげで「日南市はほかと違い、柔軟な考え方をもっているんだな」と民間企業のみなさんに思ってもらえた。自治体とコラボしようと考えている企業が、まず最初に組む相手として日南市を選んでくれるようになりました。

宮崎県日南市データ

人口 5万3,392人(平成28年8月1日現在)
世帯数 2万2,587世帯(平成28年8月1日現在)
予算規模 271億9,000万円(平成28年度当初)
面積 536.11km²
概要 宮崎県の南部に位置し、東側の日向灘は全国有数のリアス式海岸で、日南海岸国定公園に指定されている。平野部では1年の日照時間が2,200時間以上。とくに冬は日照時間が長い。江戸期には、鎌倉時代に起源をもつ伊東氏を領主とする飫肥藩の城下町として繁栄。隣接する薩摩藩の抑え役として明治維新まで続いた。明治期の外交官として有名な小村寿太郎はこの地の出身。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への掲載・取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop