全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

大分県豊後高田市 の取り組み

移住で実現する夢を支援し人口の社会増180人を達成

豊後高田市 地域活力創造課 課長 川口 達也

過疎に悩む自治体職員の関心が高い❝「住みたい田舎」ベストランキング(『田舎暮らしの本』宝島社)❞において、第1回から平成28年12月末に発表された第5回まで、全国で唯一、ベスト3に入り続けているのが豊後高田市(大分県)だ。実際、平成22年から27年までに転入者数が転出者数を180人も上回り、人口の社会増を達成している。移住促進にどんな取り組みをしているのか、同市役所地域活力創造課課長の川口氏に聞いた。

❝昭和❞を再現した町で和菓子屋を開く夢をかなえた

―豊後高田市では、以前どんな課題を抱えていましたか。

 ほかの自治体と同様、私たちも人口減少に悩まされている自治体のひとつでした。市の活力は❝ひと❞が根本。「このまま❝ひと❞が減ってしまえば地域全体が活力を失い、すたれたまちになってしまう」。そんな懸念をとても強くもっていました。

―なにか対策は打っていなかったのでしょうか。

 さまざまな対策を講じていました。そのなかでも小さな過疎自治体としてどこに力を入れるかということはありました。たとえば、「教育のまちづくり」です。学校週5日制がスタートした際、都会ではたくさん私塾等があり様々な学力サポートが受けられますが本市にはそういう塾はない。これでは格差が広がってしまうということで、公営でしかも無料で塾を開校し学びの場を作りました。また、都会に比べれば収入総額も低いため、夫婦双方が働ける環境も必要であることから、子どもをもつ家庭でも安心して夫婦双方が働くことのできる「子育てにやさしいまちづくり」が必要だと、その目的を明確にしました。

 ただ金銭的補助があるからといって「移住を決意する」「移住先として豊後高田を選ぶ」決め手にはなりません。そこで暮らしていくと検討している人にとって「生活のイメージを持てる」「目的に合っている」というように受けとってもらえるためにはどうするかだと思います。

―では、なにが移住してもらうための決め手になるのでしょう。

 本市には山と海という豊かな自然とその恵み、千年を超えて伝わる文化等があり、それだけでも十分魅力になります。そして、これらの地域資源に加え、「夢がかなえられること」です。移住というのは、生きる環境を変える、人生においてとても大きなイベント。いまの環境では実現できない、かなえたい夢があるからこそ、その大きな決断をするわけです。「教育のまちづくり」や「子育てにやさしいまちづくり」は、当初から移住促進という目的ではありませんでしたが、早くから取り組み、形がしっかりできているので、そうした想いを抱く方に対し内容が伝わっていると思います。市は、それらの夢や想いをかなえるためのサポートをする。そのサポートととも言える市の定住支援施策はそれぞれの場面やケースに応じて、今では135項目にのぼります。

 たとえば、家庭菜園を楽しみたい人もいれば、新規就農を目指す人もいますよね。前者に対しては、広い敷地を格安で購入・賃貸できる空き家を紹介します。自分が家庭菜園で作った野菜等を食卓に並べ、堪能している移住者も多いです。一方、本格的に農業をやりたい人向けには、アグリチャレンジスクールの新規就農コースの中で、野菜・花き・果樹などの栽培の知識と技術、市内の直売所や農協・市場などへ販売する実務などを学ぶことができます。

―なるほど。ほかにどんな「夢」がありますか。

 本市は平成17年に市町合併を行いましたが、その時に市内全域に光ファイバーによる高速大容量の通信回線を整備しました。これにより、「東京で打合せ、事務は田舎で、その間のやりとりはパソコンで」ということが可能になりました。実際、市内から大分空港までは車で1時間ほど。1日に10本以上、羽田との往復便がありますから、午前中に家を出て、東京で打ち合わせをして、夜には帰宅できます。一方、「移住先で仕事をしたい」という人向けには、市内で起業をした人に「起業チャレンジウェルカム支援事業補助金」として75万円まで、伝統工芸や芸術などの分野での起業なら100万円までの事業資金を補助する制度があります。

―具体的な成果を教えてください。

 こうした起業支援制度の活用を含め、これまでに移住者の方により7件ほどの店舗が「昭和の町」で開店を実現しています。「昭和の町」とは、本市が一番元気であった昭和30年代をテーマに「昭和」という時代を再現した商店街のことです。もとは「犬と猫しか通らない」と言われるくらい、さびれていた商店街。それを平成13年にまちおこし事業として整備しました。「郷愁が感じられる」と評判になり、いまでは年間約40万人もの観光客が訪れる名所になりました。そして、この取り組みで本市は全国的にも知名度が上がり、それはまち全体にも自信を生みました。こうした市の活気が、移住というなかで新たな人生のステージを考えている方に対して豊後髙田の「昭和の町」でなら、店を開いてみたい─。そんな想いで、起業支援制度を活用し、移住してきてお店をやっている人たちがいます。観光客の多い町なので、商売繁盛しているようですよ。

大分県豊後高田市データ

人口2万3,144人(平成28年12月末現在)
世帯数1万589世帯(平成28年12月末現在)
予算規模148億9,362万5千円(平成28年度当初)
面積206.24km²
概要大分県北東部、国東半島の西側に位置する。周防湾に面しており、豊かな自然と温暖で過ごしやすい瀬戸内式気候に属している。平安時代には宇佐神宮の荘園として、その経済力を背景とした独特の山岳仏教文化「六郷満山文化」を発祥させ、今でも古い町並みや伝統行事など、古き良き時代を知り、触れることができる。平成13年に立ち上げた商店街「昭和の町」は全国から注目を浴びている。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への掲載・取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop