全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

自治体通信Online

大阪府守口市 /福井県越前市 の取り組み

[PR]

「人物重視」の採用試験で要件に合致した人材を採用する方法

総務部 人事課 主任 佐藤 利秀

総務部 行政管理課 主幹 山北 剛史

[提供] 株式会社日本経営協会総合研究所(NOMA総研)

自治体の採用試験において「人物重視」の風潮が高まるなか、いち早く採用試験の改革に乗り出し、求める人材を採用している自治体がある。それが「教養試験の廃止」「年4回の通年採用」を実施する守口市と越前市だ。両市の担当、佐藤氏と山北氏に試験の詳細を聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.12(2018年4月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

大阪府守口市データ

人口: 14万3,928人(平成30年2月28日現在) 世帯数: 7万1,275世帯(平成30年2月28日現在) 予算規模: 906億6,536万5,000円(平成30年度当初) 面積: 12.71km² 概要: 大阪と京都を結ぶ軸上に位置しており、大阪市に近接した交通利便性の高い都市。また、大阪府内でも早くから都市化が進んだ住宅都市であり、産業面では大手家電メーカーや多様な中小企業が集積し、産業都市としての顔もあわせもつ。

福井県越前市データ

人口: 8万3,120人(平成30年3月1日現在) 世帯数: 3万160世帯(平成30年3月1日現在) 予算規模: 604億600万円(平成30年度当初) 面積: 230.70km² 概要: 県の中央部に位置し、平成17年旧武生市と旧今立町が合併して誕生。伝統産業から電子部品などの先端産業にいたるまで幅広い産業が集積し、製造品出荷額などは県内でもトップ。

―採用試験において、守口市が行った改革とはなんでしょうか。

 従来の教養試験を廃止して「人物重視」の採用を実施したことです。具体的には応募者に「全員面接」でお会いしたうえで、特別な公務員試験対策をしていない方でも受験しやすい試験を導入しました。また、三次試験まで設け、すべてに面接を実施しました。市役所の仕事は市民との接点が多く、「人物」がなにより重要だからです。

―その改革の背景にはどのような理由があるのでしょうか。

 守口市では時代にあった新しい施策をいままで以上のスピード感をもって提供したいと考えています。この考えに共感し、ともにがんばってくれる人材を求めています。求める人材を採用するためには、多様な人材に応募してもらうことが重要です。

 そこで、多くの民間企業が実施している試験を導入しました。知識ではなく、公務員としての基本的な能力や事務処理能力、内面的な強さなどを総合的に測定できる試験です。

―試験を変えてどうでしたか。

 例年に比べて活発で、魅力的な方が多かった印象があります。民間企業や他市ではなく、守口市を選んでくれた方が最後まで残ってくれました。今回採用した12人はどの部署でも自信を持って送り出すことができます。これからも優秀な人材を確保するためによりよい採用試験を検討していきます。

―越前市が年4回の通年採用を実施している理由はなんですか。

 多様な人材を採用したいと考えているからです。私たちは公務員ではなく、市を代表する「サービス業」といった気持ちで仕事をしています。人物重視の選考をしているのもそういった理由からです。また、越前市では求める人材を獲得するために、試験時期を前倒しして採用を行っています。平成30年度は、1回目の試験を6月から4月へ前倒す予定です。

―選考はどのように行っているのでしょうか。

 二次試験まで設け、一次試験で受験者の内面の能力を見きわめる適性検査を行っています。通年で採用試験を行っているとどうしても選考のものさしが必要になってきますので、適性検査の結果を基準としています。じつは適性検査を採用している理由がもうひとつあります。

―それはなんでしょうか。

 ブレない組織をつくるためです。

 越前市はいま大量退職期を迎えています。ここ数年、毎年30人ほどの人材を採用していますが、同数の職員も退職しています。庁内には600人ほど在職していますが、30人というと全体の5%、2年間で1割の職員が入れ替わることになります。そうなると組織がガラッと変わってしまう恐れがある。越前市が掲げる「サービス業」の基準を維持するためにも適性検査が役に立っています。

「福井県」カテゴリーの記事

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

地域別ケーススタディ
課題別ケーススタディ
自治体通信カンファレンス お申し込みはこちら
pagetop