全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

香川県高松市 の取り組み

「耳」「目」「指」で学ぶ職員研修で情報セキュリティ対応スキルを強化

高松市長 大西 秀人

総務局情報政策課 課長 外村 稔哉

自治体による技術的な情報セキュリティ対策は相当に進んだが、人的なセキュリティリスクへの対策は立ち遅れがち。そんななか、高松市(香川県)では、集合研修、eラーニング、標的型メール攻撃の実習の3つを組み合わせた職員研修を実施した。その背景や効果を、市長の大西氏と情報政策課 課長の外村氏に聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.10(2017年10月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―平成28年4月、「G7香川・高松情報通信大臣会合」が開催されました。市の情報セキュリティに対する姿勢に影響はありましたか。

大西:職員の意識が高まりました。G7では21年ぶり、日本では初の会合の開催地となり、会合の成果としての文書には「Takamatsu」の名が記された。「そんな都市で、情報セキュリティ上の問題を起こすわけにはいかない」と。

―意識が高まるなか、集合研修、eラーニング、標的型メール攻撃の実習の3つを組み合わせた、日立システムズ提供の職員研修を実施したそうですね。

大西:ええ。当市では平成12年ごろから、情報セキュリティ対策について、システム面と運用面の対策を可能な限り進めてきました。しかし、システムがすべての危険を回避してくれるわけではない。人の行動が危険を招くことも。そこで職員の情報セキュリティ対応スキルを向上させる取り組みが必要と判断しました。

―研修の内容を教えてください。

外村:集合研修は部署ごとの情報セキュリティ管理者と、情報システム担当者それぞれ約100人を対象に、半日かけて実施。内容は、市の情報セキュリティポリシーの解説や、標的型メール攻撃のデモンストレーションなどです。

 eラーニングは約4700人の全職員が対象。テスト形式で情報セキュリティの基礎的な知識を習得できるカリキュラムです。そして標的型メール攻撃の実習は、職員個々の業務のメールアドレスに、実際のものを模した標的型メールを事前予告なしに送るもので、添付ファイルを開封したらアウト。これも全職員を対象に実施しました。

―現段階での研修の効果をどう評価していますか。

大西:非常に効果がありました。知識を深められる集合研修は管理者、基礎的なことを学習するeラーニングと実習は全職員と、実施対象をわけたことで、職員が日常業務を離れる時間を最小にしつつ、全職員に研修を実施できた。組織としての情報セキュリティ対応スキルを向上できました。

―職員の行動が変化したエピソードを聞かせてください。

外村:情報政策課への電話が増えました。「タイトルが空白になっている」など、不審なメールを受信すると、開封せずにいったん情報政策課に問い合わせる行動様式が根づきつつあります。

―今後、市の情報セキュリティ対策をどう強化していきますか。

大西:各局長からなるICT推進会議をもうけ、G7会合の合意事項である「情報の自由な流通とサイバーセキュリティ、相反するものを同時に進めていく」を本市でも実行していきます。

 職員研修については、今後も継続します。標的型メール攻撃の実習の成績は、第1回目はさんたんたるものだったのですが、繰り返して実施するうちに「開封せず」が100%に近づきました。また、そうした成果を外部の専門家に監査してもらう仕組みをつくることも検討しています。日立システムズにも、そうした専門家の役割を期待したいですね。

香川県高松市データ

人口 42万8,906人(平成29年8月1日現在)
世帯数 19万5,089世帯(平成29年8月1日現在)
予算規模 3,303億6,264万1,000円(平成29年度当初)
面積 375.44km²
概要 瀬戸内海に面し、香川県の県庁所在地として、また、四国の中枢管理都市として発展を続けてきた。年間を通して寒暖の差が小さく、降水量が少ない。天正16年に豊臣秀吉の家臣、生駒親正が築いた居城を「高松城」と名づけたことが市名の由来。その後、生駒氏4代54年、松平氏11代220年を通じて城下町として栄えた。明治23年に市制施行。大正、昭和、平成を通じ、これまでに8回にわたり合併を実施。平成11年、中核市に移行した。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop