全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

愛知県一宮市 の取り組み

プリント状況を可視化して「エコアクション一宮」を推進

総務部 情報推進課 主事 斎藤 仁志

総務部 情報推進課 書記 岩田 歩

ITインフラの整備に積極的な自治体が多いなか、印刷環境の整備は後手にまわってしまっているケースが少なくない。そのままにすればコストのムダにつながるばかりか、情報漏えいにも直結しかねない。このたび、一宮市(愛知県)では印刷環境を可視化するシステムを評価導入したという。同市の担当者に詳細を聞いた。
sponsored by 日本テクノ・ラボ株式会社

※下記は自治体通信 Vol.7(2017年1月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

複合機を導入する際に必要な情報が不足していた

―印刷環境において一宮市ではどのような課題がありましたか。

岩田 庁舎内で新たに複合機を配置する際、どこに設置するのか、どれくらいのスペックが必要なのかという基準が明確ではなかった点です。以前は、各課の希望や実績で判断していましたが、それだけでは複合機が適正に使われているかの判断がつきません。設置台数が多ければ便利ですが、最適化がされていなければムダなコストにつながります。情報推進課としても、効率的な配置を行うための情報が不足していました。

斎藤 以前から当市は「エコアクション一宮」という計画を定め、片面ではなく両面印刷、裏紙の有効活用など印刷枚数を減らす取り組みを全庁あげて行ってきました。さらに、コピー機のカウンターから印刷枚数を集計。複合機が導入されてからは端末からの印刷数も含めて集計し、印刷枚数を把握するよう努めてきましたが、一台を各課で共有している場合もあります。そのため、「どこの課が何枚印刷しているか」という内訳の把握まではできなかったのです。

―そんななか、印刷環境を可視化するシステムを評価導入したそうですね。ポイントはなんですか。

岩田 やはり使いやすさですね。それまで、印刷環境を可視化できるツールがあるのは知っていたのですが、当市に合ったものを探していました。日本テクノ・ラボのシステムは、たとえば一台の複合機を各課が共有していたとしても、A課、B課ごとの印刷枚数がわかり、どのように印刷したのかも把握できます。それもワンクリックくらいですぐ表示されるのが評価できる点です。

斎藤 端末側で簡単にインストールできる手軽さがあり、GUI画面も見やすく、利用状況をグラフ表示するなど、視認性が高いところも評価できるところですね。

―どんな効果を期待していますか。

岩田 いまは庁内の5階フロアのみで検証していますが、来年には全庁に導入したいと考えています。情報を収集して庁内で共有していくことで、カラー印刷が多いところは是正するように呼びかけ、個々人が、その印刷が適正かを意識することにつながれば、と。

斎藤 課ごとだけでなく、誰が印刷したかまでログが残るため、それを情報セキュリティ対策のツールとしても利用できると考えています。情報漏えいの7割がこうした印刷物が原因。危機管理の観点からも、ログをしっかり把握していきたいと考えています。

―今後の印刷環境改善の施策方針を教えてください。

斎藤 昨年度から管理職以上の職員にタブレット端末を配布したり、本庁舎の各会議室に端末とモニターを設置。さらに決裁は紙ではなくネットワーク上で行うなど、電子化・ペーパーレス化を積極的に行っているところです。今後は印刷環境がどうなっているかをきちんと把握することで、さらにペーパーレス化を促進し、コスト削減につなげていきたいですね。

 いまは段階的にステップを踏んでいるところですが、ゆくゆくは個人認証と内容監査といった積極的な印刷セキュリティ面の強化も視野に入っていくと思いますね。

愛知県一宮市データ

人口 38万6,118人(平成28年11月1日現在)
世帯数 15万5,744世帯(平成28年11月1日現在)
予算規模 2,333億7,142万4,000円(平成28年度当初)
面積 113.82km²
概要 愛知県の北西部に位置し、名古屋市と岐阜市の中間にあって、木曽の清流と温和な気候、風土に恵まれた平坦地。古くから伝統のある繊維の街として繁栄し、すでに平安時代には錦綾を生産したと伝えられている。平成17年4月1日に一宮市・尾西市・木曽川町が合併し、人口約37万人の新生「一宮市」が誕生した。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop