全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

徳島県石井町 の取り組み

[PR]
「見守りコミュニティ再興」に挑む

見守りサービスの共同実験

「見守りコミュニティ再興」に挑む

町長 小林 智仁

共働き世帯の増加による昼間人口の減少、地域活動のきっかけとなる子ども人口の減少などを背景に、地域コミュニティの衰退が指摘されて久しい。それは、子どもの登下校時などをねらった卑劣な犯罪が増加している原因のひとつとも指摘されている。こうした現状を変革するため、この7月から民間企業と共同実験を開始した石井町(徳島県)の取り組みを報告する。

※下記は自治体通信 Vol.6(2016年10月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―共同実験の内容を教えてください。

 リクルート住まいカンパニーが開発した見守りサービス「COCOMO by SUUMO」(以下、COCOMO)の共同実験です。COCOMOは、児童や高齢者など、見守り対象者が携帯する直径3㎝ほどのBeaconという小型発信器から発信される微弱電波を定点スポット(センサー)や専用アプリをダウンロードした“見守りサポーター”のスマホがキャッチ。保護者やご家族のスマホにお子さんやおじいちゃん、おばあちゃんの現在地を通知します。定点スポットは町内会や関係機関などの協力を得て、町内約30ヵ所以上に設置しました。
 COCOMOを選んだのは秩父市(埼玉県)や目黒区(東京都)などで実証実験を行うなど、信頼できる豊富な実績があったから。町ではこの6月にリクルート住まいカンパニーと包括提携し、7月から町内5小学校を対象にした子ども見守りサービスを開始。9月からは域内全中学校と認知症の高齢者見守りサービスも開始します。

―見守りサービスに期待していることを聞かせてください。

 子どもやお年寄りを見守る地域コミュニティの再生に貢献してくれることを期待しています。
 毎年多くの寄付があるなど、石井町の住民は郷土愛が強いと感じています。しかし、社会構造の変化で子どもやお年寄りを見守る地域コミュニティの取り組みや意識が昔と比べて弱まっているのも事実。地域の安全・安心を守るために防犯カメラを増設するという選択肢もありますが、COCOMOならそれよりも安価で、プライバシーの問題も守れます。専用アプリで町民がつながり、地域ぐるみで子どもやお年寄りを見守る意識が形成できる点も大きなメリット。私も早速、専用アプリをダウンロードしました。COCOMOの見守りサービスは、郷土愛をより大きく、より強く育み、地域の魅力づくりに貢献するツールになりえると期待しています。

―石井小学校は、町やリクルート住まいカンパニーと連携してCOCOMOの共同実験を進めている石井町の全5小学校のなかで最大の小学校です。共同実験について、どんな期待をしていますか。

 保護者から大きな反響があるのではないかと期待しています。
 時代の変化の波のなかで小学校にも新しい課題がいろいろと出ています。たとえば「GPS機能つき携帯を学校にもたせて行かせたい」といった保護者からの要望もそのひとつ。「安全確認のために子どもに携帯をもたせたい」という声は、最近多いですね。しかし、小学校では携帯は原則禁止。特別の事情がある場合に限って、登校時に職員室で携帯を預かり、下校時に返すといった対応をしています。
 その点、COCOMOならだれでも学校にもってくることができ、“見守りサポーター”が増えればGPSと同等の機能を発揮することが可能です。そのためCOCOMOについて、登下校のほか、塾や習い事の行き帰り、子ども同士で遊んでいるときなど「大人の目が行き届かない状況での安全確認にも役立ちそう」という声も保護者の間から聞かれているようです。

―共同実験がスタートし、どんな手ごたえを感じていますか。

 スクールガードなど、本校ではかねて地域の方やPTA、関係機関などと連携して子どもの見守りを行ってきました。そうした従来からの子どもの安全確保の取り組みを補完するICTツールが増えたと感じています。
 子どもの安全を守るのは地域の人のつながり。COCOMOはアプリをダウンロードすればだれでも子どもの見守りコミュニティとつながりをもてます。これからも地道なアナログの取り組みを大切にしながら、子どもの安全にとってよいものは学校としても保護者への情報提供などを行っていきたいですね。

徳島県石井町データ

人口 2万6,126人(平成28年8月1日現在)
世帯数 1万326世帯(同)
予算規模 88億9,900万円(平成28年度当初)
概要 徳島市の西に隣接し、地形は東西約6km、南北5.5kmの方形で、面積28.85k㎡。吉野川がもたらした肥沃な平地と標高200m前後のなだらかな山地や丘陵地からなり、全面積の約65%が農耕地で、林野は1割にも満たない。昭和30年3月、旧石井町と浦庄・高原・藍畑・高川原村の1町4村が合併して成立。毎年、4月下旬から5月上旬に町内の地福寺周辺で開かれる「藤まつり」が有名。町のイメージキャラクターは藤から生まれた妖精・ふじっこちゃん。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への掲載・取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop