全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト

[PR]

「給報」「領収印」の読取精度に 革新起こす先進OCR技術の真価

株式会社ジェイ エスキューブ  代表取締役社長 森 茂孝

給与支払報告書にマイナンバーの記入が必要になるなど、自治体のデータ化業務の負担が増している。そうしたなかOCR機「TOMシリーズ」を提供しているジェイ エスキューブが最新ハイエンドモデルをリリース。自治体職員を悩ませていた領収印の読取機能も強化した。これにより自治体業務はどう変わるのか。同社代表の森氏に聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.6(2016年10月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

お客さまとともに地道な機能改善

―多くの自治体に導入実績があるOCR機「TOMシリーズ」において大幅な機能強化と精度向上があったと聞きました。どのような変化があったのですか。

 当社のTOMシリーズは累計8500台超を出荷。その最新モデル「TOM9000ex」では自治体職員のみなさまなどお客さまの使いやすさを従来機種にも増して追求。基本機能とオプション機能を充実させました。具体的には読取速度の大幅向上、対応する帳票種類やサイズの拡大を実現したほか超音波センサを5ヵ所搭載。(※)重送検知機能を強化しました。

 また、TOMシリーズに搭載しているOCRパッケージも強化。特に給与支払報告書(以下、給報)と領収印の読取精度が大幅に向上しました。給報OCR機能については以前から提供してきた機能ですが、このたびの(※)給報様式変更にともなう文字サイズ変更や、摘要欄記入内容の項目枠化に対応し、これまで以上に読取精度が向上しました。読取フィールドの自動検出機能も強化し、総括表と各事業所給報の異なるフォーマットが混在している場合でもひとつのプログラムでの運用ができます。

※重送検知機能 : 複数枚、重なったままで帳票類が紙送りされてスキャンされてしまう「重送」を検知し、トラブル発生を防止する機能

※給報様式変更 : A6からA5へのサイズ変更、マイナンバー記入欄の追加など

―領収印を読み取るOCR機は珍しい。開発経緯を教えてください。

 領収印読取機能は、お客さまと一緒に機能改善を繰り返してきたもの。これまで導入いただいた約60団体のお客さまとともにつくり、成長させてきたのです。そうした地道な取り組みの結果、傾き、カスレ、にじみ、さらには枠との重なりや二重印など、従来のOCR機では読取困難とされた領収印についても正読率95%以上を達成。実用耐える精度を実現できたため、本格搭載に踏み切りました。ちなみに領収印読取機能と給報OCRシステムは、今年11月8日、9日に開催される地方自治情報化推進フェアに出展します。是非、実機に触れていただきたいですね。

 なお、業務定着と安定運用に向けたサポート体制も当社の強みです。

情報技術と人材をひとつに

―どのようなサポートを提供しているのですか。

 導入前に実機でのデモを実施し、実際の帳票を使って読取率を確認。同時にお客さまの業務内容や運用形態を確認させていただいたうえで、読取率をさらに向上させるサポートを提供しています。

 また、運用構築・改善までを含めた「業務を最適化するための総合提案」も行っています。売っておしまいではなく、業務定着を徹底的にサポートする。それこそが当社のミッションです。

―今後のビジョンを聞かせてください。

 当社は「OCRのTOM」と呼ばれ業界をリードした東洋オフィスメーション、入力業務を得意とするデップス、人材派遣・育成に強みをもつアシストの3社が「情報技術と人材をひとつに」という理念のもと合併・統合。平成19年に誕生しました。BPOサービスも展開しており、単なる人件費の置き換えや労働集約のBPOではなく、技術を駆使することで高品質かつ低コストでのサービスを提供しています。

 これからも法改正や制度改革を注視しながら、つねに技術革新に注力し続け、「自治体職員の方々がコア業務に専念できる環境」を最適なカタチで提供していきます。

株式会社ジェイ エスキューブ 

設立 平成19年7月(創業:昭和46年 4月)
資本金 1億円
従業員数 559人
事業内容 業務請負(BPO)事業、プロダクト事業、人材事業
URL http://www.j-scube.com/
お問い合わせ電話番号 0120-540-328(平日 10:00~17:00)
お問い合わせURL https://www.j-scube.com/contact/index.php

お知らせ
ジェイ エスキューブは「地方自治情報化推進フェア2016」(平成28年11月8~9日、東京ビッグサイト)52番ブースに出展します。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop