全国の自治体トップ・職員・議員に贈る
自治体の"経営力"を上げる情報サイト
[PR]
スマートフォンの防災アプリで情報伝達・災害対策を最適化

防災アプリ

スマートフォンの防災アプリで情報伝達・災害対策を最適化

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 法人営業部門 担当課長 三浦 長

災害発生時に大切なのは、避難先などの情報を的確に伝えることだ。しかし、そうした情報をどう伝えるかで苦慮する自治体も多い。そんななか、自治体ごとに防災・災害の情報を集約し、プッシュ通知などによる連絡機能を備えたスマートフォン向け防災アプリがリリースされ、実用化された。開発にあたったNTTレゾナントの三浦氏に、防災アプリのコンセプトや想いを聞いた。

※下記は自治体通信 Vol.4(2016年4月発刊)から抜粋し、記事は取材時のものです。

自治体が欲しいのは目の前の危険を知らせる手段

―自治体がかかえる防災上の課題を教えてください。

 災害情報をどうやって迅速かつ、的確に伝えるかが課題です。

 災害が発生したら、地域の住民はもちろん、地域外から来ている人たちにも被災しないように呼びかける必要があります。

 また、地域ぐるみで「自助・共助・公助」にどう取り組むのかも課題です。災害に備え防災訓練を行いたいが、それをするための仕組みづくりをどうすればいいのかという相談をよく受けます。

―スムーズに災害情報を伝達するにはどうしたらいいのですか。

 まず、災害情報に関しては情報を伝える手段を複数もっておくことが重要です。

 災害情報を伝える手段には、防災無線や電話・メール・SNSなどがあります。確かにどれも一定の効果はありますが、最近の住宅は気密性が高いので、防災無線を鳴らしたとしても風雨で聞こえずに、避難が遅れてしまうということもある。そんなときに災害情報を受信できるほかの手段があればいいのです。

―「自助・共助・公助」はどうでしょう。

「自助・共助・公助」は住民がある一定の知識をもたないと実現できません。日頃から防災関連の情報に接することで「自助」になり、地域コミュニティが形成されることで「共助」が可能に。そして、「公助」をどう受けたらいいのか住民に意識づけをしていかなければなりません。たとえば、当社が開発したスマートフォンアプリ『goo防災アプリ』には、緊急時のお知らせ機能ばかりではなく、災害が長期化した場合のヘルスケア情報など、防災・災害への知識を深められるような機能を付加しています。

アプリをカスタマイズして地域に合った情報を発信

―『goo防災アプリ』でできることはなんですか。

 一番の特長は、自治体向けにカスタマイズできることです。たとえば、危険が差し迫った地域の居住者に向けてプッシュ通知で避難勧告を送る。また、自治体の職員や地域の消防団などをグループ化して招集情報を配信。素早く災害対策に必要な体制を整える支援もしています。基本機能として、警報発令を知らせる機能や、安否確認機能、全国の避難所・公共施設・公衆電話データを網羅した防災マップが見られます。土地の標高も表示され、いちど避難訓練した場所の地図をダウンロードしておけばオフラインでも使えます。

 また、自治体には防災関連の情報が多数ある一方で、そのすべてが印刷物だったり、部署間で共有できていないので、いざというときに活用しにくいという声もありました。私たちが自治体向けにカスタマイズした防災アプリをつくる際には、それらの情報をいったん集約し整理するので、防災上のアーカイブとしても有効です。

―すでに運用を始めている自治体もあると聞きました。

 大阪市の防災アプリの公募を経て、この3月に「大阪市防災アプリ」をリリースしました。

 同市は地震や津波の被害想定が大きいうえに、他地域からの人の流入も相当数あります。迅速な避難により被害を最小限にするため、自らが避難するのに役立つだけではなく、地域のリーダーなどが率先して、幅広い地域の人を避難に誘導するためのツールとしても、役立つアプリとなるように開発を行いました。

 また高知県宿毛市でも、防災無線と連携した情報伝達システムとして開発を進めています。

―今後の『goo防災アプリ』の展開を教えてください。

 防災に関する課題に対処することで新しい技術が生まれます。自治体の要望にきめ細かに対応することで、防災アプリとして進化させ、防災基盤として社会に役立てていきたいですね。

三浦 長(みうら たける)プロフィール

昭和40年、宮城県生まれ。平成16年、日本電信電話株式会社からNTTレゾナント株式会社に転籍。SI事業を中心に防災ソリューションに取り組む。防災士、Web解析士。

NTTレゾナント株式会社

設立 平成15年12月
資本金 71億8,000万円
売上高 296億円(平成27年3月期)
従業員数 約320名
事業内容 コミュニケーション事業、ポータル事業
URL http://www.nttr.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-6703-6473(平日 9:30~18:00)
お問い合わせメールアドレス goo_bousai@nttr.co.jp

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

自治体の取り組みを探す

課題から探す
地域から探す

自治体通信

自治体通信

自治体通信は経営感覚をもって課題解決に取り組む自治体とそれをサポートする民間企業を紹介する情報誌です。
自治体関係者の方に無料配布しております。

自治体通信への掲載・取材希望の方

自治体通信編集部では、「自治体の"経営力"を上げる」というテーマのもと紙面に登場いただける自治体関係者・自治体支援企業の方を募集しております。

pagetop